本文へジャンプします。




« 怒り心頭再び | トップページ | 4月2日・日曜の競馬 »

2017年4月 5日 (水)

4月1日・土曜の競馬

今村復興大臣の失言問題は、自主避難した人たちに金を払い続けることの是非に話がすり替わっているけれど、自己責任論とは別に、ああいう答弁しかできない人間の政治家としてのレベルの低さの問題なんじゃなかろうか?それだけのことで騒ぐもんでもない。

そんなことよりも、復興税がどのように使われているか、以前一度問題になったことがあったが、そこをキチンと調査報道した方がいい。

 

あ、あと昨日(火曜)の藤浪酷いです。ヤクルトさん申し訳ない。今の藤浪は一軍で先発しては行けないレベル。オフにメッセンジャーや能見から「もっと走れ、練習しろ」と言われていたらしいが、この結果を見るとあまり効果がなかったかも。素質が超一流でも気性が悪くて大成しない馬は珍しくないけど、彼がそうならないことを願うのみ。野球にはブリンカーとかないからねえ・・・ましてや去(以下自粛)。

 

とか言いながら先週の競馬。土曜は午前中は傘が必要な程度には降ったが、そこからは曇天が続いた。寒さはソコソコ、12月中旬くらいの感じ。ただ雨予報が響いて、人はガラガラ。

 

阪神4R、和田騎手ゴール前やらかしてないですか?追うのをやめるのが早すぎて、3着に落ちたようにしか見えないが。パトロール見ても別に馬はヨレたりしてないし。あれで制裁なし、ですか・・・。回りのオッチャンたち「和田なんで止めるんだ」って怒ってた。昔は最後まで追う騎手という印象あったけど、近年たまに目にするこういうシーン。以前話したことあるけれど、本当に人間的に素晴らしいジョッキーなので、応援はしてます。

 

中山4R、午前の穴馬配信したワシントンレガシー、圧勝もまさかの人気でガッカリ。今はこういう馬が人気になってしまう。予想のレベルが上がり過ぎてオッズも辛い。結果別にして地方転入馬が売れることも多いし。密かな自慢だが3月25日阪神のキングジュエリーみたいな馬を見つけて馬券にしていかないと、なかなか生き残れない。

 

中山6R、史上初の父子4騎手同一レース騎乗。種牡馬としての木幡初広騎手の優秀さ。別に揶揄しているわけでなく本当に素晴らしいと思う。個人的には巧也騎手によく助けられてます。

 

ダービー卿は予想されていた以上にスローになり、前が残る。キャンベルジュニア切ったのでダメ。マイネルアウラート、よく伸びてきたけど2着までは届かず。一瞬3着かに見えたが4着だった。

 

阪神のアザレア賞、アドミラブル強い。シーキングザパールやダイワメジャー以来の、ノド手術の大成功例の1つになるかどうか。ただこの一族、体質の弱さや本番での勝負弱さが気になるけれど・・・・何とか無事に。次走は青葉賞の模様。権利は取れるでしょう。我がPOG愛馬トリコロールブルーも残念ながら京都新聞杯ではなくて次は青葉賞だそうだが、残りの1議席が取れるかどうか?ただアドミラブルにしてもトリコロールにしても、関西馬の青葉賞激走→ダービー不振の轍があるわけで・・・・権利とる前から言う話ではないですが。

 

この日、某ラジオでアナウンサーが、「この雨が花散らしの雨になるかも」と言っていたけど、桜がこの日はまだ5分も咲いていないのに、花散らしはないだろう、と。

 

あと、前にも一度書いたかもしれないが、競馬において「流れ込む」は位置取りをあまり変えずに同一のようなペースで走りゴールすること、「雪崩れ込む」は多数の馬が固まって一気にゴールへ殺到すること。これを混同している人が実に多い。流れ込むというべきところを雪崩れ込むと使っている。

 

誤用と言えば、「目配り」というべきところを「目配せ」と言っている人も多い。意味が近くもない言葉の混同で、聞いていて気持ちのいいものではない。

それにしても、エイプリルフールとか、嘘をついていい日とか、全く死語になった。見聞きした媒体では誰も触れず。私が子供の頃からひと昔前までは、4月1日といえば、という感じだったんだけど。個人的にはあろうがなくなろうが何の感慨もないですが。ただなくなったな、という話。

 

|