本文へジャンプします。




« 6月22日・土曜の競馬 | トップページ | 雑記 »

2019年6月27日 (木)

6月23日・日曜以降の競馬

★キセキも凱旋門賞出走表明。今年はロジャーバローズと角居厩舎の2頭出しになりそう。結局クラブ馬が回避して、個人オーナー馬が参戦することになった。適性としては、何となくロジャーの方がありそうな気もする。

★京都競馬場大改修、というより新築というほど変わりそうだ。それにしても、2年半空けるのはさすがにブランク長すぎでは。部分部分の工事で凌いで、開催を止めるのはせめて馬場改修の1年くらいにできなかったのか。
行ったことがない場なので、改修の是非については何も言えない。コース形状まで変えてしまうのかどうかは分からないが、そこはいじらないでほしいものだ。
あとはこの機に乗じて天皇賞春の距離を縮めるなどという愚行を絶対にしないこと。

★23日の日曜は、亀谷氏主宰の水道橋の競馬サロンに招いてもらった。13時以降最終まで、とりとめのないことを2人でしゃべりながらのビジョン観戦。しゃべるだけでも最後は結構息が上がる。体力が落ちたことを痛感。
2人の予想がほぼ一致して、大本線的中となったのは東京10R。競馬ラボの資金作りレースとしても配信したのでひと安心。
パラダイスSは、ツーエムマイスターに割られてしまったが、なんとか〇ショウナンライズと▲キョウワゼノビアのワイドを取れた。
予想TVの狙い目にもしていた阪神10Rは、◎メイショウコゴミがどこにもない。せっかくイベントでも、爆弾馬配信でもハングリーベンを推しながら、番組は馬券で買った3連単だけなので何も取れず。〇ストロベリームーンが2着に来たのだから、ダービーもそうだったが、タテ目の馬連がなぜ買えぬ。

宝塚記念は、△リスグラシューを頑なに2着にしか置かなかったので、◎キセキ2着に粘ったが取れず。ただこれは悔いなし。
レース内容自体はかなり薄く、あくまで私にはだが、見るべきものはなかった。
阪神最終は空振り、東京最終はアポロビビが届けば・・・。
サロンの方は、亀谷氏の奮闘と来場者の皆さんのおかげで盛り上がった。感謝。

★帝王賞は結局◎〇の馬単1点を購入。安いが7倍ならオイシイ配当といえるだろう。宝塚記念よりずっと内容はあった。地方だとインティも楽には逃がしてもらえない。無印にして正解だった。

★競馬予想TV、7月は今シーズンラストの7月6日、そしておかげさまで運よくGⅠ部門はタイトルを取れたので、表彰式のある13日も連闘します。
ただ、ラジオ解説が午後後半担当となる開催なので、福島で最終レース後までスタンド放送席にいるため、新幹線が遅れたり、福島駅までの交通渋滞があると、程度によっては出番に間に合わなくなる可能性があるので、その場合は、番組アタマ欠けるかもしれないことは先に宣言しておきます(笑)。そうならないように福島駅を上がり32秒台くらいの勢いで走りますが・・・。

|