本文へジャンプします。




« 懐かしのCM | トップページ | 今更2月26日・日曜 »

2012年3月 2日 (金)

2月25日・土曜

ニュース原稿で「足責めクラブ」という単語を女性アナウンサーが読むのを聞いて笑い止まらず。真面目に読むとこれほど滑稽に響くものかと。この原稿を女性アナに読ませるのは公開セクハラみたいなもんですな。

無許可営業だったため逮捕されたクラブ経営者は「足で性的サービスされることを望む客層があると見込んで開店」したそうで、まさに「人の行かない道に宝が眠る」と思ったのだろうが・・・・嗜好の方はちょっと理解し難いところ。この辺、求道者の某氏に訊いてみよう(笑)。

競馬は今週から中京が開幕。いろいろ特集が組まれているが、差し追い込みが決まりやすいという見解が多いのは意外だった。直線が長くなって急坂があるんだし、しかも騎手がみな追い込みやすいというコメントをしているからには、当面は前が残ってどうしようもなくなると思うんだが。よほど使いこんで内が荒れてくればともかく。では遅ればせながら先週の競馬。

2月最後の土曜、25日。日中はどんよりとした曇り空だったものの、雨は降らなかったが、未明までタップリ降った影響は大きく、芝もダートも完全に道悪。特にダートは水がところどころ浮いていた。

行ってみてビックリしたのは、寒さのために洋芝が全く伸びていないこと。ボコボコで、いきなり砂が撒かれている。この砂のために、良馬場だったら時計は出たかもしれない。事実、やや乾いてきた日曜は、重馬場にしては速い時計が続出した(もちろん中山記念のようにペースが影響したものもあるけれど)。

アーリントンCはジャスタウェイの末脚がキレキレ。だが、最後の1Fの前の止まり方が大きかったことにも多少は恵まれた感もある。発表ではニュージーランド→NHKマイルCと進むそう。

競馬予想TVへ。市丸さんとは久しぶり。夏目さんは重度の花粉症持ちなので、かなりキツそうだった。

太組さんによると、爆笑問題の田中さんはこの番組を見られるときは必ず見て下さっているのだそうで、一番楽しみなのが太組さんと私の絡みなんだとか(苦笑)。

見栄晴さんは前夜に徹夜で「われめでポン」の収録、なんと優勝したそうで祝福。欽どこの見栄晴役を射止めたのもじゃんけんで勝ったからということで、大舞台で勝てる運を持っているのはやはり芸歴の長いタレントさんの凄み。それも最後はオープンリーチをキメたようだ。

もう20年近い付き合いになるけれど、麻雀も昔はたまにお付き合いさせてもらった。私も互角に打てていた(手加減してくれていたのかもしれない)から、私でももしかしたら何回かに1回は優勝争いできるかも?

これを書いてるうちに思い出したが、昔、東京競馬場で撮影したクラパの収録後に、関西勢の北野さん内藤さんの帰りの新幹線まで間が空いたか何かで、須田さんと4人で突然府中で麻雀することになった。真昼間に営業している雀荘を探して須田さんの車に乗って走りまわった覚えがある。百戦錬磨の北野さんに「恐ろしい打ち方や」と褒めて(くれたのだと思うが)頂いたのが良い思い出。ラジオ時代にトンデモなく強い上司たちに赤坂で毎回いたぶられていたから、かなり耐性はついていたのだろう。もう麻雀は引退同然だが、麻雀というものは勝ち負けよりもしゃべっている方が楽しいものだ。

お知らせ  競馬ラボでは現在、戸崎騎手と私の対談を会員限定で公開しています。

ベストセラーズ競馬新書「月替わりに読む馬券の絶対ルール」、おかげさまで3刷が決定しました。本当にどうもありがとうございました。

競馬予想TV、次回出演は未定です。とりあえず最低3週間は執筆に専念します。

|