本文へジャンプします。




« 8月12日・日曜 | トップページ | 8月18日・土曜 »

2018年8月17日 (金)

雑記

◆布施博一氏の訃報。86歳。また昭和の文化を彩ったクリエイターがいなくなってしまった。中高生の頃楽しみに毎週見ていた熱中時代、西遊記など日本テレビのドラマ黄金期を支えた脚本家、「たけしくんハイ」をNHKで最初にドラマ化した時の脚本も担当、そして後年知ったことだが、小学校低学年の頃に楽しみだったテレビアニメ「男一匹ガキ大将」や「赤き血のイレブン」(両方ともメンコ持ってたなあ)の脚本も手掛けた。昔は、たとえば「ちびまる子ちゃん」にもワンシーン出てくるように(今日は向田邦子の脚本だぞ、という父ヒロシのセリフ)、脚本家で見るドラマを決めるというおつな習慣も、そう珍しくはなかったものだ。布施氏は間違いなくそんな時代のテレビ文化の担い手の1人だった。

 

◆警察消防が150人体制で足掛け3日探しても見つからなかった幼児を、たった1人の高齢のボランティアが(いくら「プロ」ボランティアとはいえ)、20分探しただけで見つけた。もちろん誰が見つけようが人命が救われただけで良しなのだが、このことが示唆することを警察はしっかりと検証しなければならない。捜査の常識が可能性の想定の妨げにはなっていなかったか。情報の共有は正確になされていたか。そして、経験や知識が二の次にされてはいないか。今回に限らず、すべての捜査現場で考慮されるべき問題を孕んでいると思う。

 

政府はサマータイムを真剣に検討しはじめたそうだが、インフラのシステム改修などに、少なく見積もっても1000億から1200億円かかるそうだ。

 

◆前にも少し書いたのだが、自分の脳内で妄想したことを、仮定や創造という前提をせずに、さも事実のようにとくとくと話する気持ち悪い奴って増えてきているような気がする。あとで調べれば、自分が語ったさも事実のようなことがまったくはずれていて恥をかくということを繰り返しても懲りない。ネットから情報を莫大に得て、それだけで脳内に自分の思考を構築してしまうことの弊害。

 

◆札幌記念をGⅠに昇格させるかというテーマでの記事を読んだ。武豊騎手や池江調教師が歓迎、JRAは慎重というコメント。ファンがどう考えているかは分からないが、日本の場合はGⅠイコール大レースという固定の認識があり、GⅠの中に大レースがあるという欧米(とくに顕著なのはアメリカ)とは事情が違うので、一部に「海外がこうなのだから云々」という理由で推進しようという声があることは理解しがたい。

個人的には、出走馬のレベル格差が大きい(年によってもそうだし、同じ年の中でも少数の勝負になる馬と、多数の無理筋の馬との差がデカイ)こと、昇格により看板馬の息抜きがなくなること、札幌開催を特別視することに正当性が見出せないことなどから、昇格させるには及ばないというか、夏場にGⅠをやる必要なしの立場。

|