本文へジャンプします。




2011年6月

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

すみません

声がナチュラルにスリムクラブ状態になっていて

熱は下がりましたが、とにかく咳と鼻水が酷い状態が

続いています。

パソコンの調子も今イチなので、すみませんが更新はまた後日。

|


2011年6月24日 (金)

6月19,20日

 先週の金曜は、久々に髪を切って白髪を黒く染めた。ここ10年で一番短くしたので、髪を乾かす時間が半減した。普段も涼しいし、良いことづくめ。悪いことと言えば、顔の大きさが目立つことくらい・・・・。

12日の日曜は、自分のサイトの会員さんを招いて東京競馬場。いつも通りワイワイと楽しい1日。WIN5は4つ当てられたが・・・。函館のホッカイカンティをアタマで買えなかった。3度目のWIN4だが、この日は同じような外し方をした人がたくさんいたことだろう。あれだけ人気馬が勝って、最も人気薄でも5番人気だったのに30万近い払い戻し。1番人気の扱いは人気順よりもオッズで見た方が良さそうだ。

終了後は競馬雑誌の在り方についていつものメンバーでカンカンガクガク。

月曜の週刊競馬ブック。気になる記事が2つあった。1つは一筆啓上で阿部珠樹氏が書いているコラム。

要約すると、ダービーは近年雨に祟られることが多く、売り上げも下がるし結果も馬場適性に左右されるので、時期を繰り上げるべきであり、それに伴いクラシックロードも全て繰り上げるくらいの施策をしたらどうか、というもの。雨が昔よりもダービー時期に多くなっているのは、温暖化のためと根拠づけておられた。

個人的にはダービーの位置を勝手に動かすことは反対だし、競馬が天候に左右されるのも、それによって売り上げが左右されるのも仕方ないと考える。それに、雨が多いとした根拠も今1つ納得できない。温暖化という言葉がなかった昭和20年代から30年代にかけて、ダービーが10年間で6回も道悪になった時期もあり、何も雨の多さは今に始まったことではないというか、あくまでも巡り合わせにすぎない。天気の巡り合わせはあくまでも運。どの位置に持っていっても、真冬でもない限り降る時は降る。自然に逆らってレース体系自体を動かすと、取り返しがつかないことになりかねない。

もう1つは「競馬ナビトーク」のIさんのコラム。WIN5をテーマに取り上げており、大体は同感なのだが、1つだけ?だったのは、「対象レースを、ファンが勝手に5つ選べるようにすべし」という部分。

これは、WIN5の仕組みを考えるとあり得ない話であること(同じレースを選択した人同士でないと賭けが成立しないから)はすぐに気付くことだと思う。うっかりしてしまったのだろう。

さて今週末は、天候が全国的に微妙。また阪神は芝をどれくらい刈ってくるかを土曜の画面でチェックしないと、なかなか予想をまとめることはできない。とても悩ましい週となりそうだ。

ラジオ日本の解説はお休み、予想TVは今シーズン最後の出演となります。

|


2011年6月24日 (金)

6月18 日土曜

去年の今頃、関東は梅雨寒で、福島に着いたら34度の暑さに見舞われ、わずか2時間近くの間に気温が10度も上がっていて参った・・・と書いたような気がする。今年は全国的に暑さが訪れているが、しかし府中に限って言えば凌げないような暑苦しさは感じない。時折通る風は涼しいし、夜だって睡眠を妨げられるには至っていない。何とかまだエアコンを使わずに過ごせている。

 

 今年は扇風機の需要が高まる夏だが、私が子供のころは、扇風機が原因の事故が毎週のようにニュースで取り上げられていた記憶がある。体に風を当てたまま寝込んで、心臓マヒを起こして子供や老人が亡くなるという類の事故だった。せっかくの節電意識が仇にならないことを祈る。就寝時の扇風機は上向きにしてタイマーをかけて、かつヘッドを回転させて使うと事故は防げる。

 先日、昭和30年代に比べて、現代人の汗腺の機能が2割近く減衰しているという恐ろしい記事を見かけた。乳幼児と老人はそれでなくても機能が不完全なので、特に気を付ける必要がある。エアコンを使う必要がある人たちもいるわけで、使わなくても凌げる体力のある層が頑張らないといけない。

 本題である先週の競馬。土曜は震災からちょうど100日目に中山開催が復活。いきなり断ち切られて、なんだか宙ぶらりんな気持ちで終わってしまった春開催だっただけに、気持ちの中ではあれから105日も経ってしまったとは思えない。本八幡の駅に前回降り立ったのは、つい先日のような気がする。

 クリスタルスタンドは全面閉鎖で節電に努める開催。JRAにしては思い切った策。多少の不便は仕方ないところ。この日は意外と涼しく、割と快適に競馬を楽しめたと思う。

 ただ個人的に快適でなかった?のは、どこへ行っても予想TVのWIN5における1億円潰しの戦犯として(笑)、「いやあ、大変でしたねえ・・・」と労われた?からかわれた?こと。いや、私よりも某氏の方がよほど大変だったと思うのですが・・・・。

被害妄想が嵩じて、すれ違うお客さんも、どうもいつもよりこちらをチラ見してくるように思えてならない。

面白かったのは指定席エリアで見た、60代くらいの身なりのキチンとした老婦人。モニターを見上げて、武豊に向けてレース中ずっと罵声を浴びせている。なんで好スタートなのに下げるんだ、もっとちゃんと追え!などと罵り続けて、最後に「金返せ!」(笑)。昭和40年代~50年代の競馬場の殺伐さ加減を思い出してしまった。

中山の芝は、見た感じではあるがどうも外目の方がやや短く刈ってあるようで、思惑と反対に外からの差しがよく届いた。ペースが上がりがちの1200mほど届いたように思う。日曜は完全に修正が必要になった。

この日は競馬予想TVが無かったので、直接帰宅して仕事、いつもより少し早く眠ることができた。

|


2011年6月17日 (金)

事務局からのお知らせです

水上さんも登場している「100万馬券の履歴書」および、水上さんや政治騎手のヒノさんと一緒に馬券を打つ「デンタル・ワタナベの馬券術 優馬プラスワン」の追加イベントを行なうことになりました。

まだ、この2書を手に入れていない方はご検討くださいませ!


緊急告知!CBC賞11万馬券を的中した爆勝予想が、宝塚記念でもサク裂する!
『100万馬券の履歴書』
『デンタル・ワタナベの馬券術 優馬プラスワン』
宝塚記念・アマゾン&書店キャンペーン

CBC賞3連単11万馬券も的中!
アマゾンもしくは書店にて、競馬ベスト新書『100万馬券の履歴書』もしくは『デンタル・ワタナベの馬券術 優馬プラスワン』を、下記要領にて購入していただくと、以下のような特典が付きます。
(・100万馬券の履歴書――100万馬券的中者~サンスポ・水戸正晴、予想家・双馬毅、樋野竜司、水上学ら8人~の予想理論を紹介。
・優馬プラスワン――専門紙「優馬」のシルシをベースに、超配当を量産し続ける歯医者ワタナベの予想法
※いずれもKKベストセラーズ【競馬ベスト新書】定価・税込940円)
なお、前回の予想キャンペーンでは、デンタル・ワタナベが見事、CBC賞3連単11万馬券を的中しています。

●特典追加
デンタル・ワタナベ、水上学、樋野竜司による、6月26日(日)宝塚記念&推奨レースの予想もしくはレース展望。
なお、24日(金)段階での分析になるので、25日(土)の馬場状態などによっては、予想家の当日予想とは異なる場合があることもご了承ください。

●応募方法
1、『100万馬券の履歴書』もしくは『デンタル・ワタナベの馬券術 優馬プラスワン』をアマゾンまたは書店で購入してください

2、アマゾンの場合は、ご購入したことがわかるように画面キャプチャや写メールおよび注文書のテキストを下記アドレスへお送りください。書店でご購入の場合は、レシートもしくは書籍そのものを撮影し写メールでお送りください。

※この際、お名前、詳細なご住所などの個人情報は応募される皆様のほうで消してください。
horse.eventskk2@gmail.com

3、6月24日(金)までにお申し込みください。以降は無効とさせていただきます(応募者多数の場合は早めに打ち切る場合もあります)。6月25日(土)に予想もしくはレース展望を送信いたします。


●ご注意
・携帯でお申し込みいただく場合、メールが届かないことおよび文字数制限により全ての文章が閲覧できないことがあります。その点をご留意いただいた上、お申し込みください。PCで閲覧できる環境でのお申し込みを推奨いたします。

・予想はメルマガの配信システムを使用いたします。お使いのプロバイダー、または、セキュリティソフトなどでまれにメルマガが届かないことがあります。1回
限りのイベントのため、不備がありましてもご容赦いただきますようお願い申し上げます。

・yahooやgooメールなど、一部のフリーアドレスでは迷惑メールに配信されることもあるようです。受信箱の容量が一杯になっている場合、ゴミ箱や迷惑メールフォルダが一杯になっている場合でも届かないことがあるようです。

とくにyahooは規制が厳しくなっていますので、届かない場合が多々あります。

・gmailのアドレスで配信していますので、gmailのアドレスを取得してお申し込みいただくと、最低でも迷惑メールには届くようです。

・ダウンロードしたデータに関しては皆様のPC環境、ソフト環境で閲覧できない場合もあります。こちらも不備がありましてもご容赦いただきますようお願い申し上げます。

・また、このイベントに関するお問い合わせにつきましては、horse.eventskk2@gmail.com
のみで受け付けております。
発売元のKKベストセラーズ、アマゾン、書店などにはお問い合わせできません。

・お問い合わせに関しては返信に1~2日掛かる場合があります。

・メールアドレスはイベント終了後、2週間以内に削除いたします。また、このキャンペーン以外に使用することはありません。

【6月26日・宝塚記念当日の書店キャンペーン】
6月26日、以下の2書店にて『100万馬券の履歴書』もしくは『デンタル・ワタナベの馬券術 優馬プラスワン』を購入された場合、水上学、樋野竜司、デンタル・ワタナベの宝塚記念&推奨レースの予想もしくはレース展望が付きます。
◎山下書店東京ドーム店 JR水道橋 後楽園黄色いビル2階
◎啓文堂書店府中店 京王線府中駅ビル内

|


2011年6月17日 (金)

本質はどこに

 震災から3カ月が過ぎた。先週末は行く先々で最大余震を警戒する話や、いつ頃が危ないらしいなどという噂が口にのぼっていた。まあ地震は忘れた頃に不意を突いてやってくるものではあるので、どんなレベルであれ警戒を解かない姿勢は大事だと思う。国民の意識は原発の方にばかり比重が掛かっているようだけど、人災である原発事故と天災である大地震、双方に目配りしていかないとならない。本当に大変な時代になったものだ。

 ウイルス変異や生肉問題、大地震に原発の杜撰管理と、ここで書いたことが何やら未来日誌化しているような薄気味悪さを感じるので、あまり具体的なことは書きたくないのだけど、チリやアイスランド、南九州の噴火、ニュージーランドの相次ぐ地震、スペインの地震なども併せて考えると、今地球の内部で何らかの大きな活動期に入っていることだけは間違いなさそうだ。環太平洋での異常が多いことから、CNNでは堂々と、「次はアメリカ西海岸が危ない」と特集番組を組んでいるとのことだが、日本だったら恐怖を煽るとか言われてなかなかできないだろう。

パニックについては、いたずらに群集心理を煽る危険性ばかりが取り沙汰されているが、今回の原発事故については、政治家がパニックに対する間違った解釈に基づいて対策を遅れさせたという指摘が出ている。それとほぼ同じくして、読売オンラインで次のような記事を目にした。パニックというものに対する意識を持ち直す意味で興味深かった。

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=41980&from=yh

ここでは人間の心理という面からパニックという言葉への先入観の誤りを指摘しているけれど、そういった側面を離れても、改めて言葉の持つ意味について考えておくことは無駄ではないだろう。なぜなら「パニック」にしても、また「風評被害」という言葉にしても、それが情報統制の理由や方便に使われていないかどうか、国民は目を光らせ思考する必要があるように思うからだ。

 福島のメルトスルーのその後も、もんじゅの炉の中に落ちている棒の話も、事実から目を背けることなくきちんと報道すべきである。

 

 原発といえば、この半月くらいの間に目にしたニュースから1つ。青森県知事選で原発推進派が勝利。NHKのニュースでは現地の有権者への取材が映し出されていて「危ないのはよーく分かっているけれど、原発のおかげで出稼ぎに行かなくて良くなったから・・・・」と語る、初老の婦人の諦念すら漂う、複雑な表情が忘れられない。

 原発が是か非かという以前に、日本の原発行政が、こうした歪んだ形で拙速に進められてきたことをまず押さえるべきである。先日書いた、福島の原発付近を故卿に持つタクシー運転手の話といい、また福島出身の西田敏行が23日前に講演会を開いた時に、原発建築の際の地元のゴタゴタについて告発したことといい、日本の原発が経済論理を最優先させて、金で人の横っ面をはたくような形で推進されてきたこと自体をまず回顧しなくてはならない。

その結果、安全面が後回し(データ改竄、地質学者のアドバイス無視など続々出てくる事実・・・立地自体も、その安全性よりも、金を欲している貧しい自治体がターゲットにされて決まった・・・その方が誘致してもらえるから)にされて、今回の事故に繋がり、それを想定外という言葉で済まそうとしている流れを押さえておかないと、同じ災禍を繰り返すことになる。

 前にも書いたけれど、「原発を管理する人たちの在り方と責任感」、問われるのはまずここだ。でないと、結局電力不足→経済失速というシナリオを人質にとってしまい、国民にとって本当に有益かつ安全なのは現状、現実的にどういうスタイルを採ることかという議論を飛ばし(是か非かという二者択一レベルでは済まないはずだ)、なし崩しに元に戻そうという勢力が必ず出てくる。

放射能が危険云々、原発が必要悪云々ということもさることながら、こういう人たちに、こういう体制に、高次元の管理を要する危ないものを預けておくことの方がどれだけ危険か。

単に恐怖心の次元からの反原発運動ばかりが目立っているが、そういう視点からの検証がほとんど出てきていないのは意外である。

 ということで、おととい目にした山本拓議員や鳩山由紀夫らが中心となっている「地下原発推進議連」にも同様のキナ臭さを感じる。「あと23年の内に専門家を“巻き込んで”国民の“意識を高めて”いきたい」というコメントをどう読むか?地下に潜らせれば済む問題なのだろうか?

 

|


2011年6月16日 (木)

嗚呼WIN5ったら罪な馬券

水曜午後に某雑誌編集部から打ち合わせの電話あり。用件の後に言われたのが「そういえばWIN5、大変なことになりましたね」

てっきり、先週の4連勝後の安田ハズシの件かと思って返事したら、どうも話が噛み合わない。訊けば、なんと競馬予想TVのWIN5コーナーで、私の担当した東京10R以外が全て的中、私がグラスゴッドを指名しておけば1億的中だったとのことなのだ!

他の出演者はどうか知らないけれど、私は番組中での他人の買い目は全く覚えていないので(自分のも忘れることが多い)、日曜には気が付いていなかった。いやあ、これには参った・・・・・けれどもグラスゴッド頭は、3頭までしか買えないルールでは、 今見直しても買えないなあ・・・・もちろん馬券対象としてはヒモで買っていたのだけど、半年ぶりでしかも切れのない馬だけに、いくら軽ハンデとはいえ1着に来るシーンは想像できなかった。

あまりにも金額が途方もないと、却って悔しいとか申し訳ないとかいう気持ちもなく、「ああ、そうなんですか・・・」という感覚(笑)。まあ私にジューンSの担当が回ってきてしまったのが、番組にとって不運だったとしか言いようがない。今はやりの言葉で言うなら「私のことは嫌いになっても、競馬予想TVをキライにならないでください!(涙)」

・・・・などと話していたら、編集子から教えてもらったのは私のミスなどけし飛ぶ驚愕の事実。なんと、某氏(ツイッタ―では公開していたとのことだが、私は見てないし、ご本人の了解ももらってないので一応匿名)が、4つ目まで的中させたものの、最後のエプソムCで某氏自身が本命にしていたダークシャドウを入れておらず、1億を逃したそうなのだ!!!

いや、厳密に言うとダークシャドウを買っていなかったわけではないとのこと。WIN5を2口持っていて、4連勝していた方の口にはダークを入れず、もう1口の方に入れていたのだそうだ。なんでも、1番人気を2つ買わないという自分のポリシーに殉じたそうで、CBCのダッシャーゴーゴーとエプソムCのダークシャドウを別口に振り分けてしまったとか。

96万を逃したくらいで地べたに転がった私なら、これはもう2度と立てないだろうなあ・・・もう頭髪全部抜けるかも。って某氏はすでに抜けてるので、逆に生えるかも。それにしても新潟メインのスマートブレードをWIN5で買えた時点で、何らかの残念賞はあげたくなるくらい素晴らしい。

まあもし当たっていたらきっと身に良からぬことがおきていたと割り切るしかないよねえ、こういうのは。

ちなみに私のこの日のWIN5指名馬最先着は、テイエムドンマイ2着→ドリームノクターン2着→デイトユアドリーム3着→ダッシャーゴーゴー1着→ダークシャドウ1着。エーブチェアマン本命の予想TVでは、人気が被っていたからダーク頭の馬券を100円も買わなかっただけで、さすがにWIN5では買いますとも。点数は3点→4点→3点→4点→3点。

それにしてもWIN5で負けると、その分を他のレースで勝たないといけないから大変。WIN5がなければ引き分けになったのに・・・ということが多くなる。この日は配信した新潟9Rの3連単と新潟10Rの馬連のおかげで、少しは取り戻せたが、番組で買った分とWIN5がやはり響いていて沈没は沈没。

そのうちWIN5を買うために他の馬券は買わない・・・という人たちも増えてくるかもしれないが、それは避けたい事態。その辺の事情もあって、敢えて穴場では売らない(他にも大金を当てた際の措置とか券売機の問題とかもあるのだろうが)のかもしれない。まあおそらく来年のどこかで、土曜にも開放されるような感じはあるのだけれど。

 なお予想TV、私は、せっかくダービーの的中でGⅠベスト5に入りながらも都合が悪くなってしまった亀谷氏の替わりに、宝塚週に出ます。初めに言っておきますが、今回の件もあるので、おとなしくしておきます(苦笑)。

|


2011年6月15日 (水)

今年度のPOG指名馬

68日に私が参加している某集団のPOGドラフトが行われた。ちなみにPOG名人のたくみ氏、市丸氏他も参加していて総勢30名の大所帯。とにかく、0910年度はアパパネを擁しても1位になれなかったくらい。

無料メルマガ読者の方には、私の指名リストがブログで公開されるかも?という記述をスタッフがしたようなので、ザッと発表する。興味のない方には全く面白みのない記事になってしまい申し訳ありません。

1位 トーセンシーザー(母シェンク)

2位 ワンサイドゲーム(母グッドゲーム)

3位 フォントルロイ(母レーゲンボーゲン)

4位 クッカーニャ(母ドリームスケイプ)

5位 チャペルプリンセス(母チャペルコンサート)

6位 ロードガルーダ(母レディブラッサム)

7位 ディアコメット(母サムタイム)

8位 ケイアイジーニアス(母リヴァプール)

9位 フミノアザレア(母リファン)

10位クールユリア(母クールシャローン)

競合してくじ引きになったのは2頭で11敗(競合勝ちはワンサイドゲーム。負けはサンライズチケット)。

本当はディープブリランテ、クラヴェジーナ、フランベルジェ、エイシンキンチェム、母ミステリブルのマル外を是非ものリストに入れていたのだが、順位を先に指名されてしまった。

昨年はとにかく早期デビューと牝馬にこだわって採ったので、勝ち組に回れたとはいえ牡馬戦線では全く楽しみがなくなってしまいつまらなかったので、今年は牡馬の重賞級を1位指名することにしていた。その第一候補だったトーセンシーザーを獲れてひと安心。まずまず、悪くない顔触れが指名できたように思う。

終了後は30名近い人数での打ち上げ飲み会。ライターH氏のここでは書けないマカオ話が最もツボに入ってよく笑った。POG名人の機嫌も良さそうで、何よりだった。

|


2011年6月10日 (金)

6月5日・日曜

大陸に来た台風が梅雨前線を刺激したために、週アタマの予報が真逆となり、この土曜日曜は雨となりそうだ。しかも関西はかなりの大雨とか。東京も降ったり止んだりのようだ。

5日日曜。11時前に東京競馬場へ。新潟3Rで、本日の大穴馬として配信したドレミファドンが単勝41倍で快勝も、2着バルボアがない。嗚呼。

 傷心を癒してもらうべく、吉高由里子を見に昼休みのイベントが行われているパドックを覗く。友人の友人がアルカイダではないけれど、隣人の友人が幼稚園の担任だったということは前に書いたか。なんか怪しい目つきでニヤニヤしているところがいいねえ。

 毎週同行してもらっているN氏が、新潟6Rに出走しているチャーミングロックが、先日紹介した、原発事故で避難を余儀なくされた篠木牧場の生産馬&所有馬であることを発見。3着だった。

 安田記念は私には逆立ちしても取れない結果。だが、予想を見てくれた方々には失礼ながら、実はそれどころではなくなっていたのだ。WIN5にリーチが掛かっていたからだ。

 特に、最難関と踏んでいた東京10Rのショウナンアクロスを的中させて何となくイケそうな気がし始め、京都メインは買った3頭がハナハナ差で123着。その中で一番人気のないトップゾーンが勝ち切ってくれていやがうえにも高まる。

残るは安田記念のみ。そこまでは3点以内に収めていたので、安田記念だけは5点買っていた。スマイルジャック、サムザップ、アパパネ、ダノンヨーヨー、そしてジョーカプチーノ。まず当たったかなあ・・・と内心思いながらも、周りの「イケそうですね!」の声には「まだまだ」と謙遜。

 直線、外から伸びて先頭に立ったオレンジの帽子の勝負服が、ダノックスのものに見えたので、ダノンヨーヨーと信じて疑わず「やったー、ウイン5、バンザーイ」と絶叫。しかし、チラッと視界の端が捉えた数字が4。「いや、最近老眼だし」と思いなおしたが、なんとキャロットの勝負服の14番。これはマズイ!外のスマイルジャックに切り替えて「コーセイ!」と叫ぶも、届かず。「オレのバンザイを返せー!」と本当に地べたに転がってしまった。50歳近いオッサンがそうそう地べたに転がることはない。いや50に限らず大人なら普通ないか。もう予想TVで入れたサムザップの複勝4万なんて完全に忘れていた。

 ほぼ夢遊病状態ながら、新潟最終と阪神最終は獲ったが、気持ちは抜け殻。いやあ、痛かった。先週は最初のレースだった京都10Rの1番人気を蹴飛ばしてハズレ、その後4連勝だが、別に痛くも痒くもなかった。しかし今回は本当に参った。

 それにしても、結果を知った今でも、リアルインパクトをウイン5に入れることはできないなあ・・・。2,3着なら来てもおかしくはないけれど。その時点でもうダメだったということ。ただ三浦がもう1頭分前で競馬していてくれたらというタラレバは残る。

 冷静にレースを見直すと、「アパパネ危険、ならば大混戦で香港馬にチャンス」と見たのはそれほど間違いではなかったと思う。ただ、1分32秒を切るかどうかという決着になると、もう香港馬では厳しいということなのだろう。芝の品種が切り替わってからというもの、特にこの1,2年は東京マイルの競馬の質は大きく変わってしまったらしい。そこに対応しないと馬券は獲れないということだと思う。

 

そして、アパパネが力を出せずレベルが低目の混戦になるということならば、外的要因のプラス度合いの大きい馬に勝負の女神が微笑むということなのだろう。54キロの軽量に恵まれた3歳馬リアルインパクト、そしてグリップがかなり利く最内を引けたストロングリターンのワンツーは、それならば想像するにさほど困難ではないのかも。

 3歳馬の出走自体が少なかっただけで、おそらくはこれまでも3歳馬の一流どころが出走していたら、馬券に絡んでいた可能性はかなりあったのではないだろうか。決してリアルインパクト自身がそこまで強いわけではない。

これを契機に3歳馬の出走が増えていくかもしれないが、ならば今後、マイル路線のレベルの底上げがない限りは、3歳馬の好走は増えていくと思う(それでなくてもクラス編成後は毎年3歳天国になるほど、昔より育成が向上しているし)。ただ、NHKマイルC→安田記念と3歳馬が連続して好走した場合の反動は覚悟すべきだろうが。

 打ち上げ後は3日後に迫ったPOGドラフトのリストの作成。メールで安田記念の売り上げが102%だったことを知る。ひと安心。予想対象としても、レースの内容自体も面白いレースだったと思う。そういえば今年は安田記念名物、香港からの赤いシャツの応援団は、私の見た範囲では発見できなかった。

 なお、11日は当初から決まっていたスケジュールで競馬予想TVに出演。そして宝塚記念週の25日ですが、出演予定者のうち1名の都合が悪くなり、急遽私が員数合わせですが出演することになりました。宝塚の回収率が1位ということで声をかけてもらえたようですが、まあ今年の流れではその相性もどうなるか分かりません。もちろん出るからには最善を尽くしますが、他のタイトル争いしている人たちの邪魔にならないように?身の丈に合った馬券を買おうと思っています(笑)。

 もう1つお知らせ。毎週のように縁あって一緒に競馬を見ている歯科医のW先生こと渡辺歯科クリニックの渡辺健先生が、KKベストセラーズから馬券本を出版されました。「優馬」の魔術的な使い手である先生が、そのノウハウを完全公開。

『デンタル・ワタナベの馬券術 優馬プラスワン』

アマゾンキャンペーンは10日金曜で締め切り(3つ下のお知らせ記事をご参照)ですが、引き続き書店などで見かけたらよろしくお願い致します。

 

|


2011年6月 8日 (水)

6月4日土曜

某ハムメーカー子会社の人材派遣会社課長が15千万円着服で逮捕。横領額の大半を競馬に使ったとか。先日の事件といい、上客(?)が続々消えたことになる(不謹慎)。

4日。土曜としては、いつ以来か思い出せないくらい久々に好天の東京競馬場。風も陽射しも気持ちが良い。その割には客入りが寂しい気がしていたが、月曜の競馬ブックによると前年入場人員比は100%を超えていた。

場内の節電体制が相変わらず維持されているのは好ましいが、とにかく何度でも書くけれどあのジェットタオルを何とかしろや。オッサンになるとクドくなるもんで。

芝は良馬場になったことで、やはり内から4頭目辺りまでを通らないと勝ち負けにならないイン有利のコンディションになっていた。時計も速い。8階の放送席から見ていると、外目を追いこんできた馬の勢いが、直線半ばで急激に鈍るのがよく分かる。しかも外目の芝は風にそよぐほど長い。あれでは外を通って来ると脚力を消耗してしまう。

毎年楽しみにしているユニコーンSは、ホノカアボーイ複軸で思い切り振りまわしたが、アイアムアクトレスが1400m並みのスピードで飛ばしてそのまま押し切ってしまった。ただアイアムは時計の掛かる深いダート、あるいは同型が存在した時にどうなるか。

グレープブランデーはもちろん、落鉄しながら怯まなかった3着ボレアス含め、上位3頭は強い。

この日の個人的なハイライトは新潟12R。マイネルレガーロが人気のイーグルを直線半ばでどう見ても競り落とす勢いなのに、並んでからソラを使うのか交わそうとしない。そうこうする内、ゴールの瞬間でクビが上がってイーグルに盛り返されてしまう。東京のレースをラジオ解説しながら、目だけはターフビジョンを追っていたので確たる結果が分からず、しゃべり終えるや早々に楽屋の長谷川仁志さんに「今の新潟、マイネル勝ってませんかね?」と尋ねたら「いや、イーグルでしょう?」やっぱりそうか・・・・・。

3連単はどっちにせよ当たったのだけど、4万チョイと115千円、金額が3倍近く違うのだから全くもって当たった気がしない。写真判定が出るまで一縷の望みを持ち続けたが、私のこういう時の常として、当然のように1着はイーグル。

自信のあった東京最終、初ダートのマイネルエルフが全く走れずに落胆。それでも、安田記念では大勝負しようと考えていたサムザップの複勝が、最低でも11倍つくのを確認して、少し気分を上げてフジテレビへ。

予想TVは阪神ファンや野球通が多い現場だけに、昨今の阪神の低迷ぶりについて堰を切ったように罵詈雑言が飛び交う。まず間違いなく目下12球団最弱。

ベテランのこれまでの功績は認めつつも、金本や下柳をもう使わないという決断をしないとこのチームは本当に沈没してしまう。また、翌日の先発だった久保がわき腹の違和感を隠しつつ投げてメッタ打ちを喰らったりしているのも、ケガを押して出るのが美徳という間違った考え方がチームに根づいてしまっているからだとも思う。

監督、コーチに戦略がないのは当初から指摘され続けているのに、なまじ去年優勝争いしてしまったから替え辛くなってしまってこの始末。おまけに練習嫌いはチームの伝統。ダメになるべくしてダメになっていることに気づくべき。新井も本来は4番打者向きではない。構えた時にバットのヘッドがあんなに投手の方へ倒れていては差し込まれや降り遅れになるのも当然だ。ライト方面へのファウルが異常に多いのもそれが理由。

・・・・などと偉そうに言っているが、まあ野球はただのファンだから好き勝手なことを言っておればいい。問題はこっちの本業である競馬予想TVの悲惨な成績だ。GⅠ回収率で上位に食い込むべく、大きめの金額を最も効率よく回収するために出した結論はサムザップの複勝。それ以外の3連単とワイドは余禄になればと買い足した。

23時半ころ帰宅。予想原稿を上げて27時前に就寝。

|


2011年6月 4日 (土)

出発前に少し

●ただいま土曜のお昼前。久々に好天の開催日。間もなく東京競馬場へ。

ダービーのレース感想を書いたサラブレは13日発売です。改めて何度も見直したが本当に良いダービーだった。

そこに書ききれなかったことだが、オークスといい、ディープインパクト産駒は道悪というよりも厳しい流れになると本領を発揮できない馬が多いように思う。

あと、ストームバード系自体は母父で成功するケースが日本では多いけれど、馬力が思ったよりあるようだ。認識を修正。

●永田町のアホジジイたちは、あれだけの天災があってもなお目を覚まさない。人からどう見られるかをまるで気にしない、無神経な人間ほど政治家として力を持てるという悪弊が改まらない限り、そして学力とは無関係に「頭の良い」「全体能力の高い」人間が政治を志すような仕組みにならない限り、この国の民主主義は形骸化したままだろう。

●福島県双葉町の町長が、ある町民が犯罪を犯したことのお詫びとして、町民に寄せられた義捐金を断るという判断をしたそうだが、いったい日本人の善悪や是非の判断基準はどうなってしまったのだろうか。どこでおかしくなってしまったのだろうか。

放射線除去詐欺というのも出てきているそうで、その発想の凄さにはある種恐れ入るけれど、なんともはや。

●地震への警戒心が日々薄れていっているような気がする。と、金曜深夜、久々に緊急地震速報が鳴った。幸い府中はわずかな揺れに留まったが、いわきでは震度5弱。

もう想定外という言葉は通用しない時代であり、備えは半永久的に解いてはならない。

●昨日の朝はなんと、窓に結露がついていた。6月に結露を見たのはさすがに初めてのこと。とにかく今年の天候不順はひどい。身の回りにも、また著名人にも体調不良、病人が相次いでいる。大変ではあるが、何とかケアして乗り切らないと。

|


2011年6月 3日 (金)

事務局からのお知らせです。

※4日土曜日、ラジオ日本「土曜競馬実況中継」に出演することになりました。

事務局のNです。水上さんに関する(一部は絡みのみですが…)お知らせです。

1、オフ会のお知らせ

6月19日にオフ会を行ないます。参加条件は当日「水上学と絶叫する会」の
会員であること。

まだ会員でない方で参加をご希望される方は
詳しくは件名に「会員案内&オフ会案内希望」
と書いて、

info@mizukamimanabu.net

にお問い合わせください

多くの方と触れ合えればと思っています。

2、単行本のお知らせ(水上さんもアマゾンキャンペーンに参加!)

水上さんの当ブログでもおなじみの歯医者W氏の馬券術が単行本になりました。
刊行を記念し下記のキャンペーンが行なわれます。キャンペーンには水上さんも
友情出演という形で予想を提供します!!

競馬ベスト新書『デンタル・ワタナベの馬券術優馬プラスワン』刊行記念
アマゾンキャンペーン!
 
●特典
本書に登場している予想家――デンタル・ワタナベ、水上学、樋野竜司による、6月12日(日)エプソムC、CBC賞の予想もしくはレース展望。
なお、10日(金)段階での分析になるので、13日(土)の馬場状態などによっては、予想家の当日予想とは異なる場合があることもご了承ください。

●応募方法
1、『デンタル・ワタナベの馬券術 優馬プラスワン』をアマゾンで購入してください

2、アマゾンで購入したのがわかるように画面キャプチャや写メールおよび注文書のテキストを下記アドレスへお送りください。

※この際、お名前、詳細なご住所などの個人情報は応募される皆様のほうで消してください。
horse.eventskk2@gmail.com

3、6月10日(金)までにお申し込みください。以降は無効とさせていただきます(応募者多数の場合は早めに打ち切る場合もあります)。6月11日(土)に予想もしくはレース展望を送信いたします。


●ご注意
・携帯でお申し込みいただく場合、メールが届かないことおよび文字数制限により全ての文章が閲覧できないことがあります。その点をご留意いただいた上、お申し込みください。PCで閲覧できる環境でのお申し込みを推奨いたします。
・yahooやgooメールなど、一部のフリーアドレスでは迷惑メールに配信されることもあるようです。受信箱の容量が一杯になっている場合、ゴミ箱や迷惑メールフォルダが一杯になっている場合でも届かないことがあるようです。

・gmailのアドレスで配信していますので、gmailのアドレスを取得してお申し込みいただくと、最低でも迷惑メールには届くようです。

・ダウンロードしたデータに関しては皆様のPC環境、ソフト環境で閲覧できない場合もあります。こちらも不備がありましてもご容赦いただきますようお願い申し上げます。

・また、このイベントに関するお問い合わせにつきましては、horse.eventskk2@gmail.com
のみで受け付けております。
発売元のKKベストセラーズ、アマゾンにはお問い合わせできません。

3、書店キャンペーンについて
同書発売を記念して、一部書店でイベントを行なっています。お近くの方はこちらもご検討ください。

『デンタル・ワタナベの馬券術優馬プラスワン』
刊行記念・書店キャンペーン
本書の刊行記念キャンペーンとして、以下の日程と書店で、同書をお買い上げのお客様先着30名様に、著者デンタル・ワタナベ、「血統」水上学、「政治騎手」ヒノくんの予想もしくはレース展望をお付けします。
●2011年6月11日(土)、12日(日)
※11日・各人9R以降で特選2レース、12日・各人ともCBC賞&エプソムC
●山下書店東京ドーム店(JR水道橋駅・後楽園黄色いビル2F)
●啓文堂書店府中店(京王線府中駅ビル2F)
なお、品切れの場合は、その時点でキャンペーンも中止となりますので、ご了承ください。

|


2011年6月 1日 (水)

追伸

当初休みの予定だった、今週土曜のラジオ日本の競馬中継の

出番ですが、急きょ出演することになりました。

14時半から16時半です。

|


« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »