本文へジャンプします。




« 器小さき者なので | トップページ | 夏競馬後半 »

2013年9月12日 (木)

まとめて夏競馬前半

 まずはお知らせから。

13日金曜、月刊・競馬最強の法則10月号発売です。

14日土曜、ラジオ日本は14時半から16時半です。またこの日は競馬予想TVに出演します。

15日日曜、中山競馬場メディアホールで、11時半から12時まで、ラジオ日本賞公開展望会に出ます。他に優馬の佐藤直文さん、ケイユウの渡辺芳徳さん、スペシャルゲスト安藤勝己さん。この模様はラジオ日本でも中継されます。今年のラジオ日本賞は、去年とはうってかわって重賞級の好メンバーとなりそう。関東近郊の方はぜひご来場、ご聴取下さい。

では本題。

◆今更新潟競馬。去年もそうだったが、今年はダートの時計の出方が、道悪も良馬場もあまり変わらないという傾向が強まった。時計比較の際に良馬場で道悪時と変わらない時計で走っていた馬を過大評価しないように。

81週目。3日の函館4R、ビップイシマツで快哉。STV杯のメジロツボネで馬連本線と単勝。翌4日、レパードSのインカンテーション強し。本命サトノプリンシパルよく粘った。小倉記念はタテ目で取るも、メイショウナルト本命にできない自分に落胆。

82週目、10日土曜。新潟日報賞、本命エクセラントカーヴ完勝も、コスモソーンパークに割り込まれて、ターフェルとのワイドしか取れず。しかし函館最終のリメインサイレントで一気に逆転。11日日曜、関屋記念はこれまた押さえの馬連のみ。シャイニーホークが前走よりは枠がマシと、迂闊にも本命にしてしまう愚を犯す。馬群がバラけて壁を作れず。この日はちょい負けた。

◆今年は体調がアレだったので、例年楽しみのメシもやや控え目だった。ビールも目まいを恐れて呑まなかったので、それも楽しみを半減させていた。

しかもなじみにしていた飯屋がメニュー変更で、どこでも食べられるようなものしか置かなくなってしまい、新規開拓の必要にも迫られたが、さすがにそこまでの気力体力はなく、ホテルの近場で済ませることがほとんど。

日本海庄やは全国チェーンの居酒屋だが、日本海側で食べるのだからまあ東京と変わったメニューもあるかもしれないと思って入ってみたら、柏崎の名物で同地産の鯛を使った鯛茶漬けが思わぬ大ヒット。これは来年もぜひ食べたい。

また古町に留まった時に、なぜか無性に麺が食べたくなり、新潟グルメとは無関係に小さめの中華料理屋(店の名を忘れた)の暖簾をくぐったら、なぜか沖縄っぽいメニュー。黒糖を使ったつけ汁に、シーグワサーをふんだんに使ったつけ麺が、これまた絶妙のウマさだった。もっちりした水餃子との組み合わせを選んだのも大正解。これまた思わぬウマイモンとの邂逅。

ラーメンは、毎夏一度は訪れる新潟駅万代口側の無尽蔵。ここもチェーン展開しているが、本拠地は新潟。東京で食べるのよりオイシイと思うのは気のせいか。太麺好きとしては嬉しいお店だ。

夏競馬後半は次回。

|