本文へジャンプします。




« 6月1日・土曜の競馬 | トップページ | 雑記 »

2019年6月 6日 (木)

6月2日・日曜の競馬

日曜は11時頃来場し、メガグルメフェス最終日で内馬場へ。この土日はアジアンフェス。ガパオライスに、京都から来ているゴールドエールというビールで大満足。
 この日の東京は前日より時計の掛かるレースが多かった。ダービー週みたいに土曜の後に水を撒いたかと思ったが、スローのレースもやたらと多かった印象で、馬場よりペースか。
 
 5Rの注目の新馬戦は、人気のアブソルティスモをサラミスが一蹴した。これは相当強そうだが、ただ本来は晩成というか、仕上がりに時間がかかる血統の馬を、この時期に仕上げて勝たせた反動が出ないことを祈るのみ。

 安田記念は、スタートの事故がなければ結果は全く違ったものになった可能性はあるが、競馬には付き物のことなので仕方ない。メジロマックィーンの天皇賞は自分の意志で内へ入っていった武豊騎手だが、今回は馬が飛んでしまったからこれまた仕方ない。たまたますぐ内に超有力馬が2頭いたことが大ごとになってしまった。被害馬もユタカも運が悪いのひとこと。ただ、他の事例と比べると、騎乗停止1日ではなく2日が妥当のように思うが。

アエロリットが戸崎騎手に乗り替わったことで、飛ばす感じではなく、タメる感じの緩い逃げでテンの3Fを入った。前週日曜の古馬500万マイルより0秒2遅い。先週のメルマガなどの展望にも書いたが、このゆったりテンが流れるペースが、スロー得意のインディチャンプにとっては大きかった。これで楽に良い位置が取れた。また馬体がムキムキになってひと段階レベルアップした感じ。むしろ「輸送で減るのが嫌だ」というコメントがあったし、少し太目に仕上げて輸送し増減なしは巧く運んだ調整だったのだろう。東京新聞杯の時も輸送ありつつ増減なしだった。

アエロリットは楽に振り切れるペースだったが、目標になってしまうのは脚質的にどうしようもない。少しずつ加速して、後続になし崩しに脚を使わせることには成功した。

アーモンドアイはアクシデントのためスタートで後手、かつ伸びにくい外を回し、前が楽なペースで、今となってはやや短いマイルで、おまけに後ろ脚に外傷を負いながらよく同タイムまで追い込んだ。言うまでもなく一番強い競馬。こればっかりは普通なら勝っていたと言っていい。秋は天皇賞直行のようだ。

グァンチャーレ4着にはビックリも、それだけ前有利の展開、イン有利の馬場だったということ。
◎サングレーザーは万全の競馬。直線でいったんは3番手に上がり、声が出たが、ラスト1Fで脚色が同じに。やはり今は2000m前後の馬なのだろう。一度マイルを使えていれば。
ダノンプレミアムについてはテンションもおかしかったし、やや伸びあがり気味に出て出遅れ気味のところにロジクライのボディアタックで万事休す。ゴール後下馬したが、ケガは見られなかったとの報道。メンタルとフィジカルの難しさが先に立つ馬になってしまったようだ。

それにしても、ここ3週はサブキャラが際立つGⅠとなった。安田記念は同じシルクRでもアーモンドアイではなくインディチャンプ、ダービーは同じ角居厩舎でもサートゥルナーリアではなくロジャーバローズ、オークスは桜花賞やフローラSではなく忘れな草とスイートピーS(少し苦しいこじつけだが)。

さて今週末、東京は金曜土曜に傘マーク、日曜も晴れ間は望めない予報。さしもの高速馬場も収まりそうだ。競馬予想TVは今週末と、22日の予定。もしそこまでで狙い目5位以内に入っていたら29日も出ることになる。

|