本文へジャンプします。




« 書き残していたことその他 | トップページ | 7月9日・日曜の競馬+α »

2017年7月10日 (月)

7月8日・土曜の競馬

土曜の福島は前週とは一変した。午前11時に降り立った福島駅前の電光デジタル温度計はなんと37.2度の表示。

 

福島競馬場の人出も前週と一変してかなりの賑わい。前年比111%だったそうだ。その分、声を掛けていただくことも多かった。その内のお1人に、「今日はどの馬が一番勝てると思いますか」とシンプルながら難問を投げかけられ、逡巡した末に「福島最終のシベリウス」と答えておいた。結果オーライ。

 

昼は冷やし中華と串カツ。ラジオは10Rから。松島特別は○▲★でタテ目も推奨したのが奏功した。絞れたので意外と悪くない配当。11Rはオコレマルーナと心中して失敗、12Rはラジオではハシカミを抜けにしたので、シベリウス勝ったがハズレとなった。あの方はちゃんとハシカミも買っただろうか。

 

中京メインのショウナンライズは、確かにゴール前不利はあったが、パトロールを見返すと川田のアクションもいささか大袈裟?に見える。それよりも、見た目にあれだけ騎手が立ち上がったのだから、ファンのためにもすぐに審議ランプはつけるべき。中京にいたわけではないので現地でどういうアナウンスが流れたのか知らないが、新制度導入の時のガイダンスに従うなら、あれこそもしかしたら着順が入れ替わる可能性がある事例ではないかとファンが思うのは当然だろう。

結局小牧騎手が騎乗停止を科せられているのだから(合わせ技とはいえ)・・・・。あとでランプが点いた可能性はあるが、少なくともレースの中継で中京メインのレース後の映像が引き取られるまでは点いていなかった。裁決的にはひと目であれは入れ替わらない事例と判断できたのかもしれないが、それにせよ、あくまで来場者や購入者への誠意という点で、ランプくらいはすぐに点けるべきだと思う。

 

そんな話はともかくとして、中京6Rのエスポワールシチーとスマートファルコン産駒のワンツーというのは感慨深い。そして意外と、ストロングリターン産駒も頑張っている。福島の新馬戦では萩本欽一さんの馬が3着。おそらく1600mの方がいいだろう。

|