本文へジャンプします。




« 久々に落ち着いて | トップページ | 6月11日・日曜の競馬 »

2017年6月12日 (月)

6月10日・土曜の競馬

 競馬最強の法則 7月号が13日火曜に発売。今回は宝塚記念の展望に加え、武豊騎手をあらゆる角度から大特集。今さらユタカ、今だからユタカといった感じで、馬券だけに限らず、人間ユタカのエピソード、発言も掘り下げている。もう1つ、先月の付録「ジョッキー名鑑」の番外編で。今買うべき儲かる穴騎手11人という特集も必読。

 

 さて610日土曜。11時前に東京競馬場に到着、その頃はさほど気にならなかったが、お昼を境に直線向かいの強風が吹き荒れた。風に向かって進むのも難儀するレベル。競馬場でこれだけの風はあまり記憶にない。ラジオ日本の放送席の隣にある、ラジオNIKKEIの放送席の棚に積んであった、薄型のモニターテレビが風で倒れたのを初めて見た。こちらも机の上の資料が飛ばされないように、ペットボトルや置時計を乗せて防御。

また芝コースの上に、新聞紙やマークカード、ビニル袋が舞い落ちて、そのたびに馬場整備係の方々が右往左往しながら追い掛けていた光景を何度も目にした。本当に頭が下がる。

 午前中の芝は、後ろからでも届いたが、午後は直線の向かい風が強すぎて、4角である程度の位置にいないと勝ち負けにならない。例外は最終のナンヨーアミーコくらい。相当強いか??ダートも後方では砂が相当痛いはず。内に居ると外にも出せずひたすら砂を被り続けることになる。東京メインのアルタイルなどはそれで終わってしまった。

 

 さて自分の行状だが、到着してすぐにジントニック、昼飯はかすうどん。ラジオは7Rから9Rまでが担当。7Rは◎ピントゥリッキオが良い位置から伸び切れず。前が何か残ると思ったがダイワミランダが残るとは。8Rは◎バラダガールだったので、せっかくの穴馬推奨したマコトギンスバーグが2着になってくれたのに空振り。9Rは誰でも取れる簡単なレースで無難に。

 

 解説終えて下に降り、10Rはこれで3連単138倍ならよくついた。メインはせっかくゴールデンバローズを△の一番下に軽視して正解だったのに、アルタイルを信頼してしまって、▲○と入っての馬連万馬券を獲れず。どんなときでもタテ目は必要か・・・。12Rは△◎△で馬連と3連複。阪神は6Rと11Rは馬連を安いながらも引っ掛けて的中、89Rはハズレ。

 この日は予想TVの出演がなかったので、久々に東京競馬場から近い自宅へ直帰。身体は本当に楽だ。

|