本文へジャンプします。




« 8月28日金曜 | トップページ | 8月30日・日曜 »

2015年9月 2日 (水)

ツキが重なった8月29日・土曜

 829日土曜。朝の新潟は小雨模様。多少の雨では時計の出方が変わらない新潟ダートも、前夜の豪雨でさすがに正真正銘の道悪、水が浮く場所もあって時計が速くなっていた。芝もやや時計が掛かっていて、外差しの傾向がやや強まりかけた。

 ところがお昼前からどんどん青空の面積が広がり、完全に夏の日差しが戻った。蒸し暑いこと。天気が変わりだしてから、無風の場内に、直線追い風となるそよ風が一服の清涼剤。ただ微風で、競馬には影響なし。日差しの割には、馬場の回復は遅れた。

 この日の新潟競馬には、市の名前を冠した特別戦がなく、毎週出ていた名産品のテントもなし。一抹の寂しさ。代わりにメインレースのBSNがイベントを開催していた。ゲストのインパルスの2人はラジオ中継にも登場。ラジオ日本の放送席はBSNの隣りなので、インパルス堤下氏が座る2mほど横で解説するという事態に。堤下氏体だけでなく声もデカすぎ(苦笑)。聞こえてくる話から判断するに、競馬にはだいぶ詳しそう。相方の板倉氏はさほどでもなさそうだったが。

 札幌のワールドオールスターズJ1戦はラジオ日本の控室で見る。アナウンサー氏複数から一斉に声が挙がったのは「あのゼッケンの色使いは見づらい」ということ。チーム分けの下地の色と数字の色の組み合わせが見にくいものになっているそうで、おそらく実況泣かせになっているのでは、と。

そもそも外国チーム日本チームの対抗戦自体無意味で、全く話題にもならなかったのだから、来年からは普通に個人戦に、そして通常ゼッケンに戻してほしい。さらに前にも書いたが札幌に固定せず、ぜひとも持ち回りで。

 9Rまで解説してスタンドへ。例によってビール片手の観戦。そこまでの馬券は今イチ冴えなかったが、小倉メインのイースターパレードとトミケンユークアイのワイドで上向き。そしてご存じの方も多いように?新潟メインでほぼ完全にいろいろ的中。直線は久々に声を挙げて叫ぶ。大満足の内に帰路に就いた。新潟駅で久々に回転寿司にしておくにはもったいない「海鮮家」を訪れキス、舟べた、穴子、コハダなどを堪能。

 実はこの日のクライマックスは新潟メインではなくこの後の東京駅に待っていた。ホームから階段を下りてきたら、いきなりロープを張られてたくさんの黒いスーツ姿の男たちが立ちはだかる。何事かと思ったが、あまりのものものしさからこれは皇族関係の通行警備かとピンとくる。もしかして佳子さまのご尊顔を拝めるかとワクワクしたが、なんとご静養から東京に戻られた天皇皇后両陛下のご帰還であった。

ガードから、最前列の人たちには、後ろの人たちにも見えるように座るよう要請、さらに手を振ってお迎えするようにと指示。また写真はOKとのことで周囲の人たちはみなスマホ、携帯、タブレットをかざす。私もガラケーの静止画撮影機能をそそくさとスタンバイ。

 数メートルの距離で両陛下を拝するのは初めてのことで、柄にもなく緊張。心臓の不調が伝えられていた皇后陛下は。思ったよりお元気そうで何より。それにしても、あの御高齢で年間通じてあれだけの御公務をこなすのだから、そのお疲れはいかばかりか。短い静養で、少しでもリフレッシュされておられることを願う。

 

 お2人の姿が見えなくなり、新幹線改札付近はいつもの雰囲気に戻ったが、目にできた幸運な数百人の熱気は収まらない感じ。当方も少し興奮して帰宅。

|