本文へジャンプします。




« 5月27日・土曜の競馬 | トップページ | 雑記 (※追記あり) »

2017年6月 1日 (木)

いろいろ想像を超えたダービーデー

午前中の東京競馬場への客の流れは、さすがダービーデーと思わせるもの。しかし・・(後述)。

 

 さて、到着してすぐにフジビュー3Fの、ちょうど中央付近にあるドリンクスタンドでミントジュレップ。ダービーの日はやはりこれを飲まないと。

 場内で徹夜並び組だったという方から声をかけられる。並びながら深夜はリアルタイムで競馬予想TVを見て、さらにその後はタイムシフトでニコ生を見てくださったとのこと。感謝。

 

しかし私の馬券はこの日は(も?)本当にサッパリだった。東京5R、見送ったレースが的中してしまうという巡りあわせの悪さ。青嵐賞はソールインパクトを切ったので馬連しか取れず激安。むらさき賞はレッドルーファスから行ったのに、ショウナンマルシェまで手を回さないといかんのか・・・・。東大路Sも押さえの3連複が引っ掛かっただけ、安土城Sは12着ともハードルが高過ぎて跳べない。

 

今年は、私の見た限りではダービーの前にヘリがスタート地点を飛び回る事態はなかった。これは歓迎すべきこと。私がスタンドの中に引っ込んでいた時間は知らないが、ただスタート前はいなかった。しかしファンファーレ時の、あの汚らしいオイオイの合いの手は今年も響いてしまった。残念でならない。

 

レースについては前回書いたので省略。ふと気付いてみれば、今年の春の3歳GⅠ、ディープインパクト産駒の連対は皐月賞のアルアインだけ。3着以内に広げても、この日のアドミラブルが加わるのみ。これをどう考えるか?極めて大きなテーマなのかもしれない。

 

そして最終の目黒記念もハードルは高かった。フェイムゲームの復活は全く頭になかったが、突然ルメールが乗ってきたことを考えると、サンデーRCは勝負を懸けてきていたのだろう。

それにしても、終わったと思われたシャイニングレイに、ダービーのレイデオロと、魔の?ホープフルS勝ち馬が揃って勝利。とくにダービー馬を出したことは、JRAにとっては喜ばしいことなのだろう。個人的にホープフルGⅠ昇格否定論者の私には苦々しい事態。

さらに、毎年6月にパーティーを控えたキャロットは、去年は目黒記念のクリプトグラムで勝負、今年はダービーと安土城Sでアピールしてきた。その分勝負できる馬が居ない目黒記念はサンデーRC・・・。ダービー123着はすべてノーザンファーム生産。今さらながらダービーウィークの競馬は社台系グループの手のひらで転がされている感。

 

 そして、驚いたのは東京の入場&売り上げ。土曜の入場人員が前年比81.4%、しかし売り上げは103.4%となっていたのだが、なんとダービーデーは89%、売り上げ95.8%、ダービーに限れば94%とさらに大きなダウンとなったのだ。これはJRAは全く予期していなかったのではないか。

土曜は日曜の混戦へ向けての資金控えかと思ったら、むしろ売り上げは増えていた。入場だけが大きくダウン。そして日曜は、午前中こそかなりの勢いの人出に思えたが、売り上げと両方がかなりダウン。もちろん有力馬が多く、核が見えなくて馬券が買いにくかったということはあったのだろうが、それにしても今年が前年から6%分も下がるとは、私も露ほども考えなかった。入場人員が雨も降らないのに1割以上も落ちたのはさらに驚いた。

この理由が何らかの経済的な状況にあるのか、もちろんPR戦略の失敗もあるだろうし、もろもろの原因はしっかり検証すべき必要があるだろう。

|