本文へジャンプします。




« 出演情報です | トップページ | 愚痴ですが&本紹介 »

2012年3月23日 (金)

まずは先週の競馬から

今日から少しずつ追いついていくように更新します。

時系列にすると、いつになるか分からないので、先週の競馬から。

土曜の中山は予報と違って気温上がらず、寒い雨に。ガラガラ。

フラワーCはまずまず。サンキューアスクのおかげ。メイショウスザンナとのワイドでかなり助かった。

若葉S、ラジオ日本ですでにしゃべってしまった通り、ワールドエースはやはり小回りだと不安が大きい。皐月賞が良馬場なら本命は打たないとまではしゃべった通り。若駒Sとこの日の若葉Sは、道悪だからこそ届いたと思う。この馬道悪は相当巧い。下手だというコメントを真に受けてはダメ。下手ならあんな脚使えるわけがない。

日曜は東京競馬場。

オルフェーヴルの阪神大賞典は、まあ個性的な大スターのアピールという意味では話題を提供できたし、翌日の新聞も結構一面扱いになっていたので、その点では悪いことばかりではなかったかと。故障でなくて本当に良かった。

断然人気馬が逸走からレース復帰で上位入線ということで、真っ先に思い出したのはシーキングザパールの新潟2歳S(中山施行)。ユタカの「弁当を買いに西船方面へ行っちゃいました」というコメントが懐かしい。(こういうコメント、今ならネットで叩かれるんだろう)レースに戻ってなんとか4着だった。

それから有馬記念でのサクラホクトオーが外ラチ近くまで飛んで行って3着というのもあった。昔もトサミドリや障害のフジノオーがどうこうという話を聞いたことがあるような。

確かに不利は不利だけど、あれであまりに能力を過大評価しない方がいいとは思う。200m余計に走ったと言う人もいるけど、いくらなんでもそこまでは走ってない(笑)。なおレース内容自体は相当の低レベルだった。

問題は、それよりもゴール前の斜行が罰金だけで済んだこと。降着の有無は別にして、あれは1日か2日の停止が妥当でしょう。まあいろいろ意見はあるでしょうが。

ヒルノの脚がなかったから問題なしという見方もあるけど、脚があったら降着モノ。脚がなければ降着なしで騎手には騎乗停止が妥当だと個人的には思う。

スプリングS、予想を見て下さった方はお分かりだと思うけど、当初はマイネルロブスト連軸本命で行くつもりだったが、思った以上に雨が降ったのでグランデッツァに変えたのが奏功。ゼンノエルシド産駒は道悪下手。

解せないのは阪神の9R、ノルマンディーの大敗。いまだに何度レースを見ても分からない。

終わってからの打ち上げ。桜花賞の人気順がどうなるかという話題で盛り上がる。個人的にはジョワド→ジェンティル→パララ→エピセアロームかハナズという順で上位人気が形成されると踏んでいる。

今週は高松宮。これまでの方針通り、GⅠ週にバッサリ芝を刈るかどうか、土曜の競馬を見ないと何とも言えない。ただ、有力馬の枠順を見ると、それほど前の週と傾向を買えずに外枠の差し有利で作ってくるのかなという気もするが・・・・・。

あと春のクラシック前半戦のもう1つのポイントは、桜花賞週の阪神に砂を突然大量に入れるかどうか。キストゥヘヴンの年は露骨だった。あれをやられると前の週までの傾向が激変してしまう。もし撒くならせめて前の週にお願いしたい。芝がボロボロの中山も同じ。皐月賞の馬場はこのままにはしないでしょう。Bコースに変わる来週からどういじるか(阪神も来週からBコース)。

|