本文へジャンプします。




« 久々に怒りブログで | トップページ | 【ベストセラーズからのお知らせ】 »

2017年3月15日 (水)

3月11,12日の競馬

月刊競馬最強の法則・4月号発売中。とにかく読み応えのある号。とくに必読としてオススメしたいのは、降級制度廃止問題の緊急レポート(姫園淀仁さん)。この特集には少しコメントもさせて頂いた。

そして「地獄の早耳」でのエージェント縮小問題の速報。共に、馬券はもちろん、日本競馬の根幹に影響する大問題である。

もちろん高松宮記念、大阪杯、桜花賞の展望記事もあり、ドバイの特集もある。ピンクベースの派手な表紙が目印です。

 

さて家族が今頃になってバタバタとインフルエンザで倒れ、予防接種を唯一打っていない私だけが生き残るという、予防接種の有効性に大きな疑問が湧く事態。確定申告も毎年のことながら最終日に駆け込んで終わらせた。これであと15%くらい残していた種牡馬事典の執筆のラストスパートに入る。

 

先週土曜は中山競馬場。直線向かいとなる風は少し強めだが、身が縮むような寒さではない。ただ10Rあたりからは急に冷え込んだ。

忘れてはいけない日、3月11日。場内は半旗となっており、地震発生時刻に黙祷が捧げられた。直接被災していない人間は、記憶が風化することのないように心がけていかないと。そして爪痕はまだ各所に生々しいままだ。原発もさることながら、転校していった子供たちのいじめ問題には茫然とするのみ。いつの時代にも腐っている人間はたくさんいるが、こうしたいじめをする子供の責任は全て身近の大人にある。

関係者の端くれとしては、つくづく競馬を楽しめる環境にいることを感謝するのみ。

ラジオ日本の解説は10Rから。スピカSは△▲◎で3連単が意外にもついてくれた。アネモネSは◎スズカゼよく頑張ってくれての3着死守。複軸ライジングリーズンとの3連単で93倍ならこれもついてくれた方。リエノテソーロは思っていたより芝でも走れていてびっくり。最終レースは良いところなし。

時系列は前後するが、悶絶は金鯱賞。◎サトノノブレスは消えてしまったが、4番手評価のヤマカツが勝って、さあ2着に○でキーホース指名のスズカデヴィアスが届いた!と見えた。放送席もスズカ優勢の味方の人が多かったのだが、結果はハナ差届かず・・・。107倍の馬連が逃げてしまう。3連複はかろうじて取ったが、これだけではつまらない。この勝負弱さがダメなのだ・・・。仁川Sは上から印順に3着まで入ってくれて、45倍ついたけれど、やはり金鯱賞ショックは大きかった。

 

日曜は全く馬券にいいところなし。中山牝馬Sの結果はまだ納得できるが、フィリーズレビューのカラクレナイ1着は全く想像していなかった。

テイエムオペラオー産駒のテイエムヒッタマゲが3歳戦とはいえオープン勝ち。平地ではいつ以来なのだろう。前走のはこべら賞は何気に凄いレースだったが(アディラート1頭の話だけど)、前に行っての3着なのに勝手にフロックだと考えてしまった。届かなかったサンマルライバルにばかり気が行ったレースだったので、いささか冷静さを欠いていたが。あれほど好きだったオペラオーの子といっても、馬券どうこうは別なので・・・。

なお今週土曜は中山開催がないが、ラジオ日本は通常の編成で、阪神開催をお届けする。私は中山の放送席から阪神の解説をするというイレギュラースタイルとなる。

|