本文へジャンプします。




« 20年ぶりだっけ? | トップページ | 7月31日・日曜 »

2011年8月 3日 (水)

7月30日土曜

 先週は、新潟の豪雨の状況が伝えられるたびに開催すら心配していたのだが、杞憂に終わった。あくまで競馬開催に限れば何の影響もなかった。甚大な被害を出した大雨だけに、競馬の開催が行われたことだけをもって、ことさらに喜ぶわけにはいかないが、少なくとも競馬サークル関係者にとってはひと安心。

 正午前に新潟駅へ到着。強い日差しで完全に夏空。ただバイパスで阿賀野川大橋を渡った時は、その増水の凄さに、大雨の威力をまざまざと感じられた。いつもなら草野球やサッカーで賑わっている河川敷が完全に水没し、サッカーゴールがわずかに水面から頭を出していた。多数の木材が海へ向かって続々流されていく。

 この増水の模様を見物するために、大橋の辺りに来ると行きも帰りも車が渋滞。野次馬を浅ましいと言ってしまえばそれまでだが、自然の脅威を目にしてに思わず立ち尽くしたようになってしまうのは仕方ないこと。

 到着するや、そろそろ新潟競馬場で年に一度は必ず食するイタリア軒のカツカレーを・・・とも思ったが、何となくカツカレーはヘビーに感じられたので、一〆の天ぷらそばで軽く済ませる。

と、下へ降りると、この日は寺泊特別が行われるということで、寺泊名物浜焼きの屋台が出店しているのを発見。これでこそ夏の新潟。アユの塩焼き、ツブ貝、サザエ、ホタテが各ひと串に5個刺さった串焼き、イカの丸焼き・・・ひと串250から300円の廉価で販売していた。サザエ串をたいらげたあと、ラジオの本番が終わってから閉店まぎわに駆け込んで今度はツブ貝をひと串。

 お腹は満足したが、この日の馬券は不完全燃焼。到着後急いで買った小倉6Rの新馬戦、自信のあったシゲルシバクリから勝負でこれは見事に勝ち切ったのだが、3着がカシノアラシなら3連単500倍を200円となったはずなのに、僅かに届かず4着、安目が入る。危険な人気馬と見ていたアンビータブルに邪魔された。クビ差だけに悔しさが募る。誰か本当に私にお金が入ると都合の悪くなる人がいるのだろうか?いやいないはずだ!なのにどうしていつもいつも・・・・(涙)

 

ちなみに小倉は、さっそく開幕週から芝の内目にタップリ緑の砂を撒いている。時計も速いし、一見褐色の部分が目立つ内を通っても当然マイナスにはならない。ハイペースで前に行った馬がタレずに粘るケースも頻出していた。差すにしても、直線は馬場の3分所から内を捌いた方が決まる。枠がどうこうではなくて、4角からどこを回って来るかがポイント。

 反対に思わぬ配当に笑う幸運に与ったのは函館10Rの2000m戦。コスモセンシティブ、ヤマニンリップル、そして函館記念を踏まえてマヤノトップガン産駒の人気薄エムオークラウンと入って280倍。この少頭数でこれだけ付けば御の字。

 肝腎の新潟の芝のコンディションは、恐ろしいまでに急速に回復していた。時計的には、午後前半にはもう開幕週並みになっている始末。日本一の水捌けを誇る芝とは知っていたが、それにしてもあの豪雨でも当日晴れればこうなるのかと愕然。ただしダートは道悪らしい通常の高速馬場が終日続いた。

 ラジオ解説は10R以降担当。麒麟山特別は思ったよりも速い流れになってしまい、狙ったパクサが不発。ジールドリルのマクリ宣言はなんだったのか・・・。

 メインの新潟日報賞は、ランリョウオーの差し損ねが、むしろ外回りが故に可能性大と思っていたので、先行して速い上がりを使えるトゥニーポートの単勝とこの馬からの馬単1点勝負を推奨して的中。ただノーマークだったミクロコスモスの強襲には肝を冷やした。運が良かった。ここでは勝負強いような気もしていたが、問題はその後。

 新潟最終は、本命ウインクリアビューが直線でアッサリ抜けだしたので、これはもうどう転んでも当たりと思っていたら、「ソラを使ってしまって(騎手談)」急激に差し込まれてしまう。それにしても勝ち馬から01差なのに4着まで落ちることはないだろうよ・・・。これが3着で止まってくれないところが、勝負弱いというかなんというか。結局、ツイてんだかそうでないのかよく分からない1日という印象。

 帰りの新潟駅、新幹線待ち時間に思わぬ旨いものに巡り合う。知ってる人も多いであろう、新幹線改札近くにある食堂「四季にいがた」。ここで今年からメニューに加わった「越後もち豚カツラーメン」880円がとにかくウマシ!麺もスープも、もちろん売りのもち豚カツも全て言うことなし。ここ数年で食したラーメンの中でベスト5に入る。ビールともよく合った。今夏に新潟へ行かれる予定のある方は、ぜひお試しを。

ただこういう食べ物についての評価は、ハードル上げると実際食べてみて「言ってるほどでは・・」となることも珍しくないので、その点は踏まえておいて頂きたい。

いやあ、それにしても体重計が怖くなる(苦笑)。

事務局からのお知らせです。

KKベストセラーズから競馬ベスト新書メルマガが刊行されます。
競馬ベスト新書だけでなく、KKベストセラーズから発売される
馬券術本などに関する情報を週1回程度配信します。

また、各本の著者をゲストに迎え、日曜日のメインレース予想などを
配信して行く予定です。

もちろん、水上さんのゲスト出演なども予定しています(寄稿日時は未定です)。

お早目の登録をお願い致します。

http://www.mag2.com/m/0001319652.html

特典
・注目著者の日曜日メイン予想が配信されます
・新規発売本の予定がわかります
・イベント(アマゾンキャンペーン、書店キャンペーン)情報が配信されます
・公式メルマガだけでしか読めないコラムも満載!(予定)

競馬ベスト新書シリーズ
01双馬毅「100万円の払い戻しを1年で24回受ける方式」
02東大ホースメンクラブ「現役東大生偏差値80の馬券術」
03宮田比呂志「サイフにやさしい万券術 エコ3連単」
04飯田雅夫「日刊コンピ ハイパー必勝式58」
05井上オークス「いま、賭けにゆきます」
06「競馬最強の法則」万馬券特捜班「100万馬券の履歴書」
07渡辺健「デンタル・ワタナベの馬券術 優馬プラスワン」

※2つ前の記事を貼りつけておきます。お知らせです。

|