本文へジャンプします。




« 17日月曜の競馬を先に | トップページ | 駆け足で4日間競馬を »

2014年2月21日 (金)

冬季五輪も終盤

◆浅田選手の演技を見たら、メダルがどうこうというのは関係なく、このハネ上げが、そして精神状態の一夜にしての変貌こそが最大のドラマだったのであり、その意味では前日のショートプログラムの失敗ですら意味あるものに思えてくる。

そう考えると、点数がどうこうというのも小さな問題に思えてくるが、フリー全体で浅田選手は1位ではなかったのは・・・・??採点基準を完全に把握しているわけではないので何とも言えないが。

 浅田のコメントも良かったけど、キムヨナの会見でのコメントも良かった。この2人、かつての江川と小林の酒のCMみたいに、10年くらいしたら対談してほしいものだ。

◆女子のスノーボード回転は面白かった。赤レーンと青レーンで馬場差があるようで、それは今回の場合は縦ではなく横の斜度による違いだそうだ。翌日、ワイドショーで、この競技を解説していた長江健次のなんと分かりやすいこと。彼の解説を聞くだけで、スノーボード回転という競技の機微がよく分かった。うーんハイスクールララバイ(若い人はググってください)。

◆男子にもカーリングがあるのね。石を投げるフォームをテレビで見たけれど・・・なんとも不思議な感じ。選手には失礼だが、ゲイテイストが漂って見える(笑)。

◆女性ながら、自分で資金援助を取り付けて海外へコーチを求めて渡り、戦ってきた頼もしい日本人選手もいる。

その反面、いろいろ問題点が浮き彫りになり、援助や改革が必要となっている競技も出ている。五輪に行けなかった船木選手からの、日本のジャンプ台に欧州のように風よけネットをつけて欲しいという発言がスポーツ紙に出ていた。これはさすがに個人ではどうにもならないことの1つだろう。現場の選手はなかなか言えないだろうから、競技経験者やOBたちがこうした改善点を出して行くのは、次回へ向けて貴重な指摘になると思う。

◆大事なところでよくスベるのはあなたの口の方では?(座布団一枚)舌禍で総理を辞めたのに本当に懲りない。

森に限らず、政治家の考えなしの発言っていうのは本当に多いですなあ。これを言えばどうなるかと想像しないままの無自覚発言。これが東京五輪組織委員長なのだから・・・。発言全体を見れば柔らかい表現とかいう人もいるが、どういう読解力をしているのか理解できない。どう言い訳しても、あれはただの軽口。

ただ、森の寝言よりもずっと恐ろしいのに報道がほとんどされていないのが、ウォールストリートジャーナルに掲載された本田内閣参与(静岡県立大学教授)の軍備増強に関する発言。これを報道しないマスコミは何なのだろうか?

|