本文へジャンプします。




« セリーグペナント終了に寄せて | トップページ | 秀樹逝去、反則タックル、ギャンブル依存 »

2018年5月17日 (木)

5月13日・日曜の競馬

★現在店頭にある週刊競馬ブックの一筆啓上で、須田さんがカジノ解禁に伴う競馬への影響の予測を書いておられる。さすがの洞察で、ぜひお読みいただきたい。私もブログと連載で以前に書いたことがあるが、競馬サークル側のカジノへの危機感は薄すぎる気がする。

 

★後回しにしていた先週日曜。到着してすぐにまた内馬場の沖縄フェア、この日はタコライス。内馬場を屋台目指して歩いていると、優馬の佐藤直文さんに呼び止められた。佐藤さんは空のラーメン容器を手にしていて「沖縄そば食べてきたよ」。「ボクは昨日食べました」とすれ違う。それがどうしたという内容の50代男性同士の会話だが、メシ企画は年齢関係なく?気分が上がる。タコライスはとにかく美味かった。ホワイトホースのハイボールで満足。

 

★東京4Rは、唯一POG指名馬で未出走だったダンスメーカーが3着に健闘。初出走ながらよく頑張った。砂を被っても怯まず、上がり3F最速でよく伸びた。期間内の出走はこれで終わりだと思うが、初勝利は近そう。

 

★蛯名騎手が2500勝。ここ1年、また冴えた騎乗が目に付くようになってきた。記念インタビューで「この勝利を意識していましたか」という質問があったのだけれど(以下略)。

 

★青竜Sは私には意外な結果。グリムがここまで走るとは思わなかった。それはともかく、ゼンノロブロイ、ネオユニヴァースと、芝で成績が下降している種牡馬がダートで強い産駒を出す傾向に合致した例。

 

★東京では7R前から雨が降り出し、一時上がりかけたがすぐに本降り、そしてメインの頃は大雨となった。

京都メインで馬券的にとても悲しいことがあり、気分も落ちて迎えたヴィクトリアマイルは傘を差しても裾が濡れるほどの雨中での観戦。

 

直線は◎レッドアヴァンセ、声が出たねえ・・・。でもジュールポレールが先頭に出た時点で、馬券は最も厚く買ったレッドとリスグラシューのワイドしか目がなくなってしまったのだが、ここをなんとか死守できた。雨ならリスグラシューが相手筆頭と見ていたので、馬場が掴みづらい分3連系を軽くしてワイドに振ったのが奏功。

時計は1323と速かったが、雨がなけれは3178程度は出ていたはず。馬場の影響というより、あれだけの強い雨が馬の顔に当たることの影響、キックが滑ることの影響、呼吸への影響があったのは間違いない。それで323、どれだけの高速馬場なのかと。まあ下級条件で毎日王冠に近い時計、1600万でもJCのハイレベル並みの時計が出ていたわけだし。この日の1323は決して高速決着とは言えないだろう。

 

アエロリットは100%の競馬ができたが、GⅠとなると去年からの伸びしろがイマイチなのかもしれない。ソウルスターリングは馬具が増えていたはず。気性的に難しさがキツくなってきたのかもしれない。

なおジュールポレールは安田記念回避、アエロリットは安田記念へ続走するとのこと。

 

先週は故障する馬が目に付いた。入線後下馬のプラチナムバレットは大事に至らなかったようだが、競走中止のクワトロガッツ、サトノリュウガはかわいそうなことになってしまった。とくにクワトロガッツはスタンド前だっただけに・・・・。

 

 

|