本文へジャンプします。




2018年8月

« 2018年7月 | トップページ

2018年8月17日 (金)

雑記

◆布施博一氏の訃報。86歳。また昭和の文化を彩ったクリエイターがいなくなってしまった。中高生の頃楽しみに毎週見ていた熱中時代、西遊記など日本テレビのドラマ黄金期を支えた脚本家、「たけしくんハイ」をNHKで最初にドラマ化した時の脚本も担当、そして後年知ったことだが、小学校低学年の頃に楽しみだったテレビアニメ「男一匹ガキ大将」や「赤き血のイレブン」(両方ともメンコ持ってたなあ)の脚本も手掛けた。昔は、たとえば「ちびまる子ちゃん」にもワンシーン出てくるように(今日は向田邦子の脚本だぞ、という父ヒロシのセリフ)、脚本家で見るドラマを決めるというおつな習慣も、そう珍しくはなかったものだ。布施氏は間違いなくそんな時代のテレビ文化の担い手の1人だった。

 

◆警察消防が150人体制で足掛け3日探しても見つからなかった幼児を、たった1人の高齢のボランティアが(いくら「プロ」ボランティアとはいえ)、20分探しただけで見つけた。もちろん誰が見つけようが人命が救われただけで良しなのだが、このことが示唆することを警察はしっかりと検証しなければならない。捜査の常識が可能性の想定の妨げにはなっていなかったか。情報の共有は正確になされていたか。そして、経験や知識が二の次にされてはいないか。今回に限らず、すべての捜査現場で考慮されるべき問題を孕んでいると思う。

 

政府はサマータイムを真剣に検討しはじめたそうだが、インフラのシステム改修などに、少なく見積もっても1000億から1200億円かかるそうだ。

 

◆前にも少し書いたのだが、自分の脳内で妄想したことを、仮定や創造という前提をせずに、さも事実のようにとくとくと話する気持ち悪い奴って増えてきているような気がする。あとで調べれば、自分が語ったさも事実のようなことがまったくはずれていて恥をかくということを繰り返しても懲りない。ネットから情報を莫大に得て、それだけで脳内に自分の思考を構築してしまうことの弊害。

 

◆札幌記念をGⅠに昇格させるかというテーマでの記事を読んだ。武豊騎手や池江調教師が歓迎、JRAは慎重というコメント。ファンがどう考えているかは分からないが、日本の場合はGⅠイコール大レースという固定の認識があり、GⅠの中に大レースがあるという欧米(とくに顕著なのはアメリカ)とは事情が違うので、一部に「海外がこうなのだから云々」という理由で推進しようという声があることは理解しがたい。

個人的には、出走馬のレベル格差が大きい(年によってもそうだし、同じ年の中でも少数の勝負になる馬と、多数の無理筋の馬との差がデカイ)こと、昇格により看板馬の息抜きがなくなること、札幌開催を特別視することに正当性が見出せないことなどから、昇格させるには及ばないというか、夏場にGⅠをやる必要なしの立場。

|


2018年8月16日 (木)

8月12日・日曜

私は暑さで眠れないとか、食欲が落ちるとかいうタイプではなく、その点は通年同じ生活が送れるのは助かる。

 馬は夏場の方が絞りやすいというのは定説だが、騎手はといえば、ある現役の方に以前伺ったことがあるのだが、他の人はどうだか分からないがと前置きしながらも、夏だから楽とか冬になるとキツいということはないそうだ。騎手くらい、いつも体重や食事に気を遣って生活していると、季節がどうこうより、生まれもっての体質との極限での戦いなのだろう。

 あとは骨格も大きいと思う。デムーロとルメールは共に薄い私服でいるところを間近で見たことがあるが、ルメールの方がガッチリしていて骨が太そう。斤量調整も大変かもしれない。

 日本人の騎手は20数名くらい取材やら何やらで傍で見たことがあるけれど、骨が太そうと思った人は記憶にない。もっとも、鞍数を乗っている騎手は、概してそんなに苦労することもないようだ。イベントで何度もお目にかかっている戸崎騎手にしても、トレーニングの賜物か、51キロでこの夏も一般平場戦に平気で何鞍も乗っているし。

 

 さて12日の日曜の競馬。この日もPOG所有馬が小倉で出走。1Rのトウカイオラージュだが、前走で時計が平凡なのに失速気味の2着だったことを不安視していたら悪い予感が的中。今回も先行し、直線はいったん先頭も、差してきた2頭にアッサリ白旗。スピード不足のスプリンターという、困ったタイプになりそうだ。一度休ませて、坂路でしっかり乗り込んでスピードを強化した方がよさそう。

 

 この日の馬券は小倉で何とか。ただ酷い目を避けられたというだけで、儲け損なった感は強い。小倉9Rはウインミレーユがアロハリリーを逆転できると思わず、馬連と3連複のみの安さ。去年大勝した西武日刊スポーツ杯は、▲△◎で決まったが最後に◎ハトマークレディが3着に落ち、41倍の馬連が無くなってワイドと少し厚めの3連複だけになってしまう。

 

 エルムSは大方の予想通り、横山和騎手の重賞初制覇。◎ミツバは、酷いレースになってしまったが、まあ仕方ない。

 関屋記念は、51キロが大きく利してプリモシーン勝利。2着ワントゥワンのデムーロは中京記念の失敗を活かして?今回はスパッと切れさせた。中京記念に続いてこっちに◎だったか?〇で止めてしまった。

3着エイシンティンクルは一番苦しい競馬をしての粘り。兄エイシンヒカリとはタイプが違う。◎ショウナンアンセムだが、予想外に厳しくなった展開を先行して踏ん張れるだけの力はまだ無かった。

 なおチェッキーノは後日屈腱炎が判明し、16日に引退が発表された。

 

 夜はジャックドマロワ賞が行われた。日本馬回避にもかかわらず65000万売れたことには驚く。だいたい日曜の平場500万くらいの売り上げだ。13レース目としてはJRAとしては上々だろう。

 13レースといえば、新馬戦やダート下級条件、未勝利戦の出馬ラッシュのある開催に限って、113レース施行をやってもいい時期に来ているのではないだろうか。労働時間などの問題がクリアできれば、あながち無理ではないと思うのだが。

 

 ディアドラの札幌記念正式回避が報道される。理由はあまり納得できるものではない。まあ要するに騎手の都合優先という勘繰りをするしかないわけで。これに限らず、フィエールマンやグロンディオーズがぶっつけで菊花賞というのもほぼ決まりという報道も出ている。トライアルでの同一クラブ出走を避けるためとしか考えられず、クラブ内順位でいろいろ決められてしまうのだろう。馬にとってそれが本当にいいのかどうかは分からないが、好き嫌いで言うならこうした姿勢は嫌いである。アーモンドアイのぶっつけとは訳が違う。

 

 

|


2018年8月15日 (水)

8月11日・土曜

 11日土曜。競馬場に向かうタクシーの車内で、運転手から、自民党の新潟県連が、上越新幹線を新潟空港まで延ばす計画を推進しようとしているという話。タクシー業界には大打撃だし、また土地を供出しなければならない人たちからも大反対が起きているとのこと。ほとんど報道されていない(私が知らないだけ?)だけに、地元へ行かないと分からないニュースというのは結構あるんだろうな、と。

 

この日は朝から涼しい。午前11時くらいまでは薄い長袖でいいくらい。最高気温も30度を切ったようだ。

 

 小倉2R、POG指名馬オーシャンスケイプ圧勝。時計的には目立つものではないが、この時期に小柄な牝馬が牡馬相手に1800mを前付けで押し切ったことは楽しみ。

 

 新潟5Rの新馬戦には、話題のホウオウサーベルが出走。直線入り口までは反応が鈍く怪しかったが、手前をなかなか替えないところを見せつつ最後は能力で押し切った感。ただ試金石は次回だろう。

 

ラジオは7Rから。8番人気◎オペラカイジンが、3着馬とクビ差4着には参った。実馬券も大きなダメージ。8Rは誰でも取れるレースで(ミスティックグロウも今後楽しみ)、9Rは◎ロケットがやや無理な展開になって。よく踏ん張ったがラスト100で失速急。

その他の馬券も悲惨。小倉のメインは敢えて2着エポック頭の馬単しか買ってないし、新潟メインは◎エスティタートが馬込みでドン詰まり、追えないままの直線になってしまった。

 メイン後帰途、新潟駅で、これも毎年恒例の回転寿司「海鮮家」。ウマイ寿司で少し傷を癒す。

 

 帰りの新幹線、例の事件を受けて乗客に「緊急の際はSOSボタンを押すように」とアナウンスがあるのだが、他は知らず上越新幹線では、そのボタンがどこにあるのかには触れていない。SOSボタンの場所も周知させるべきではないか。

|


2018年8月13日 (月)

8月10日・金曜

 いやあ、それにしても今日(13日)の東京西部のゲリラ雷雨は凄まじかった。外用事を早いうちに済ませておいて本当に良かった。雷が心底苦手の自分にとって、これで外にいたら心神喪失レベル。

 

 アウォーディーの訃報は残念。そしてラッキーライラックが軽い脚部不安(球節)が出て、ローズSは使わない方向とのこと。休んでいるからと言って無事に夏場を乗り切れるとは限らない。加えてこの暑さ、関係者はことさらに神経を使う夏であることだろう。

 

10日・金曜の東京駅は帰省ラッシュで大変な混雑。この週だけは指定席を取っておいて正解。上から目線みたいだが、自由席に灼熱のホームで並んでいる家族連れの列を見たら、とにかく頑張ってとしか言えない。

 駅では、車中を気分よく過ごそうと、前夜の阪神勝利でデイリースポーツを探したら朝刊自体がどこにもない。それどころか競馬新聞まで品薄気味。馬三郎は残り1部だった。ダメもとでキオスクの店員に「デイリーありますか」と尋ねたら、「お盆時期は会社が休みでサラリーマンが買わないので、新聞関係は部数を絞るんです」との回答。「減らしても売れないので、今返品の作業をしたところだけど、1部でも売れてくれれば助かるから」と、一度しまい込んだ袋から抜き取って売ってくれた。

 

 新潟に4時頃ついたら、一転して涼しい。長袖でもいいくらい。夜はさらに気温が下がった。

 夕飯は、毎年1度は訪れる「鯛や」で鯛のおにぎり1つ。そしてサザエの壺焼き。キモの苦さがたまらない。のっぺは温かいものがあった。普通のっぺは冷たいというか、常温のものばかりだったので嬉しかった。去年はこの店にも温のっぺはなかった気がするが・・・。そしてメインは村上牛の炙り。とろける美味さ。

炭水化物を減らしたのは、このあとに去年行けなかった万代口から歩いて3分のところにある著名ラーメン店「石や嗟」(いやさ)で締めるため。シンプルに醤油ラーメン。みょうがをうっすら効かせているのがポイント。チャーシューも美味いし、麺の弾力も好み。

 新潟祭りの週はこれまで古町に泊まっていたが、今年は駅前に投宿。駅前だとあまり祭りムードはしないものだ。

 

 この日に見た夢は、なんと雪に阻まれて東京新聞杯の馬券がスタートまでに買えないかもしれない状況になり、慌てて走りまくっているというもの。結局締め切りに間に合わずにゲートが空いてから競馬場に到着、なぜかショウナンアエラが勝っていて、買っていたら当たったのにと地団駄踏んでいるという訳の分からない夢だった。

 

 くだらないことを書いていたら長くなったので、土曜以降のことは次回に。

 

|


2018年8月 9日 (木)

雑感

◆それにしても、今迷惑しているのは奈良県のアマボクサーと、カンロ株式会社だろうな。

 ただあのオッサンを、キャラで面白おかしく扱うメディアが出始めているのはマズイ気もする。そしてこのニュースよりももっと重要な、報道されるべきものがあるようにも思うのだが。

 

◆とある件の犯人を画像で見て、詐欺師というものは、外見がきちんとしていて、常にニコニコしていて、言葉遣いも丁寧ということを改めて確認。まあ人を信じさせてこその詐欺なわけで。ただ、しゃべり方については過度に丁寧すぎると却ってアヤシイものだ。そういえば、また先日実家に振り込め詐欺の電話があったようだ(苦笑)。

 

◆その実家の街に、先日の台風で避難勧告が出る。ずっとニュースのL字枠で表示されていていささか驚く。自分の通っていた小中高校はすべて避難所になっているという事態。

ただ、茂原市について危険かも?と思えるのは山沿いの地域くらいで、大半は土砂崩れについては心配ゼロの土地。河川の氾濫も、小さな川が溢れるかどうかで、川沿いの地域を除けば悪くても床下浸水程度だから、実家のあたりについては心配はしていなかった。むしろ、高潮やがけ崩れの恐れのある、海沿いの近隣の市町村にこそ早めに勧告を出すべきだったようにも思えたほどだ(出てない町がいくつかあった)。

 

◆キレる老人が多いということはよく記事になっていて、自分も将来そうならないようにしようとは耳にするたび思う。

ただ自分の場合は、怒ることはむしろ若い頃より減っているように思えるのだけど、嫌いな人が身の回り、著名人含めてどんどん増えていくのだ。確かに年齢を経ているのだから、その分「嫌いな人リスト」は上書きされることなく溜まっていくわけだ。ツイッターというのも、増加させている原因の1つになっているかもしれない。

|


2018年8月 8日 (水)

8月5日の競馬

 5日は東京競馬場。府中市の土日としては、おそらく今年1番の暑さだったのではないか。情緒も何もなく、ただ下品なまでに暑い日。

 

 新潟4Rはジェンティルドンナの全妹ドナアトラエンテが勝利。ずっと異例の新潟入厩で調整されていた馬で、1週目から記者の間では仕上がりや動向が話題になっていた馬。

 小倉5R、新馬戦のヴェロックス。スローなので時計は平凡だが、勝ち方がなかなかのもの。次走が本当の意味での試金石。

 この日は見送ったレースがハズレ、買ったレースの多くが何らかの当たりを出せるといういい巡り合わせ。新潟7Rの馬単、特に固めて買えた新潟9Rの23着のワイド、小倉の天草特別の馬連あたりが幸運。新潟10Rと12Rは痛恨。10Rは連闘のレッドラウダを押さえにしかせず、12Rはマイティーワークスが・・・。

 

 小倉記念は◎トリオンフと▲マウントゴールドのワイドで無難に。ただ心房細動を起こしてしまったストロングタイタン、そして下がってきたストロングに進路を塞がれてしまったサンマルティンがまともなら、果たしてマウントの3着があったかどうか。この辺も運だ。

 

 レパードSは、◎グレートタイムのローテが気にならないこともなかったので、▲グリムと〇アルクトスの馬連をフォローすれば万全と思っていたのだが、アルクトスが思ったほど走れなかった。そもそもヒラボクラターシュをノーマークの時点で終わっていたが、グレートタイムの疲労残りやドンフォルティスの位置取りなど、格上馬に危惧する材料があるなら、当たりはずれは別にして印を回すべきだった。枠も大外を引けたことだし・・・。

なおアドマイヤビクターはスタート後の大きな不利。ドンフォルティスはいつもの戦法では無理と出していったら味がなかった。

 

 馬券は買わなかったレースだが、札幌最終のミッキーチャームの逃げ切りはスケール感十分。

|


2018年8月 7日 (火)

8月3日、4日のこと

智辯和歌山高校、負けたのにこういうことを書くのもなんだけど、学校名を聞くだけでどうにも千鳥のサイコ漫才が浮かんできて笑ってしまう。


3日金曜は新潟へ移動。東京駅は、というより午後の上越新幹線が大混雑、自由席もあっという間に埋まる。何事かと思ったら、長岡の花火大会最終日へ東京から向かう人たちの混雑だった。長岡に停車する新幹線の本数を考えると、ある程度集中することは理解できるものの、毎年新潟移動している身からして、東京からのこの混雑はお盆でも記憶にない。たまたま花火の日程と移動日がぶつからなかっただけかもしれないが・・・。

 

 前にも書いたが、夕方になると新潟は涼しさを感じる。この日は古町に投宿。お目当ての古町酒房は何でもウマいし、店員さんの接客ぶりも文句なし。この日はヒラメ、スズキ、キスの白身刺し3点、揚げ出し夏野菜+越後鶏(これが激ウマ)、とうもろこしの天ぷら、スズキの藻塩焼き、お握り1つとビール。絶品。

 

 そして4日土曜。清水成駿さんの命日だ。

6時起床で予想原稿書き、9時にホテルを出て競馬場へ。朝兼昼飯は前週に決めていたえび千両ちらし。

競馬場上空は夏空が広がり、暑いが不快ではない。湿度がほどほど。風は直線軽い追い風。

 この日は2Rに直線競馬が組まれていたからか、開幕週ほどではないにしろ朝イチから客の出足が良い。ラチ沿いでド迫力の観戦。馬券は◎シャウエン3着で取れず。

 このレースは、毎年恒例の直線競馬年一でミルファームが占拠する鞍。今年は9頭出し。2着馬は非ミルファームで、1,3,4,5着。掲示板独占の野望?はならず。仕事前だが喉が渇き、ついハイボールフェスに誘われて一杯。

 

 6Rのウインスラーヴァ・藤田菜七子騎手の逃げ切りにはスタンドが沸いた。人気に陰りは見えない。

 ラジオ日本は7Rから。その7Rは◎チビノオリヴィアが沈んで、〇▲△。タテ目取らず。

 8Rは誰でも取れるレースで無難に的中。9Rは◎▲で、ヒシヴィクトリーがなぜか9番人気と意外な人気薄、これで馬単3490円は美味しかった。ロシュフォールに負けはないと強気のアタマ流し正解。想定以上に強かった。

 この日は予想TVがあるので駆け出しで新潟駅へ。発車6分前の新幹線に間に合う。新潟ではいつも使っている新聞が手に入らないので予想がどうもしづらい。6時頃に東京到着、お台場へ。深夜帰宅でそこから翌日分の原稿書き。起床が早いことと、ノンストップで動くことで(車内も仮眠とれるかどうか)、サマーシリーズ回はこの年になると体力的にキツイ。次は25日の予定。

 

 

|


2018年8月 3日 (金)

【オフ会のお知らせ】(事務局より)

事務局よりお知らせです。

8月26日(日)に会員限定でオフ会を行なうことになりました。
申し込み順に締め切らせて頂きます。

●資格
8月26日(日)時点で水上学と絶叫する会の会員であること

場所等の詳細は下記メールアドレス宛に

【オフ会案内希望】と書いてお送りください。

|


2018年8月 3日 (金)

雑記

★面の皮が厚いとはよく言ったもので、日大にしてもボクシングにしても、役者にしたいほどの悪代官顔が次々登場。顔面が肥厚している。私の周りの高齢者には、ああいう顔の人がいないところを見ると、年を取ったからなるというものではなく、権力を手にして鈍麻していった人の特徴なのかもしれない。

 

★東京医科大の問題はけしからんことは事実だが、東京医科大病院の医師たちは大半が良い先生方である。先日の女子医大病院の医療ミスの時もそうだったが、どこにも一部に腐った存在があって、それ以外の人たちは良心的に頑張っているのが現場だ。私は東京医大病院ではめまい外来や内科で世話になったが、共に検査の捌きと内容、詳しさと説明の姿勢は素晴らしいものだった。そこはハッキリさせておきたい。

 

女性受験者にそんな仕打ちをするのなら、最初から募集定員数に男女差をつけていれば何も問題はなかったと思う。私大はある程度意図的なものがあってもいいと個人的には思うのだが(女子大という存在がある以上、これは性差別でも何でもない)、一番いけないのは裏でゴマカシや騙し、区別ではなく差別をすること。また女子大の医大を増やすのも手だろう。

医療現場における、女医休業中の男性医師へのしわ寄せがいかないようにする知恵も出すべきだ。結構根は深い。

 

★学校の夏休みは延長よりむしろ前倒しが必要なのでは。都道府県に裁量は任せられているようだが・・・。

 

★人の勝手な見解をリツィートすることばかりで固めたツイッターはゴミだと思うが、有益な情報はシェアしていいだろう。たまにはリツィート的にリンクを張りたい。時間と興味があればご一読を。

 

慶応大学のサイトから、地震に対する貴重な見解

https://www.mita-hyoron.keio.ac.jp/features/2018/03-1.html

 

地震についてもう1つ、内陸地震と南海トラフの関係について、東京大学地震研

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180802-00176189-diamond-soci&p=1

 

勝手に尊敬してきた解剖学者養老孟司さんの、養老先生らしいコラム。若い方はぜひ

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06220731/?utm_source=yahoo&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&ui_medium=http&ui_source=yahoo&ui_campaign=link_back&all=1

 

学校の水筒持ち込み禁止問題について

http://news.livedoor.com/article/detail/15093851/

|


2018年8月 2日 (木)

7月29日・日曜の競馬

29日は東京競馬場。小倉の開催の有無は当日朝7時半まで発表がズレ込んだが、何とか開催できてよかった。この引っ張りは仕方ないだろう。

 

 小倉5R、新潟5Rの新馬戦馬単で息をつく。新潟6RにはPOG指名のヴァルドワーズが出走、まったく期待していなかったが、後方から直線よく伸びてきた。マイルまでは行けそうで、1勝は間違いなさそう。

 

 泣いたのは新潟7R、ワイドのドナプリモとエリープラネット勝負もエリーがハナ差4着。さらに苗場特別、これは1200mなら要らん!と自信を持ってアルーアキャロルを切ったのだから自分が悪いのだけど、クビ差3着のストロボフラシュが2着なら96倍の馬連が・・・。

 

 そしてクイーンSは◎トーセンビクトリー一旦してやったりかと思われたが、ラストでソウルスターリングを差せず。一度脚が止まりかけて差し返してきただけに惜しい。ソウルは実質、スローの逃げと同然で、コーナーも良いところを通りながら2着を確保できないのは厳しい。ディアドラは小回り強い。

 

 佐世保Sは上位評価3頭でほぼ決まり、アイビスは◎△▲でこれも無難に。最終は小倉と新潟を買ってハズレ。ああそういえば札幌10Rのポプラ特別も痛かった。何とか負けなかった程度の薄い勝ち。

 

 ルメールはモレイラへの対抗心がバチバチ?いつも以上に気迫を感じた。そのモレイラの特徴的な捌きは、昭和30年代後半の伝説の「伊藤竹男専用道路」(さすがにナマでは見てない。生まれてしばらくして引退している。映像では見たことあるけど)なのでは?当時の文章による伊藤騎手の4角捌きの表現を再現すると、おそらくモレイラのそれと極めて近いものになるように思える。

 

 

|


2018年8月 1日 (水)

7月28日の競馬

 週刊競馬ブックの表紙の字体、涼やかになったのは1週だけだった。がっかり。

 

 さて先週の競馬。今年も新潟出張がスタート。27日の金曜夕方に入る。東京は曇天だったがこちらは夏空、真夏の暑さ。しかし18時あたりは急に涼しくなるのがいかにも新潟。駅の万代口が変わっていたことに少し戸惑った。

 晩飯は恒例、1度は足を運ぶことにしている千代鮨。リーズナブルな値段ながらウマイ。

 

 土曜の朝のタクシーでは現地のラジオを聞くのが常。地方のラジオは喋り手のフリートーク部分の技術の拙さと、放送作家の詰めの甘さが逆に味になっている。この日は倒産寸前でよくネタになる銚子電鉄が、新しい売り上げ補充策としてマズイ棒なる菓子を販売したという話を紹介している番組を耳にしたが、なぜ前作の濡れせんべいのように銚子名産のしょうゆ関係ではなく、全く関係ない味、しかも本家うまい棒と同じポタージュ味にしたのかの説明が抜けてるし、それよりなにより「デザインを日野日出志さんという方が手掛けた」とサラッと流してしまっていたことに仰天。日野日出志(!!!)に依頼したことこそ大変なネタだと思うのだが。なぜあの蔵六の奇病の日野日出志?だがこの辺をスルーして淡々と原稿を消化し、「マズイというのは経営がマズイから」というこの1点だけを伝えて恙なく終了してしまったあたりに、これぞローカルラジオといった趣を感じた。(決してバカにしているのではない。大らかさがいいという話)

 

 競馬場に到着してまた驚いたのが、向正面にある有名なラブホ「US」の天井の上の看板が新装されていたこと。ある意味、日本で一番有名なラブホかもしれない。

 猛暑に粋な計らい、スタンド4角寄りでは無料のアイスキャンデー振る舞いをしていた。個人的に朝からアイスは避けて、まずは飯。

 朝兼昼飯は「新発田三新軒」の「いくらなんでも弁当」。言うことなしの質と量。来週は「えび千両ちらし」かな。

 11時の時点で日曜の重賞オッズを見たら、クイーンSでなんとツヅミモンが3番人気になっていて目を疑う。自分には買う要素が見つからないので・・・意外とオイシいレースになるのかもと思ったのが失敗につながる・・・。

 

 スタンドで5Rまで観戦。その5R、ミチビキという馬がゴール後にいきなりボロを大量にかましているのには驚いた。その後ラジオ日本の控室へ。

 

 高校野球の神奈川県大会決勝が雨で順延となり、ラジオ日本の担当は通常の時間帯。この新潟は7Rから9Rまでが担当。7R時点で放送実況席は35.2度!だが、湿気が福島よりかなり低い分、まだ凌げる感じ。

 

 小倉の新馬戦ではPOG指名のトウカイオラージュがデビュー。母トウカイミステリー。確勝と見ていたが、逃げてピッタリ張り付かれ、直線で一騎討ちも交わされて2着。3着馬は大きく引き離したので、こうしたマッチレースの常で好時計決着と思いきや、時計が平凡すぎる。うーん・・・・。次走の未勝利戦が心配だ。

 

 実況席の数メートル横には、BSNのイベントゲストに来ていたサンシャイン池崎の姿。テレビでは気付かなかったが、かなり大きくて驚いた。

 

 新潟7Rは誰でも当たるレースで無難に。8Rは期待したアルゴロオジエ、タンゴが共にバッタリ止まってしまい、△△△というハズレっぷり。1番人気ウーマッハがゲート直前に暑さで?鼻出血を起こし除外となってスタンドが沸いた9Rの直線競馬は、◎ブライトンピアが全く動かず。夏場も苦手な感じがした。

 

 なお1週目の新潟、芝もダートも時計の出方は去年の開幕週と全く同じだった。芝の草丈はかなり短め。

 出番の後はスタンドに降り、ビール片手にメインレースまで見て帰路に。競馬場から乗ったタクシーの運転手が、雨不足を嘆き、そして新潟のドライバーマナーの悪さを嘆いていた。あくまでその運転手氏の見解だが、新潟はむしろ女性ドライバーのマナーがなってないそうだ。

 

|


« 2018年7月 | トップページ