本文へジャンプします。




« 2月4日・土曜の競馬 | トップページ | 雑記 »

2017年2月 6日 (月)

2月5日・日曜の競馬

先週報道されていて今更だが、レイデオロはソエが長引き皐月賞直行。クラシックといえば、我がPOG1位指名サトノアーサー、きさらぎ2着で賞金を積んだのは良かったものの、現時点の能力はあくまで今年の牡馬戦線の上位の一角に留まる程度であることを露呈した。馬場云々はあまり関係ない。本当に強い馬は馬場不問。ノメっていたのではなくて反応が鈍く、騎手がサインを出すと馬が走る気をなくすところがあるようだ。

 

まあきさらぎ賞ではハーツクライ、メイショウサムソン、オルフェーヴルが負けているので、ジンクス的には悪くないのだが・・・・。そもそも、前走の上がりも、前例がシルバーステートではあまりアドバンテージにはならない。上がり3Fを崇め奉る人は多いけれど・・・・あくまでペース次第。まずは無事に皐月賞へエントリーを。おそらく直接皐月賞だろう。

 

◆サトノと言えば、サトノダイヤモンドは阪神大賞典→天皇賞春と進み、宝塚は回避濃厚とのこと。大阪杯ではなく3000m級を尊重してくれたことに敬意を表したい。そして長距離GⅠ不要論者にまたしても冷水を浴びせるような走りを期待したい。

 

◆日曜東京の7Rが1000万の芝、8Rが500万のダート。頭数も同じで、このレース順がいかなる理由でこうなったのか、同行数名と首を捻ったが分からない。普通は逆だろう。雪関係を想定しているのか?とも思ったが根拠としては薄い。

 

◆この日分かったこと。ナンヨーアミーゴじゃなくてアミー「コ」なのね。そしてモンラッシュじゃなくてモンラッ「シェ」なのね。後者はずっとシュだと思っていた。まあシェの方はこちらの不注意だけど、アミーコはトラップだわ。

 

◆東京新聞杯はほぼ読み通りで当たったといっても、北山Sのタガノゴールド4着、さらにこれは決まった!とガッツポーズの準備をしていた京都最終テイエムシャンパン4着(内枠引いたウイングパラダイス共々絶好のチャンスと思っていた)、とどめは東京最終のタガノヴィッター4着(リュクサンブールも持ってましたともさ)で完全にノックアウトされた。もうアカン。ワシは寝る・・・と日曜は早々にダウン。

 

 さて今週末。週末の雪マークが怖い。東京は開催には影響なさそうだが、小倉と京都の金曜土曜が・・・・(月曜現在の予報)。半分は順延覚悟でスケジュールを組んだ方が良さそうだ。

 

|