本文へジャンプします。




« 2月17日の競馬 | トップページ | 2月23日の競馬 »

2019年2月22日 (金)

チラシの裏

★WEBニュースの酷さについて書いたら、さっそくフイフイとかいうタレントが蓮舫に事実誤認のままツイッターで絡んだ件についての杜撰な報道が飛び出した。結局タレント側の事実誤認のままに行った非難ツイートを、複数の新聞社のWEBニュースサイトがそのまま載せてしまい、後で一般からの事実誤認の指摘が出回ったら慌てて訂正するという始末。WEBニュースも5ちゃんねるも大して変わらん。そもそもテレビを見てその内容をニュース記事としてアップするという糞のようなことやってる時点で終わってる。あとは他人を非難誹謗する手段としてツイッターを使う炎上タレントも終わってる。

それ以上に終わってるのは野党。人の不幸や数分の遅刻を政争の具に使う頭のない議員しかいない。与党も同様。前にも書いたがこちらは心がない。

 

★高校野球の球数制限。確かに体のことを考えると必要かもしれないし、また公立校が声を挙げているように、部員数が少ない公立は大きな不利を受けるというのもまた気の毒だ。

だが、この件を最も解消できるのは、新聞社のメンツで春夏2回やってる甲子園を、1回だけにすること。できれば過酷な夏を止めて、春だけにするのがいいが、そうするとまた北国が不利かもしれないけど・・・・。そして毎日と朝日の共催にすればいいだけ。本当に生徒の肘や肩を心配するというのなら、新聞社の利権なんて捨ててみたらと言いたい。ただ個人的には、全て今まで通りがいいと考えている。

 

★オーナー側の、24時間コンビニオープンを縮小しようとする動きと、反対する本部。しかしこれ以上の、コンビニ業界のもっと厳しい現実は、民放では扱えない。大スポンサー様だからねえ。

 

★バカバイトについていろいろ言われているが、どこかで目にした分析記事で、ツイッターが広まって定着するまでの時代にも、同じようなバイトの羽目を外した投稿が相次いでいたそうだ(忘れてしまったが)。今回は主にインスタグラムでの投稿で、これが定着するころには下火になるのではないかという記事だった。

ただ企業側からしたらたまったものではない。そして真面目にバイトしたい人たちもたまったものではない。企業側が採用を手控え、その分を外国人労働力、近未来にはAIにする可能性も低くない。

 

★ふるさと納税の「ふるさと」というネーミングが、現状の違和感を助長している気がする。もう「地方自治体寄付金」とかいう堅苦しい名称にして、理念を変えれば品やギフト券で釣っても違和感は薄れる。ただ現状の上限はさらに下げるべきだろう。控除で本来その人が住んでいる自治体の税収が減少してしまう事態も増えているようだし。

 

★私の経歴や音楽趣向を知っている人から「ボヘミアンラプソディ」見たでしょ?とたまに言われるが、あまり興味がない。ライヴビデオやドキュメントフィルムならまだ見たいとは思うけれど、ミュージシャンについての虚実入り混じったストーリーには興味がないというのが正直なところ。

|