本文へジャンプします。




« 事務局からのお知らせ【オフ会開催!】 ※しばらくはトップに掲示します | トップページ | 7月31日・日曜 »

2016年8月 2日 (火)

7月30日・土曜の競馬

 729日金曜、前乗りで1年ぶりの新潟へ。この開催のために、毎年6月になると胃カメラを呑んで状態チェック、山海の幸食べまくりに備えているわけで、今年も楽しみ。

 夕方になると爽やかなことが多い夏の新潟だが、この日はジットリと湿度が高くただただ蒸し暑い。夕食はぶらぶら歩いて見つけた「吟の舞」でアスパラ焼、佐渡のイカ天、バイ貝ツブ貝とキノコのバター炒め、鮭のおにぎりに地ビール。満足。

 

 土曜朝は早めにチェックアウトして1レースに間に合うように新潟競馬場へ。この日の競馬場の出店は新潟名産の弁当フェア。「直千弁当」なるものを購入。ヤナギガレイのから揚げとたっぷりのほぐし鮭をまぶした弁当。いつもホテルでは朝食をとらずに、競馬場でのフェア目当てに腹を空かせていくのだが、それが報われる大当たり。ただ、なんでこれが直千?たしかに横長長方形の容器に入っていたけれど・・・。

 

 早めに赴いた理由はもう1つ、この日の新潟2RにPOGで指名したブライトエピローグが出走したため。断然人気だったが、終始後方、直線大外追い込んで届かずの不可解な競馬。前走で不利を受けたことが心底こたえたのだろうが、開幕週の内回りであれはない。ただ、負けたことは戸崎騎手のチョンボで片づけられるのだが、2着馬を捕まえられなかったことには結構落胆。思っていたほどではないのかもしれない。こういう惜敗を続けていく馬は得てして勝てないレースを引きずり、走るにつれて着差が離れていくことが多いもの。兄姉からももしかしたらダート?の予感も。

 わがPOGといえば、札幌2歳Sで有力馬の1頭となるはずだったレッドラシーマも脚部不安を発症して回避決定。トリコロールブルーもソエが出てしまい、秋の予定に間に合うかどうか。良い滑り出しから一気に暗雲立ち込めてきた。

 

 この日は競馬場も蒸し暑く、全くの無風。たまに吹く風がとてもありがたく感じるほど。ところが7R前から向正面から風が強めに吹き、通り雨がサーッとやってきて、そのあと気温が下がるかと思いきやそれ以上にムシムシし、8Rの頃にはまた無風に戻った。

 この開催のラジオ日本の解説は7Rから9R、そして11Rと推奨レースの展望。大荒れの7Rはかすりもせず。8Rは的中も9Rはこれまたかすらず。11Rもカレンリスベットが頑張ってくれたが馬券にならず。ただ推奨レースとした12Rは的中、意外とついてくれた。この日は小倉でソコソコ取れて、何とかセーフ。

 

メインレース終了後に競馬場を出て、新潟駅南口で毎年おなじみの回転寿司「海鮮家」で遅い昼食。フナバタ、マトウダイ、ホウボウなどの寿司ネタを満喫して帰途に就いた。

|