本文へジャンプします。




« 雑記 | トップページ | 12月22日・土曜の競馬 »

2018年12月24日 (月)

有馬記念終わって

今年も無事に有馬記念終了。本命ミッキーロケット、直線は力が入ったが4着。それでも直線で声を出せて終われたことは、個人的には良かった。

 

 勝ったブラストワンピースは敢えて切ったので、馬連や3連単は直線半ばで夢と消えたのだが、最後まで絶叫したのはレイデオロとミッキーのワイドを結構奮発して持っていたから。しかしイベントでいつもお世話になっている佐々木さんのシュヴァルグランに差し込まれるという皮肉(苦笑)。

 タカモト的には、ゲストがミッチーの上に、当日が下町ロケット最終回だからミッチーロケットというのを聞いて気を良くしていたのだが(笑)。

 まじめな話をすれば、何か1頭外に壁を作れたらもう少し粘れたような気もするが、力は出せた。ある意味、一番強い競馬をしていたとも言える。できれば和田騎手で見たかった。

 

 外国人JのGⅠ連勝を止めたのは池添騎手。ミスターグランプリが平成最後の有馬記念を飾った。直線の短さと坂と跳びを嫌ったが、脱帽。

 シュヴァルグランは来年の現役続行へ向けて明るい。当面は春の天皇賞、秋はできたら北米遠征を目指すようだ。

 キセキの体力も大したものだ。この5着はよくやったと思うが、やはり基本は広いコース。そしてゴール前平坦が合うのだろう。かつての王道路線を歩んだ唯一の馬だったが、それを思うとひと昔前の馬のタフさを改めて思い知らされた形。


 オジュウチョウサンは大健闘だろう。今年の有馬記念の盛り上げはこの馬なくしてあり得なかった。吉良高校のようなステップで出走まで漕ぎつけた(ドカベン原理主義者なのでなんでもたとえがドカベンで申し訳ない)だけでも凄いことなのに、勝ち馬から1秒以内に入った体力と、ユタカの技術。

 レース後に長山オーナーが「武騎手にはもっと思い切って乗ってほしかった」と語って競馬場を後にしたという報道があったが、文字面だけ見ると強烈だけど、実際はどんなトーンで言ったか分からないので、これだけを取って非難はできないだろう。そもそも、本気でこんなことを言うことは常識的に考えてあり得ない。

 

 少しかわいそうだったのはモズカッチャンだった。本馬場入場の時に、オジュウチョウサンでいきなり大歓声が挙がって、そのすぐ後にいたために馬が制御利かなくなっていた。あれでかなり消耗してしまったはず。距離云々と鞍上は語っていたが、あの暴れ方ではそりゃスタミナはガタ落ちだったろう。パフォーマプロミスは負け過ぎ。終始馬が進んでいかなかった。調教はかなり良かったようだが、そこで終わっていたのかもしれない。

 

 改めて見返せばレース内容も良く、形はついたグランプリ。ただ来年はできるだけ使える陣営は使って、本当に夢の対決をみたいものだ。使う方の意識改革はたやすいことではないけれど。

|