本文へジャンプします。




« 6月8日~13日 | トップページ | 6月16日~17日 »

2013年6月20日 (木)

6月15日・土曜

加藤コミッショナーというのは、エリートのダメ人間の典型的なパターンですな。人に怒られたことも頭を下げたこともない人間は、とかくこういう醜態を晒すと。この人の周辺をいろいろ調べてみたら、まだまだ面白いネタがけっこう出てきそうな気がする(笑)。

しかもこういうエリートの姑息さの常として、裏から手を回すような卑怯な手段で対抗勢力に圧力をかけたり、陥れたりするのが常套手段。どこの業界にもいますがね。

 醜態と言えば、ツイッターから醜態を晒したのが例の環境庁職員。書いた内容もさることながら、最も情けないのは、「こういうことをつぶやいたらどうなるか」を想像できない貧困な思考回路だ。

さらに情けないのは、抗議団体を罵る記述の「知性の欠除」という表記。お気づきの通り、正しくは欠如ね。知性云々が前にくっ付いているだけに、余計にエッジが利いている。

競馬の話。

◆15日土曜。競馬場前駅の、横から2軒目の加藤屋が、5月一杯で閉店していた。確か私が初めて東京競馬場へ行った昭和54年にはもうあったと記憶する。「勝とうや!」の看板ももう見られなくなるのか。

◆土曜は中途半端な時刻に競馬場へ到着したので、腹の加減や食事に要する時間などを考慮して、悩んだ末に某所のカツサンドにした。パンも美味しいし、キャベツもサクサクだったのだが、唯一残念だったのはカツだけが冷えていたこと。温かくないという意味ではなく、冷えていたのだ。カツの味付けは良かっただけに、改善を望みたい。どこの店、と書くと剣呑なのでその辺はボカすが。

とにかく、競馬場で食べられるカツサンドとしては、中山の三幸がダントツ。

◆この日の馬券はソコソコ好調でひと安心。函館メインはほぼ印順だったのだが、マスイデアが5番人気と意外に売れており、145倍しかつかずガッカリ。

|