本文へジャンプします。




« 空いた口が・・・の3題 | トップページ | 7月7日の競馬 »

2018年7月 8日 (日)

オジュウチョウサン問題?

オジュウチョウサンに沸いた土曜の福島についてはあとで書くが、それよりも勝ったことで今後のオジュウチョウサンについていろいろ騒がしいことになっているみたい。

 

 個人的には、有馬記念をめざそうが、今年だけor今後ずっと障害戦をやめようが、別に構わない。そこは自由でしょ。

有馬云々についても、クラシックと違って有馬記念というレースの性格や意義を考えると全然ありでしょう。ただ、順序は踏んでほしい気がするが。夏の新潟で内回り2400500万を勝ち、秋の中山で九十九里特別を勝ち、アルゼンチンを叩いて、ステイヤーズSで勝ち負け、くらいのことをしてからの方が、破天荒ぶりは際立つと思うけどねえ。

 釈然としない人たちの考えも分からないわけではないが、今回のことよりも、安田記念を巡る登録のゴタゴタとか、ダービーにおけるテーオーエナジーの方が問題としては根が深いと思うし、そっちを騒いでほしかったけど・・・。またこの2件にしても今回にしても、陣営を非難するのは間違いで、穴のあるルールの改善こそ指摘すべきでしょうね。どうしてもオジュウチョウサンが有馬記念へ出るのを嫌がるなら、来年以降の有馬記念の登録ルールの改正を叫ぶべき。

 

 あと、「みんなで有馬記念にはオジュウチョウサンに投票しよう」みたいな物言いは確かにキモチワルイ。みんなで何々しましょうみたいな物言いが個人的にダメなんだけど。サッカーワールドⅭで「全国民で日本代表を応援しましょう」と連呼していた日テレのアナウンサーと同種のものを感じる。

 

 とにもかくにも、1頭の障害馬がここまで話題を振りまくこと自体は異例で、今年後半の動向を楽しみたいものだ。ただ石神騎手の心情やいかに?


しかし、このレースでオジュウチュウサンに本命を打った人たちは、ある意味尊敬したい。平地未勝利、4年8ヶ月ぶりの平地出走で何を根拠にしたのだろうか。勝ったら面白いから本命にした、という理由なら納得できるが、ロジカルに本命を導いたのなら凄すぎる。血統からなら本命を打てると思うが、それでも私は敢えて無印にして、かなりの近似配合のグリントオブライトを本命にしたら消えてしまった(涙)

 

 最後に話題替わる。角居調教師について、「事故を起こさなかったのが幸い」と前に書いたのは、人身事故と書くべきだった。物損事故は起こしている。訂正。

 

|