本文へジャンプします。




« 10月12日・土曜の競馬 | トップページ | マイルCSのこと&競馬本紹介 »

2016年11月17日 (木)

11月13日・日曜の競馬

 先週の金曜、11日は白髪染めとヘアカットへ。渋谷や青山はまだ街がクリスマスモードにはなっていない。府中は結構クリスマスイルミネーションが始まっているのだが、こういうものは中途半端な田舎の方が先走るということか(笑)。

 

 その11日には月刊・競馬最強の法則の発売日。印象に残った記事は「シン・キュウシャ馬券で儲けろ」。若手中堅調教師の買いどころ、調教の特徴などが詳細に分析されている。純粋に資料として使えそう。

また以前も何度か推奨している連載、田端到氏の「競馬万華鏡」。今回はサクラユタカオーとその血の物語。トウショウボーイと並んで、その美しさ、走りの華麗さでは歴代12を争う馬だったので、嬉しく拝読した。

 

 12日土曜は前回書いたので略。13日の日曜は、東京場内でベストセラーズから出す単行本のための撮影。1210日予定で恒例の「開催替わりに読む 馬券の絶対ルール」の17年上半期篇が出るのでそれに合わせるための撮影だ。好天すぎるくらいの好天で、眩しくて目を細めないようにするのが大変だった。お客さんは、撮影をしていると「誰がいるのか?」とタレントを期待して興味津津の目で除きこんでいるのがこちらからも分かるのだが、冴えない知らないオッサンが撮られているのをみると明らかに失望の眼差しに替わるのが本当に申し訳ない。この手のことでの恥ずかしさは、とうの昔に失せてしまった。

 

 撮影中に、レースを見ながら興奮しているところのショットを押さえたいという希望があって、67Rと買ってみたが上手くいかず。エンジンを掛けるにはやはり人気薄からドンドン買わないとダメ、とばかりに8Rは11番人気のフラマブルから攻めまくってカンフル入れたらこれが大正解!ハナ差4着のメイスンスパートに割り込まれてしまうと激安になってしまうので、ゴール前は久々に渾身のシャウトが出た(笑)。相手本線が同着2着のブレヴェストだったので、撮影にかこつけて大漁となった。まだまだ持ってる?

 

 これでツキが戻ってきたのか、10Rは狙っていた爆弾、▲ウエスタンメルシーがまさかの最低人気での激走をしてくれて、さらにブレイク。福島記念は馬連ワイドだけの当たりになってしまったが◎▲で何とか。そして女王杯は安定の?ハズレ。本当にGⅠを何とかしないとシャレにならない。この秋のGⅠはまだ秋華賞だけしか結果が出ていない。東京最終は余裕ができているので、◎トーセンラムセスとエバーキュートから手広く流して引っ掛ける。満ち足りた気分で競馬場を後にするのは久々だ。

 

 女王杯、マリアライトは1コーナーの不利も大きかったが、あれがなくても勝ち負けにはならなかっただろう。メンタルの影響は分からないが・・・・。そもそもシングウィズジョイという選択肢は全くなかった。

 

 ジャパンC1週前登録が出た。外国馬は今年も淋しい顔ぶれ。日本馬も、「これ休んだ方がいいなあ」というレースをしていた、秋のGⅠで人気になって負けた組や、格下馬が「かき集められて」頭数を揃えた印象。キタサンブラック、ゴールドアクターの2強に、先日万全の勝ち方をしたシュヴァルグランの3強状態、そこからは少し離れているかも。盛り上げに微力ながら貢献すべく、レース2日前の夜にはロフトプラスワンでのイベントで司会をします。当日のお天気が気になるが、ぜひご来場を、当日券出ます。

|