本文へジャンプします。




« 6月23日・日曜以降の競馬 | トップページ | 6月29日・土曜の競馬 »

2019年6月28日 (金)

雑記

★競馬関係の書き残したこと。日曜は函館でPОG指名馬レッドヴェイパーが辛勝。だが時計はかなりのもので、古馬1000万に手が届こうかというレベル。函館2歳Sが楽しみだ。

戸崎騎手が999勝で上半期を終えた。何とか主場開催の、しかも後半のレースで区切りを達成してもらいたかったが・・・。土曜福島の午前中、早々のレースでアッサリ決まりそうだが。

★台風の被害は関東では幸いにも小さめだったが、梅雨前線の影響で次々と雨雲が呼び込まれて、全国的に雨の週末となりそうだ。被害が拡大しないことを願うのみ。

★プロ野球自体は金曜から再開だが、阪神戦は土曜からとなる。中日2連戦から1日空いての横浜3連戦、このビジター5試合は阪神にとってはかなり重要とみている。最悪3勝2敗でいかないと先はない。
この長い交流戦休みの間、選手は適度な休養を取ったと思うが、ベンチもサインをまとめて変えるなどの工夫は当然しているだろう。そこをやらないのが阪神らしいともいえるが・・・。読売は今だけの勢い、どうせ広島がリーグ戦からまた息を吹き返すだろうし、止めるためにはそれくらいやらないと。

阪神の打撃はこのままモヤモヤとしたまま後半も続きそう。甲子園だとどうしても広さを意識して、本来本塁打タイプではない糸井大山がスタンドへ放り込もうと早く体を開いてしまう。糸井はまだしも経験の浅い大山は甲子園以外でもそれを引きずり、開きが早いままタイミングを狂わされる試合が続く。そこを直すための右打ちなのかもしれないが、とにかくやることが極端だ。
ナゴヤドームや札幌ドームでも、テラスやラグーンを検討しているというし、甲子園もなんとかしないと。とはいえ高校野球があるからまず無理なのは分かっているのだが。

◆アメトークの宮迫カットの神編集。自分としては急遽地獄の編集で睡眠を削ったスタッフの労苦を思う。もう時効だから書くが、30年近く前、自分もこの手の事故に巻き込まれたことがある。とある番組の、タレントではなく某代理店の社員がおこしたある事件を受けて、夜中の電話で突然起こされ、始発でスタジオへ入り編集でCM全カット、尺を延ばして完パケ作り直しの災難に遭遇したのだ。しかもその事件は結局露見せず。最終的にカット前のものがオンエアされるという無駄骨を折らされた。さらに、そんなことをさせられながら余分に製作費をもらえたわけでもないという、このとんでもないブラックぶり(笑)。番組制作会社なんて立場が弱いものだったからねえ(今は知らんが)。今は笑い話だが。

◆で、その吉本事件だが、結局立場の弱い芸人にすべておっ被せてしまう、世間もそこを叩くということへの気持ち悪さは拭えない。もちろん彼らにも非はあるが、それを言い出したらそもそもの吉本本体の体制や過去、さらに会場を貸した側、マスコミ、すべてがマズイということだろう。そこがやれないのなら、ここまで大事にする必要もないことなのに、と個人的には思うが。
そんなことより私が考えたのは、もし今NHKの朝ドラで「わろてんか」(吉本興業創業がテーマ)をやっていたとしたら、どんな対応を取ったのか、ということ。今はアニメだからまだしも、主人公が企業創業者系の場合は、そこが不祥事を起こした場合のリスクはあるよなあ。


|