本文へジャンプします。




« たいへん遅くなりましたが | トップページ | 残念な広告 »

2013年6月25日 (火)

6月20日から22日土曜まで

◆20日は福島出張のために新幹線の切符を購入、また新潟のホテルもとりあえず3週分予約した。去年は高校総体のために8月1週目までのホテル予約には本当に苦労したが、今年は恒例の新潟祭り以外は、大きな催しはなさそうだ。

21日のニコ生については、ご覧頂いた通りです。オルフェーヴルがいなくなったことで構成を変えた分、時間読みが甘くなって、かなり早上がりしてしまいそうになり、進行中はヒヤヒヤものでしたが、何とか形になりました。出演者、スタッフの皆さんに助けられて何とか責務は果たせた形。24時頃に帰宅してそこからもろもろ原稿配信。3時過ぎに気を失うように就寝。

22日は私用で朝から近所へ出かけて、そこから急いで正午すぎに東京競馬場着。湿度高くかなり蒸し暑い。

ラジオ日本は7Rから9Rまで担当。障害を除いた7R9Rで馬連中穴的中。先週といい運が良かった。リキサンステルス騎乗の北村宏騎手はあれで負けてたら馬に土下座しないといけないほど直線の捌きをミスっていたが、よく間に合って同着勝利に持ち込んだものだ。

メインレース展望のコーナーでも、タイムズアローが大健闘。本命は2着馬の方だったがソコソコついてくれた。

◆この日気が付いたのだが、いつからか写真判定の結果告知アナウンスが変わっていた。今までは「写真を参考の結果・・・」だったのが「写真判定の結果・・・」となっていたのだ。これは言い回しとしては正しい。

宝塚記念前売りはゴールドシップが単独1番人気の時間帯もあった。前日売り最終はジェンティルドンナ1番人気も、微差2番人気。これは意外だった。てっきりフェノーメノとジェンティルが分け合って、あれだけ「専門家」たちがくさしているゴールドシップは4倍前後の3番人気だと思っていたからだ。

帰宅してからはさすがに一度仮眠を取る。

※このままでは更新に間に合わないかもしれないので、先に帝王賞についてひとこと。ただし私は馬券は買うつもりないので、戯言程度に受け取ってください。予想には及ばないただの勘ですが、まあローマンとニホンピロとワンダーの3頭立てだと思っています。

|