本文へジャンプします。




« 12月22日・土曜の競馬 | トップページ | 雑感 »

2018年12月26日 (水)

12月23日・日曜の競馬

前回書き忘れたこと。競馬場で耳にして思わず笑ってしまった言葉。中山大障害レース直後、20代らしき男性3人組のうちの、アップトゥデイトから結構勝負したらしい人が「中山大損害になってしまった・・・・」。落馬したアップトゥデイトの裂傷(夏の復帰を目指すらしい)のケガに比べれば、君のケガは軽い。働けばすぐに何とかなるのだから・・・。

 

で、翌23日の日曜。1R前から東京競馬場。この日最終終了後パドックでTRF、MAX、HITOMIらのLIVEがあるということで、場内にはずっと彼らの曲が流れ続け、3回り目くらいにはぐるぐるしてきた(笑)。考えてみれば親分の小室哲哉は府中出身だから、その縁で送り込んだのかもしれない。

 

馬券は朝から惜敗続き。特に中山3Rで決まったと思ったレオンドーロとマイネルペンドラムのワイドがゴール直前で潰えてしまったのが痛い。

 

しかし午後に突如絶好の潮目に入る。配信した中山7Rは◎アラスカノオーロラ激走、自信レースで各所に送った8Rは◎マンカストラップ快勝。阪神9Rも△◎と入った。

反動で有馬記念10R以降は何も当たらずだったが、阪神最終のショコラブランには力が入った・・・・。有馬記念は前述のとおり。

 

先週は2人のサカイ、酒井学騎手が土曜に、坂井騎手は日曜によく頑張った。酒井学騎手は人気薄をガシガシ持ってきた。とくに摩耶Sのオルナを勝たせたのはスゴイ。なおこのレースは単勝万馬券馬が23着以内に入ってきた。今年はこんなケースは他にあったのか??

帰国して間もない坂井騎手の場合は、上位に食い込むことは多いもののなかなか勝ち切れない。これは、直線の坂への対応が少し戻り切っていない印象。しかしスタートも安定しているし、ポジション取りもソツがない。小回り平坦が楽しみ。

 

 これで年内の競馬が終わってくれれば万々歳なのだが、もう1日出島のようにあるわけで、笑ったまま年を越せるかどうかは28日に掛かってくる。仕事の方も、通常金曜日までに終わらせればいいことを木曜までに片付けないといけないので、なかなか大変だ。おまけに今日水曜は、はずせない私用で帰省もしてきたので、実質自分の場合は3日で5日分を仕上げないと。その割にはこうしてブログ書いているのだから、まあ大したことはないのだけど・・・。

 

 なお金曜はラジオの出番はありません。前日木曜は競馬予想TV。

|