本文へジャンプします。




« 虫干し | トップページ | 強行採決目前 »

2015年9月15日 (火)

9月12日土曜

 近所のお子さんが夏休みにカビの研究をしたそう。パン屋さんで焼いているパンには2日でカビが生えたのに、某メーカーのものは5日経っても生えなかったとか。まあこれに限らず、今の時代、食品にはいろいろなリスクが含まれていて、それを承知で食べているわけで、人体の自浄作用がどこまで保つかという話になってきているのかもしれない。

言っておくがもちろん、何を食べるのも食べないのも各人の自由。メーカーのパンが悪いというつもりはない。なお私は自分の中では3つほど、絶対に口にしないものを決めている。

さて912日土曜。早朝に地鳴り、そして小刻みな縦揺れから突き上げるような大きさへと変わる。これは大きいのが来たかと身構えたが、意外と揺れている時間は短かった。震源地は東京湾、隣の調布が最大震度5弱。国立国分寺で震度4。しかし府中は3に留まった。府中は地盤の強い町として知る人ぞ知る。

 電車の乱れは小さく、西船橋へ向かう足に影響は出なかった。4ヶ月ぶりの中山開催、馬場はやや湿っていたが天気は絶好。少し蒸した。センターポールの国旗は動いているが、地上に風はほとんどない。もともと、秋の中山は天気が悪化しない限りは無風となることが多い。ダートはどんどん乾いて、特別戦のあたりには表面が白くなっていた。

 中山のスイーツフェア、またしても某店。春後半からここの出店で固定されているようにしか思えない。別にいいのだけど、フェアというからには店を入れ替えて回さないと客は飽きる。個人的に某店のこのフェアでの品揃えは競馬場に向いていないものが多いと思う。

 阪神芝1400mの新馬戦、POG指名馬のナタリーバローズが思っていた以上の走りで完勝。今週はバローズ馬が勝負掛かりであるのは登録を見れば明らかだったので、そこそこやれるとは思っていたが、嬉しい誤算。メイショウサムソンは種牡馬として好きで、前年度はレッドソロモンで成功したが、今年はこれと狙った(同一種牡馬産駒は1頭のみ指名のルール)。フィリーズR狙いでの指名。9月中に指名馬が4勝したのは初めてのような気がする。馬券も素直にこの馬からいろいろ入って成功。

 この1つ前のマイルの新馬戦を勝ったエアスピネルも強かった。中山アスター賞のメジャーエンブレムはさすがの勝ち方も、判断には苦しむ。

 この日のクライマックスは阪神メインのエニフS。人気2頭は不安点が大きく、◎エーシンビートロンがハマってくれた。それにしても単勝78倍は馬鹿にされすぎだろう。  

中山メイン紫苑Sの◎スマイルミーティア、騎乗ぶりには?しか出て来ない。酷い。馬の良さを全く出せなかった。

 

阪神最終は○△だったが、ここはタテ目馬連を押さえることができた。大漁で気を良くしてフジテレビへ。本番終了後は横山ルリカ嬢のパソコン配信分のコンテンツ「あたりますよーに」にお邪魔してきた。オータムH、彼女はフラアンジェリコ◎と思い切った予想。私はこの時点では何とも思わず、何か盛り上げようと母方の良血ぶりを褒めそやしていたのだが・・・・。

|