本文へジャンプします。




« 4月1日・土曜の競馬 | トップページ | がらくたネタを集めて »

2017年4月 6日 (木)

4月2日・日曜の競馬

ゴールドアクターが横山典騎手に替わって、当初使わないはずだった天皇賞へ出走。なんだかなあ・・・という感じ。吉田隼人はいつヘグった?前走は騎手は何も悪くないがなあ。

 

2日の日曜は東京競馬場。阪神1Rのワンダーブラヤアンの単勝とジョーアラビカとのワイドでいきなり優位に立つが、こういう時は得てしてその後が雑になる。メッセンジャーが味方に1回の裏で45点取ってもらったときのピッチングみたいなもの(分からない人すみません)。中山が全く当たらない。

苦しくなったところで3着までなら来ると思った阪神6Rのオンザフロウの複勝と、3連複で息をつけたが、ヒモが人気馬すぎて、息と違って配当はつかない。

 

中山10Rの伏竜Sは、人気のハイパーノヴァがリヴェルディに蹴られて、2頭とも除外というアクシデント。リゾネーターとシゲルコングで攻めたが、シゲルが逃げてしまって一杯に。

 

大阪杯は、よもやの平均遅めのペース。マルターズの大逃げに後ろは騙された感じ。終わってみればマカヒキとかアンビシャスが一番ハメられた。キタサンの位置で、GⅠとしたらかなりのスロー。こうなるとキタサンは楽。自力で動いて難なく突き離した。内容がどうこうではなく、折り合って意のままに動けるという、競走馬としての完成度の高さを見せつけた感。これで天皇賞の一騎討ちムードがさらに盛り上がる。

ステファノスは素晴らしいデキに見えたが、やはりGⅠでは勝てない馬。サトノクラウンは、馬場が乾き過ぎたのと、今は2000mでも短い感じ。

馬券はヤマカツエースが3着に届いてくれたおかげで、いろいろ取れた。これで傷がかなり塞がった。

|