本文へジャンプします。




« 12月23日・土曜の競馬 | トップページ | 競馬関係雑記 »

2017年12月25日 (月)

有馬記念に泣き、ギャラクシーで笑い、依存症対策に怒る

家族が、医師の診断書を添えてJRAに申告すれば、PAT購入を止めることができる規則が28日から適用されると突然の発表。なぜギャンブル対策で、何かと競馬ばかりが狙い撃ちされるのか?カジノ法案成立のために代わりに競馬の首を差し出す議員どもの道具にされていいのか?これまでなぜ公開されてこなかったのか?審議は尽くされたのか?この理屈でいくと、人をひき殺す恐れがあるから自動車の販売を制限するというのと同じことになると思うのだが。すべては自己責任であるはずだ。

 

日曜の競馬は有馬記念に尽きる。いわゆる大団円となって、最大公約数的にはベストの結果となったのだろう。ただ、帰宅してパトロールを見直すと、直線のスワーヴリチャードの斜行は酷い。サクラアンプルールは完全に逆噴射、シュヴァルグランも間違いなくあれがなければ2着。ただ今の裁決ルールは被害馬と加害馬の間に限るために、今回は降着事例とはならない(加害馬も複数となっているし)。ただ後味はかなり悪く、ミソをつけたことになる。

 

キタサンが逃げればこういうダラッとした流れになる可能性もあるとは思ったが・・・・。133132のところで何も動かずか。見方によっては土曜の大障害に感動面では劣るという気も。もう少し凄い攻防を見たかった。

同行者の中に有馬記念は必ず世相馬券を買うという人がいて、今年はパンダ馬券で白黒の枠連をまとめ買いしたとのこと。これが正解だったか(笑)。終わってみればシャンシャンと忖度の有馬記念、今年を反映してたということか?

 

それにしても、東スポ&競馬ラボのニコ生競馬をご覧になった皆さんには、クイーンズリングで仕留めた方も少なくなかったのではないか。東スポ舘林さん◎、大スポ松浪さんも上位3頭にプッシュ、共に調教の良さを力説しておられた。クイーンズリングもまたここが引退レース。

 

この日は競馬ラボの資金作りレースとして配信したグッドラックH的中くらいしかいいところがなく、敗色濃厚だったが、皆に有馬同様の勝負はギャラクシーSと宣言していた通り、ここに一発逆転を賭けた。狙いはブラゾンドゥリス。内でラチ沿いに詰まり、絶望かと思ったが、わずかな隙間を丹内が衝いてくれた!「たんない!たんない!!」と久々の絶叫、よくぞ3着ではなく2着まで上がってきてくれた!神は見捨てていなかった。運もあったし、またこの週に競馬予想TVがあったらおそらくこのレースを選んで、そうしたら内で締められて悶絶して終わっていたと思う。

 

これで終われれば気持ちよく年越しができるのだが、あと1日残っている。マスコミも厩舎関係者も、クラブ関係者もみんなで文句タラタラの28日開催、でもそこに競馬がある限りやるしかない。ただ28日開催のより、やはり有馬記念のテンションの上がり方、切なさのような風情は完全に喪失してしまった。冒頭のような依存規制をかけるなら、1228日開催や3日間開催の方をやめろよ。

 

そして、いつもなら日曜から土曜まで中5日かけてできる仕事を、今週は中3日でこなさないといけない上に、ウエブ系の年始分の原稿も取り掛かる必要がある。雑誌の年末進行は10日くらい前に終わっているが、競馬WEB系の年末進行は今週だ・・・。

なお今日(月曜)の東京スポーツ、おそらく火曜の昼くらいまでは売っていると思うので是非お読みいただきたい。たけしの今月の世相を斬るコーナー、そして柏木さん渡辺さん、さらに裏の記者の有馬記念回顧、すべてそのまま同意。

 

|