本文へジャンプします。




« 12月1日・土曜の競馬 | トップページ

2018年12月 5日 (水)

12月2日・日曜の競馬

日曜は東京競馬場で観戦。阪神5R新馬戦のヒンドゥタイムズで、中谷騎手が大ケガから復帰後の初勝利。これは粋なバックアップだったと思う。

この日は裏の中山が最も健全な感じがしたので(笑)、馬券はこちらに集中。2Rのあからさまな通称「マイネルアタック」は★コスモアニモーソだけが3着でイマイチ。

7Rは配信もしていたが、◎ショウナンガナドル、△ニシノコトダマで決まってくれて馬連とワイド、3連複。このショウナンは自信がある方だった。あとで予想TVの狙い目をこれにすればよかったと後悔。

8Rは見え見えの連闘グッドヒューマー◎で配信。勝ってくれて安いながらも馬連。相手が押さえ程度の扱いだったのでわずかな儲けを出すのが精いっぱい。

 

悶絶は阪神6R。◎メイショウナリカクから心中したので、★ペプチドオリバー、▲オースミムテキ、△グッドヴィジョンで何も取れず。これは◎★1列目の3連複いかないと・・・。

 

中山9Rは、先月亡くなった桐谷茂オーナーの名義で走る最後の馬、ネコワシが勝った。こういう現実を超越したことが競馬には起きるから素晴らしい。

 

中山11Rは、ダイメイフジがゴール前で断然人気のモズスーパーフレアを差し切る。遊びで勝った馬単が当たって少し嬉しい。ダイメイフジは安土城Sでのモズアスコットといい今回といい、モズハンターを襲名?

 

そして迎えたチャンピオンズC。もしかしたらアンジュデジールが逃げるかも?とは前日の予想TVでも話題にはなったが、サンライズソアが最初から行く気なしとは想像できなかった。◎ウェスタールンドは離れたシンガリ、さすがに厳しいかと思ったら、4角手前から内をワープしたように伸びて前に取り付く。これも予想TVで夏目氏が指摘して話題となった、「中京ダートコーナー4つは最後インが空く」を藤岡佑介騎手も分かっていて狙い撃ちしたとのこと。あとは前の3頭を追うばかり、一旦挟まりかけた時は観念したが、フジオカの絶叫に応えて?割って出て2着。馬の強さと騎手の好判断が、自分に幸運をもたらしてくれた。それにしても良馬場ダートの1800mで上がり344は、ちょっと記憶にない。

 

ルヴァンスレーヴはただただ強い。今年の最優秀ダート馬だけでなく、最優秀3歳牡馬もこの馬であるべきだろう。JRA賞の投票が見ものだ。記者の見識が問われる。

 

 ケイティブレイブは、激走後の中3週でなんとプラス8キロで出てきて大敗。これまた予想TVで井内氏が指摘していたように、パターンを変えて軽い調教しかできないほど前走の反動が残ったということなのだろう。福永騎手は西日を気にしたとなかなかユニークなコメントをしているが、去年はもっと晴れていて、西日は今年よりキツかったと思われるのに健闘の4着となっているわけで、あくまで個人的には参考の参考程度に留めておきたい。

 

淋しかったのはこの日大挙して攻勢をかけてきたラフィアン・ビッグレッド軍団が、上位は賑わせたものの勝ち鞍を挙げられなかったこと。やはりマイネルの勝負服が人気馬を擁する社台グループに一太刀噛ませて暴れてくれないと、配当が面白くないと思うのは私だけだろうか。頑張ってほしいものだ。

 

◆最後はお知らせ。1219日水曜、渋谷ユーロライブにて、生うまトークサミット有馬記念スペシャルを開催します。

ゲストは佐々木主浩さん、川島明さん、大島麻衣さん、安藤勝己さん。私は大島さんと共に司会担当。なお追加ゲストはスケジュール合わずとなってしまいました。またの機会となります。さらに電話ゲストとして東スポ記者が追い切り速報を伝えてくれる予定。

 

チケットは現在発売中。eプラス→

 https://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002280311P0030001

までよろしくお願い致します。

 

|