本文へジャンプします。




« 3月9日・土曜の競馬 | トップページ | 3月16日・土曜の競馬 »

2019年3月15日 (金)

3月10日・日曜の競馬

 今週末(1617日)、中京と阪神は金曜夜中から土曜未明で雨が上がり、土曜日中と日曜は問題なさそう。土曜は少し湿りは残るだろうが。

 中山は土曜の午前中が雨、午後から急速に回復の予報。芝は稍重、ダートは重あたりか?日曜は日中は問題なさそう。

 

 先週日曜は東京競馬場。阪神4RではこれもPОG馬マイエンフェルトが勝利。4頭出走して2勝、22回。

 阪神は完全に雨を想定していたので、かなり降り出しが遅れてやきもきさせられたが、メインのフィリーズレビューの時間帯は稍重。少し滑って、浅く泥が飛ぶくらい。同着勝ちノーワンは全く考えていなかったが、◎プールヴィルと▲ジュランビルで13着。予想TVはワイドで救われた。アウィルアウェイは出遅れなかったら行きたがっていた。キュールエサクラは出遅れが響いたが、直線の反応も今1つ。

 

予想TVでねらい目とした東風S、△を打つか迷ってヌケにしてしまったジョーストリクトリに勝たれてしまう。しかし◎アストラエンブレムと〇ダイワキャグニーのワイドでこれまた救われた。ただ馬連3連単の配信はどうにもならない。勝ち馬といい僅差4着の前年勝ち馬ミュゼエイリアンといい、いくら近走不振でも、過去に実績のあったコース、それもクセのあるコースでは復活が怖い。この日は何かに潜り込まれる予感もしたのでテレビではワイドに少し振ったのが正解、何とかプラスに。ワイドの効果も証明できた。

 

アネモネSのルガールカルムは、勝ち方が良い。本番でも印は回すかも。馬券的には12番人気スマイルスターが3着までに入ってくれればワイドが・・・。叫び届かず。人気の12頭消しは正解だったのだが・・・。

 

金鯱賞は、休み明けが多かったことと、馬場の影響でそろりとした印象。ダノンが押しきったのは大したものだが、内容は保留もの。それぞれ目標が先にある馬たちで、このレースだけで評価は上りも下がりもしないだろう。ダノンプレミアムはとにかく反動が出ないように。

 

同行氏はWIN5で悶絶。ジョーストリクトリもあったのに、金鯱賞のダノンだけがなかった。

 

周りのオッサンたちにも評判が高かったTVドラマ「3年A組(以下略)」、ラス前を見たら面白かったので、最終回のこの日も視聴。思ったより道徳的というか、正面から社会問題へ正論をぶちかましていたのは意外だったし、少し引くところもあったが、書きたいこと、言いたいことが最初にシッカリあって作った脚本ということで、とても分かりやすく筋も通っていた。言っていたことはもっともで、ネットチンピラというか、ネットストーカーというか、執拗にウオッチングしてアラを探し、真相をチェックもせず誹謗中傷を匿名で書き垂れるバカどもが駆逐されれば、もう少しマシな世の中になるのだろう。全く変わらないとは思うが。

|