本文へジャンプします。




« 先週の競馬から | トップページ | あかん優勝してまう »

2017年5月 5日 (金)

先日来考えていたあれこれ(追記しました)

◆AIがプロ棋士に勝ったなんていうニュースより、14歳が16連勝したっていうニュースの方がワクワクするよね。

◆5月4日は帯広が最低気温7度、最高気温29度。持病がある人は本当にしんどいだろう。いったいどうなっておるのか。

NHKマイルCは枠順がまた難しさに拍車を掛けている。そして暑さが影響してくる馬もいるかもしれない。パドック見てから買える人はその方が良い。

◆今年もGWに入り、夏の新潟のホテル予約の時季となった。8月中ごろまで、定宿は会員以外は残室極少。会員予約で5週押さえる。1週だけ空きがなくて別ホテル。春の東京が始まるともうあっという間に夏競馬なのだ。

 

◆ビーチテニスという競技があって、普通のテニスの選手でも体幹を鍛えるために短期間に集中してプレイすることがある、という話を杉山愛がしていて、ふと思ったのが、ダート強い馬って体幹がしっかりした馬、ということかもと。ただ昔のような深いダートならともかく、今の中央のダートではそこまでのスペックは求められないか。

 

◆筋道がキレイに整って、見かけ理路整然とした予想に腐心すると、得てしてつまらない予想になりがち。相手に分からせることを優先して、独善的な見解をカットするからだが、これだと人気馬ばかりがまあ残る。大きな配当にはなかなか近付けない。反対に自分の中で理屈が通っていればいいというような、独断予想はポテンシャルが大きい。そもそも、筋道を第一とする考えは想像力を削る。

 

◆対応すべきクレームなのかどうか。前にも書いたがそれを見極めることがメディアや企業には求められている。簡単に謝るのは一番よくない。菊川怜の結婚にまつわる「祝・脱独身」と出した垂れ幕へのクレームなんて無視すればいい。こんなことにケチをつけてくるのはただのクレーマーだ。本人が結婚したがっていたのだから祝をつけてもいいし、脱をつけてもいいだろう。そもそもクレーム以前の、ツイッター叩きレベルの雑言だったのではないか?

ならば「子供は風の子、元気に外で遊びましょう」のような類のことも、病弱な子を抱えた家庭に配慮しないといけないとか言われて自粛しなければならない。「消費は美徳」という言葉も、生活保護を受けている人の神経を逆撫でするからダメなのか?

対応して改善、陳謝すべきクレームと、そうでないことを見極めるにも知性がいる。クレームを付ける側にも知性が必要だが、それを要求するのは悲しいかな無理だから、受ける側が毅然とした対応をするしかない。メディアが逆差別に加担してしまうような構造は危険である。

 

|