本文へジャンプします。




« 7月8日・土曜の競馬 | トップページ | 雑感 »

2017年7月11日 (火)

7月9日・日曜の競馬+α

DMMバヌーシー。ネーミングの意味が分かるまで数秒かかった。

個人的な意見はさておくとして、もともと裸業界の会社だったけれど、こちらはケツをまくることなくシッカリとした運営をして頑張って頂きたいものだ(座布団2枚!)。

これまでのクラブと違って、上の人がどれだけ競馬に対して知識というか、経験があるのか未知(もしかしたら凄く詳しいのかもしれないけれど)だと思うので、そうしたクラブが今後どう成長していくかは興味深い。

 

もう1つというか遥かに気になるのが、カジノ法案の引き換えとしての、かねてから警鐘を鳴らしてきているギャンブル抑制案。とうとうパチンコの1日の儲けに上限を設ける方向で固まったという報道。その上限が15万円なんだと。私はパチンコはやらないのでこれがどれくらいアホくさいのかの度合いが分からないけれど、もし競馬でこれをやられたら、関わった議員と所属政党をすべて選挙で落とすべく活動するわ(笑)。その前に毎日5万円勝ってみろと言われたらぐうの音も出ないのだが・・・。

 

9日の日曜は東京競馬場。やっぱり出ましたソンタク馬名。まあ面白いからいいですけど。それよりヒダルマは馬がかわいそう。普通は良い意味ではないからねえ。

 

馬券は前週の好調ぶりが嘘のようにサッパリ。七夕賞はだれでも取れる馬券を普通に取っただけで利益出ず。マイネルフロスト勝ち切っていればマシだったのだが、仕方ない。それにしても、今回シルクのチームプレー云々言われるけど、宝塚のキタサンブラックならぬキタサンブロックも結構なもんだった。まあどちらもテイエムオペラオーが勝った時の有馬記念でやられたイジメのような連携に比べれば可愛いものだが。別に非難しているわけでなく、競馬はただのスポーツではない以上、ある程度は当たり前のこと。あと、猛暑になると逃げ馬はそれでなくてもツラくなるし。バテ方に拍車が掛かってしまう。短距離はともかく、ある程度の距離があると暑さの中で後ろの馬より先に体温がヒートしてしまうので、生理的には控えた馬よりバテやすくなるのだそうだ。もちろんペースも関係するから、一概に不利とは言えないわけだが。

 

プロキオンSは狙ったアキトクレッセントが寄られて行けず、砂を被って終わってしまう。前有利の意識が騎手にも、予想する側(というか私にも)強すぎたか。人気馬があれだけ後ろ掛かりの顔ぶれ、むしろ裏の裏を行かないといけないのだけど、なかなかねえ。

 

 

|