本文へジャンプします。




« 小島茂之調教師の声 | トップページ | 福島競馬初日 »

2017年6月29日 (木)

雑記

◆今年のセリーグが終了した。去年も交流戦直後のカードで広島に3タテを喰らって転げ落ちていった阪神だが、今年はそれを上回る5連敗でトドメを差された。雨で流れた広島戦1試合もまず負けていた試合。3タテを喰らわせた中日は、交流戦前にチーム状態が良くなってきたと書いたが、まさに今セリーグで2番目に強いチームになってきた。

 このチームは不思議なことに、チーム全員が急に打てなくなるという悪い傾向がある。他所のチームは、個人個人での波があって、それが互い違いに続いて、打てない人もいれば打てる人もいるという感じで、チームとして一斉に落ちるということはあまり目にしないが、阪神はここ数年本当にその傾向が酷い。まあ去年の顔ぶれに糸井が加わっただけで、その糸井が馬脚を現してしまえば去年に戻るというのは至極当然なのだが・・・・。若手の底上げも何も出来ていない。春に一時期たりともときめいたのがアホくさくなる。

 

 外国人を呼んだところで、チームの本質的なかさ上げにはならない。スカウト方針から徹底的に見直し、コーチ陣の総入れ替えをオフに必ず行うこと。そうしないと暗黒時代がまた戻ってくる。練習方法も、広島のうわべの真似の筋トレばかりではダメということを痛感してほしいものだ。そしてベテランに頼り過ぎないこと。FA市場には手をなるべく出さないこと。噂される日ハムの中田を取ったら、さらに5年は遅れることになる。

 それにしても、阪神ファンで知られた小林麻央さん(子供の頃甲子園のそばに住んでいたそうだ)も天国でガッカリしているだろう、こんな試合ばかりでは。

 

◆あと、点を取れないから送りバントに縋って失敗するケースも嫌というほど見ているけれど、送りバントというものはするべきケースは決まっていて、点が取れないからと言って89番以外の打者にさせるのはどうなんだろうか。送ってワンアウトならまだしも、2アウトにしてまで送るのは、単にその後の打者に責任をおっ被せてるだけに思えるのだが。そのくせ二言目には「つなげる野球」とか「つなごうという意識」みたいなことを言う。普通に打って前が倒れたら「よし、俺が」となるのは分かるが、アウトと見返りに強制的に追い込まれた状況で打席に送られるのは、心理的にも技術的にも相手の方が絶対に有利だ。

 

◆テレ東の、池をかいぼる番組が面白かった。手抜き企画や杜撰さが横行している他局とは対照的。成功体験を追い掛けてリメイクを繰り返したりするのは自分で首を締めるようなもの。以前テレ東の幹部社員が雑誌でインタビューに答えていたが、採用方針を変えてから面白い企画が挙がってくることが増えたそうだ。

 

◆宝塚記念、売り上げは前年比94%も、頭数を考えたら健闘したと言える。結果はともかくキタサン中心で馬券は買い易かったはずだし。

 

◆書き忘れていたがムスコローソが今年のPOG勝ち馬第一号。マイルは微妙だがなんとか我慢してくれれば2歳一杯は楽しめそう。

 

◆都議会議員選挙は期日前投票。NHKの出口調査を初めて受けた。

 

 

|