本文へジャンプします。




« 1月16日・土曜の続き | トップページ | 1月23日・土曜の競馬 »

2021年1月21日 (木)

1月17日・日曜の競馬

 日曜の競馬。
まず驚いたのは、土曜に夏の開幕並みの高速時計を連発した小倉芝1200mが、一転して例年並みになっていたこと。数字見て驚いて映像見直したら、スタートからの向かい風が相当強い。これの影響と考えて間違いないだろう。風が収まれば、また高速に戻るのか・・・と思ったが、どうやら今週末は全国的に天気が悪そうだ。

 中山2Rは、ダート替わり2走目となるフミチャンが出走。実はこの馬、前にも書いたかもしれないが、ジョブックコメンと似た経緯で私が少し関わらせてもらった馬だ。無事に勝ち切ってくれて安堵。1つでも勝ってくれれば、今後余裕が持てる。兄姉を考えると、芝へ戻してみるのもあり。

 しかし中山も小倉も当たらない。小倉なんて土曜の影響で振り回しまくったら堅めのレースが続き、3連複では儲からない配当を2つ取っただけ。プレミアムは中京の雅Sとしたが、タイガーインディが出負け、柴山騎手がうまく外へ出して砂を被らないようにカバーし、好位を取ってくれて、直線入り口では差せるかも?と一瞬思ったが、馬がイヤイヤをし始めてヨレて万事休す。

 日経新春杯は、前日のラジオ日本で見解を求められた時に、「人気どころならアドマイヤビルゴ、狙って妙味はショウリュウイクゾ」とコメントしていた。そのショウリュウが力強く抜け出してくれたのに、ミスマンマミーアには手も足も出ない。アドマイヤビルゴは、外から捲るように動いている時に勝ち負けしていることを考えると、今回のように内へ入って外から被せられると力を出せないタイプなのだろうか。

 京成杯は前半ドスロー、後半5Fは急激に要速度力持続の競馬。スタミナと位置取りが結果を分けた。前半から流れる競馬や、瞬発力競馬となりがちなクラシックにどうつながるかは微妙だが、皐月賞が今のままの時計が掛かる馬場で施行されるなら、グラティアスは引き続き要注意か。問題は今後の乗り役が誰になるか。ルメールはオーソクレースなんでしょ?
レース全体としてはちょっとペースが特殊で、時計からの判断は保留となるサンプルとみる。

 そのルメールは、中山最終で15年ぶりにミルファームの馬に騎乗。それだけジェニパーベリーは勝ちに来たということだ。トップ引きというより、ペースメーカーとして同馬主で、そして前走までのジェニパーベリーのパートナーだった嶋田騎手のアーヒラを使って露払いし、スムーズに流れに乗せたが、直線は思わぬ大接戦となった。クビ差抑えたことで、ルメールや厩舎、オーナーだけでなく嶋田騎手もホッとしたことだろう。それにしても、勝ち馬から0秒1差の6着にアーヒラを粘らせた嶋田騎手の手綱も称賛に値すると思う。

 自分の反省としては、とにかく土曜も日曜も、展開がまるで読めなかったことが痛かった。前に行く顔ぶれが少ないレースが速めの流れとなり、その逆が意外と落ち着いてしまう。よくあることなのだけど、短距離戦はこれに強風の向きが相まって、本当に難しかった(自分には、だけど)。繰り返しになるが今週末は全国的に雨予報。芝では、使い込んでる中山、中京において、雨の降り方が大きく結果を左右しそうだ。

 最後に今週末の媒体関係。
◆ラジオ日本は引き続き土曜の14時半から最終終了までです。
◆競馬予想TV出ます。
◆YouTubeチャンネルは、狙うべきコース別種牡馬リストの中京篇です。おそらく金曜夕方にアップ。すでに出ている中山篇と並びよろしくお願い致します。

 

|