本文へジャンプします。




« 付け足し | トップページ | 9月19日・土曜の競馬 »

2015年9月17日 (木)

9月13日・日曜の競馬+α

 12日に発売になっている月刊「競馬最強の法則」。私は通常の連載コラム。そして興味深く読んだのは「馬券直結タイム」と銘打った、隠れた好タイムの見抜き方の特集。そして競馬予想TVに共に出演している小林弘明氏の特集。正直私は長い付き合いで手の内は知っているつもりなので、新しい発見はなかったが、予想TVを見ていない人、競馬歴が浅い人は絶対に読んでおくべき。正しい(という言葉は良くない。あるべき、あらまほしき)競馬予想フォームの参考となるはず。

 そして今月はサラブレにも声をかけてもらった。創刊20周年の一環として、10年後の種牡馬地図の想定。まじめな予想もよし、荒唐無稽な想像もよしとのことだったので、ほどよく織り交ぜてみたつもり。

 両誌共にぜひご覧いただきたい。

◆さて13日、日曜の競馬。馬券は午前は大半が見送り、午後も堅いのしか取れず、たまに穴っぽいのが引っ掛かっても薄目のみ。2日続けての勝利とはならず。

 セントウルS、オータムH共に全く予想外の決着。当たったのはセントウルのGⅠ連対馬が勝てないということと、オータムHでの関屋記念連対馬は勝てないということだけ(笑)。ただレース自体は見ていてとても面白かった。

 詳しい感想や分析は有料媒体に書いているのでここでは省くけれど、特に中山は芝がとても長くなっていることと、おなじみのエアレーションのおかげで、外からも差せる馬場。なんだか、昭和50年代の中山が戻ってきたような気がするのだが、開催が進んでもこんな感じになっているかどうか。意外と路盤が踏み固められるとイン有利前有利に傾くこともあるだけに・・・。

 それにしても、サマーマイルシリーズの酷いことよ。廃止すべき。1位は同点でレッドアリオンとスマートオリオン、しかもこの2頭がブービーとシンガリという有様。前月の最強の法則の連載にも書いたけれど、しょせん3戦で決着をつけること自体に無理があるのだ。スプリントと二千だけでいい。個人的には、もっといえばコラムに書いたようにフォーマットを変えた上でスプリントだけにしてもいいと考えている。

◆来年から曜日にこだわらず1228日に競馬開催年内最終日を固定し、有馬記念をここに持ってくる可能性も検討という報道があった。もちろん大反対。詳しくは次号の最強に書くつもりだ。

◆ショウナンアデラ、復帰戦を目前にまた脚部にケガ(捻挫)。とことんツイてない馬だ。

◆台風20号が発生。阪神打者の最多ホームラン数より台風の方が多く出ているのだから・・・。上陸の可能性は低いようだが、湿気を呼び込めばまた大雨の恐れもある。とにかく少しでも離れてほしい。

◆阪神で思い出したが、912日の土曜に、誤審で広島のホームランが3塁打になるというあり得ない失態。これでも処分なしなのか?改善策は打たないのか?

そんなことより運命の数奇さを感じるのは、ヤクルトと優勝争いをした年、逆に阪神・八木のポール際の一打が2塁打かホームランか揉めて、判定が二転三転して2塁打(これは誤審で本当はホームランだった)になり、この試合を落としてから坂道を転げ落ちたのが23年前の同じ日・・・・・・(かと思っていたら、1日ズレて11日だったよう。それでもなかなかの因縁だと思うが)だった。

◆告知ですが、20日の日曜は中山競馬場メディアホールで昼休みにラジオ日本のイベントに登場します。予想TV、次回は26日です。

◆競馬ブックのコラムで、スポーツライターの阿部珠樹さんが4月に亡くなっていたことを知る。競馬のみならず、野球をはじめスポーツ全般においてナンバーなどで健筆を振るわれていた。私は阿部さんの文章が大好きだった。遅くなってしまったが心より哀悼の意を表したい。

|