本文へジャンプします。




« お待たせしておりますが | トップページ | 土曜の中山芝 »

2013年9月 5日 (木)

再開します

そろそろ今までのペースで再開しようと思います。

 一部の方々には心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。

 おかげさまでひと夏悩まされた目まいというか浮動感が、この2週間でかなり治まってきました。

 ただ、毎週新潟通いができたように、寝込むほど厳しい状態だったわけではないですし、本人はさほど重大視はしてなかったのですが、ただ目まいというのは軽いからいいというものではないようで。

 もちろん手をこまねいていたわけではなく、8月5日に脳のMRIを取ったり、またいくつか病院を巡ってさまざまな検査をしたりしたのだが、ハッキリとしたことが分からないまま、各医療機関がお盆休みに入ったので、思いのほか時間が掛かってしまった。平衡機能には異常があるも、運動機能は正常。聴力もほぼ正常。8月1週目は、パソコンを見ていると頭ごと横に動いているような、フワフワした感じが強く、画面を見ての作業は連続30分が限度で、一度横になり、また起き直って30分パソコンへ向かうというような始末だったが、2週目から少しずつ回復に入り、3週目にはパソコン作業なら支障ないくらいに。しかしなかなか完治に至らない。

そんな状況が続く中、8月末に、めまい治療では東京で指折りの東京医科大の耳鼻咽喉科をようやく受診することができ、9月3日に「脳や聴神経の異常なし」とお墨付きをもらえたので、やっと意を強くすることができた次第。フワフワ系目まいは脳や聴覚神経の腫瘍(聴覚神経の腫瘍は良性しかないそうだが)でも起きるとのことで、これが最も怖かった。しかし3件の病院で否定された上に、医科大のめまい外来でも保証されたので、かなり安心した。ちなみに、澤選手で有名になった、耳石のズレによる良性頭位性のめまいではなく、またメニエル病でもなかった。

 今でも、急に気圧が変わるときや、数時間パソコンに向かった後には、一時的に悪化する。歩く際には少し違和感あるも、日常生活には支障なし。

 結局原因を特定するには至らなかったのだが、私は13年前に前庭神経炎をやって強烈な目まいで救急搬送されたことがあり、そのウイルスが少し目を覚ましたのかもしれない(素人意見)。目まいの治癒はそもそも長い時間がかかるそうで、半年掛かるケースもそれほど珍しくはないそうだ。目まいを忘れている時間も長くなってきているので、少しずつそんな時間が延びていけばと。

 7月27日の予想TV本番中に発病してから、ちょうど丸々夏の新潟分が目まいで潰れてしまったことになる。40台最後の夏がこんな状況で終わるということは、来年以降、もう少しいろいろ警戒しないといけないということかもしれない。

もし、関東在住で、ご自身、あるいは近しい人で目まいで悩んでる方がいたら、西新宿にある東京医科大の耳鼻咽喉科をお薦めしたい。基本的には紹介状がないと受診できないが、なくても5000円前後の追加出費をすれば診てもらうことができる。

|