本文へジャンプします。




« 2月8,9日の競馬、その他 | トップページ | 【会員限定オフ会】のお知らせ »

2020年2月18日 (火)

2月15日・土曜の競馬

 15日の土曜。比較的暖かいが、東京競馬場の人出はスカスカ。後日、前年比161.3%と見て目を疑ったが、去年のクイーンC当日は雪のために順延されての月曜祝日開催だった。いくら休日といっても、当初と違う日に延びたのでは、もともと入っていた計画もあるだろうから行けなかった人の方が圧倒的に多かったことだろう。こういうケースの場合、公式発表の前年比はむしろ出すべきではないようにも思う。なお日曜もかなり少なく、雨の影響もあったと思うが、土日通じてとなると、やはり新型コロナウイルスの影響が出ているのではないだろうか。
 ラジオの控室でも、やはり話題はコロナウイルス問題と、東京五輪開催への懸念。それにしても、昔のスタジアムデザイン問題、シンボルマーク問題、そこから数年を経て例のマラソン問題に加えて今回の件と、呪われたような感じだ。あと5か月で終息するとは考えづらく、開催は拡大につながることは否めない。やるなら、そのリスクをどこまで軽減できるか、国民に納得させることができるかに関わってくるが。しかし誰も責任を取りたくない上に、何を決断するにも責任問題が浮上する日本では、思い切った改善案を迅速に実行することはまず難しいだろう。

 

 小倉5Rで藤田菜七子騎手が落馬、前方へ向けて突っ込んでいくような危険な落ち方、その後動いておらず、重症かと案じたが、会話が普通に出来ているという続報でひと安心。後刻、鎖骨骨折と判明。それにしてもこのところ、騎手のケガがまた増えてきたような。ただ今回の落馬は自損事故みたいなもの。いささか強引に割ろうとして前の馬に触れてしまった。勢いに乗ってきた若い騎手には珍しくない事故ではあるのだが・・・。

 

 京都6Rの新馬戦を勝ったヴァルキュリアは相当強い。これは楽しみなダート馬だが、距離には壁がありそうだ。

 

 ラジオ解説は東京7Rから9Rまで。いやあ、力入ったのは7Rの◎カンパーニャ。10番人気40倍、キタ!と思ったのだが・・・直線入って2回前が塞がり、外へ外へと切り替えての伸び、まともなら突き抜けていたはず・・。勝ち馬と同タイム4着は痛すぎる・・・。
8R、9Rは単なる前残りの行ったもの勝ちの競馬。特に見るべきものはなかった。

 

 解説終わって下へ降りる。東京10Rの◎シトラスノートももう少しの5着。せめて3着を・・・。

 

 クイーンCは◎マジックキャッスルがなんとか2着に届いてくれて、安い馬連だけが救い。3着馬は買えない。それにしても、伸びない外へ出してしかもフォーリーだし、届かないと観念してしまった。ホウオウピースフル低評価、危険馬サインがギラギラしていたルナシオンは仕方なしに△の最後に回したくらいでこのあたりは正解の判断だったのだけど、セイウンヴィーナスか。
 勝ったミヤマザクラとマジックキャッスルは共に桜花賞へ直行のようだが、本番ではマジックの方が期待は持てるとみる。

 

 お台場で競馬予想TV収録、てっぺん前に帰宅。ここでも話題は新型コロナウイルス。夏目氏によれば、次開催の香港競馬は無観客で行われるそうだ。


 とここまで書いた所で、高市調教師の訃報。騎手としては私が高校に入ったころのデビューで、初騎乗初勝利を飾ったものの、その後は年に1~3勝という不遇の現役生活だった。調教師になってからは、個人的には馬券でも助けてくれたミヤギロドリゴの福島記念。そしてもちろんファストフレンドやビーマイナカヤマが思い出される。最後にシングンマイケルを送り出してくれた。地味ではあったが、記憶には残る厩舎であった。

 

|