本文へジャンプします。




« 7月20日・土曜の競馬 | トップページ | 金曜朝に書くことではないですが »

2019年7月25日 (木)

7月21日・日曜の競馬

 早くしないと週末が来てしまうので、日曜の競馬はあっさりと。

先週は母父マルゼンスキーとか、母父ランドといったレア物のブルードメアサイアーが見られた。
 また単騎で後ろをちぎるレースも目立った。個人的には2頭で後ろを離した場合はそれほど信用しないのだけど、1頭で離すのは能力の高さということが多いように思っている。

 中京記念。逃げ先行馬の力量が劣るレースでは、その直後のグループにいる馬が最も競馬をしやすいのだけど、まさにそんな感じ。◎ミエノサクシードは位置取りを考えると強い競馬はしているのだが、使える脚が短い欠点が出てしまった。スピードは長く使えるのだけど、トップに入っている時間が短いのがステイゴールドには多いのだが、この馬は典型例。あとは斤量だったか。まあ予想に悔いはない。
 函館2歳S、◎レッドヴェイパーは、スタートですべてが終わった。同じく出負けしたビアンフェに先に挽回したいスペースを取られたために、やむなく後方から直線だけの競馬。あれで5着は良い方だろう。ただメイチの仕上げで今後は厳しい。

 福島テレビOPは、やはり福島1800mのディープインパクトは走るという結果。馬連25倍なら御の字だ。函館7Rも▲◎で20倍は思った以上だったし、福島の午前中にも幸運が拾えて、夏競馬前半戦最終日はまずまずの成果。

関係ないことだが、広島の緒方監督が野間選手を平手打ちしたという「事件」。騒ぐ意味が分からない。学校の教師と生徒の関係の体罰、あるいはパワハラとはわけが違うのに、同じ次元で論じられていることは個人的には違和感。叩かれた方が納得しているのなら何の問題もない。

|