本文へジャンプします。




« 衝撃、不安、憤り | トップページ | 追悼 »

2020年3月29日 (日)

日曜中山3R以降中止&28日土曜の競馬

日曜中山は、雪のため3R以降打ち切りで、火曜に再投票を行い続行競馬として開催することに決定。月曜を除雪作業に充てるということだろう。馬もトレセンから動いていたので、なおさら月曜にそのままの開催は不可能ということ。

ただ、これについては以前同様のケースで私が連載に書いたように、午前〇時(個人的には早朝5時リミットでいいと思うが)段階で開催の可否が付かない場合は、その後の天候に関係なく中止という、明確なガイドラインを作った方がいいと思う。今回は観客がいないし店も空けてないから、外部への混乱は小さくて済んだが・・・。

3月28日土曜は、9時半頃に家を出て中山へ。最寄りの駅から電車に座れることはまずないのだが、この日は座れた。新宿駅はそこそこ混んでいたものの、車内やホームを見るに、全体的にはいつもの土曜の4割減くらいの人出。
 中山競馬場へ行く途中でよく寄る某所の蕎麦屋、この日も入ってみたが、いつもいるバイトがおらず、また明らかに蕎麦の質を下げ、かき揚げの具も減っていた。しかし怒る気は全くおきない。それでなくとも収入が減っていた上に、週末の外出自粛を見込んで仕入れを押さえたのだろう。仕方ない。第3次産業はどこも苦しいのだ。

 この日から、レース後のコメント取材は行える会社数に制限が設けられた。代表3社のみ聞き取り取材して、そのコメントを他社と共有することになったようだ。極力、騎手調教師と外部の接触を減らすための方策。

 自分は先日、ここで「ダービー週から再開できたらいい」とか書いたが、随所で聞かれる記者たちの観測はもっと悲観的だ。秋から行けるかどうかという声もある。ともあれ何があっても異例のこととし、自分がすでに持っている物差しから外れるからと言ってジタバタせず、粛々と目の前の事態に対応していくしかない。

 ツイッターにも書いたが、午前中は無風で穏やか、暖かめであったのに、6R前から急に空が暗くなり、強い北風が吹き荒れてドンドン気温が下がった。7Rからの解説で、ゴンドラはまともに風を受けて厳しい寒さに震えあがる。楽屋にあった、ラジオ日本スタッフが箱根駅伝の中継で着こむブルゾンを借りて何とか凌いだ。コロナがどうこう以前に風邪やインフルがヤバイ。
この日からは7Rから9Rの担当。危ない人気馬の指摘はできたものの、7,8Rで本命が飛び、9Rは本命が勝ってヒモが抜けた。
個人的な馬券は配信した中京メインだけのヒットで終わる。

日経賞は、◎サンアップルトンが健闘も4着。もう少し前の位置取りだったら、馬券圏はあったと思う。一層力をつければ年末には面白い馬になっているかも。エタリオウは厳しい。ミッキースワローは少し距離が厳しいかと思ったが、GⅡハンターとしての地位を完全に固めた。
毎日杯は、サトノインプレッサ1頭が強かった。次走はどこへ行くのだろうか?皐月賞でも侮れないかもしれない。
11R終了まで控室で観戦し帰宅。すぐに入浴して温まったところ、幸い、体調に変化はなかった。

|