本文へジャンプします。




« プロ野球開幕、ドバイ | トップページ | 日曜朝です »

2012年3月30日 (金)

3月24,25日の競馬から

 デザーモは今週乗ったら3週間アメリカへ渡る申請をしているとの報道。日本と往復するのか、行きっぱなしなのかは不明だ。何がしたいのかよく分からない。

先週土曜はラジオ日本の出演がなかったので、自宅観戦。ネコパンチの日経賞は、時計的には立派な内容だった。ただ得てして逃げ馬が勝つのはああいう展開で、2着以下になし崩しに脚を使わせてしまうことが多い。江田と日経賞といえばテンジンショウグン・・・・うーん。もちろんウインもルーラーも、この舞台と馬場では下馬評以上に弱いということだ。

 それにしてもネコパンチは母父ダンシングブレーヴ。今年の春も毎週、リファールの人気薄が激走するケースが続いているが、馬券の方ではどうもその波に乗れていない。

 メインレース後に家を出てフジテレビへ。亀ちゃんが熱発から口内炎に苦しんでいて気の毒。まともに食事もできないそうだ。顔色も悪かった。

 

 日曜は東京競馬場。外はポカポカ陽気なのに、館内の暖房が強すぎる。柱に貼ってある「場内は節電につとめております」の文言がうそ寒い。

 

中京芝は乾いたら前日と傾向が一変した。どうやら雨については東京と同じ推移になるということのようだ。乾けばイン、渋れば外。

となると、高松宮記念は能力の高い馬が先行好位脚質だからこの順当な結果も仕方ない。サンカルロが一番強い競馬。本命アグネスウイッシュも悪くない競馬だった。もう少し出して行ったらどうだったかと思うが、シンガリから行って内で詰まりまくりながらの上がり最速は今後に光明。

 終わってからはいつものメンバーで打ち上げ。毎回面白い話が出るが、ヒノくんの「オルフェーヴルは外へ逸走してなくても2着だった」という見解には特に唸った。というか私も同意見ながら、その根拠をキチンと対象化するのが難しかったあのレースと、オルフェーヴルの弱点を完全に分析していた。中身は本人がそのうち何かに発表するでしょう。

 個人的に、勝った有馬記念含めて、オルフェーヴルのパフォーマンスは落ちてきていると思っている。ディープインパクトやナリタブライアンと並べて語るのは時期尚早。

 

 

|