本文へジャンプします。




« 幸騎手の不服申し立ては当然 | トップページ | 今更ですが2月19,20日の競馬 »

2011年3月 3日 (木)

裁決委員の驕り

まあ不服申し立てが棄却されたのも想定通り。

だがその経緯と理由をきちんと説明しない限り、

「中央競馬の裁決は全く無能である」という評価は変わらない。

これでは説明責任から逃げているだけの卑怯な連中と言われても仕方ない。

中には中村委員のような心ある人もいることは分かっているのだが。

それに加えて棄却理由の文面を見ましたか?

「不服申立てには理由がなく、これを棄却する。」

完全に幸騎手をバカにしているとしか言いようがない。

私が幸騎手の立場なら絶対に黙ってはいないですよ、こんな扱いされたら。

理由があるから申し立てしてるわけですからね。

それにしても今回の裁定は酷いし、事後の対応も最悪。

個人的には完全なミスジャッジだと思うが、ミスでないというなら

逃げずにその理由を述べるべきだ。

岡部幸雄氏まで招いての審議会だったそうだが、岡部氏にはどんな内容の会議だったのか、ぜひ明らかにしてもらいたい。

私などは全く力のない人間なので何もできないが、

マスコミはこれを大きな問題として取り上げてほしい。このまま看過してはダメだ。

|