本文へジャンプします。




« 1月10,11日の競馬 | トップページ | クロフネのこと&1月16日の競馬前半 »

2021年1月14日 (木)

秀和システムよりお知らせ

私も畏敬している馬券師、真田理さんの新刊が発売されます。

以下、秀和システムよりお知らせです。

 『馬券億り人のコース戦略!』
著 真田 理 秀和システム刊 定価:本体1800円+税
発売 1月14日

競馬を少しカジっていれば「中山千六の内枠有利・外枠不利」の競馬格言はご存知だと思います。しかし中山芝千六は攻略が難しいコースとしても知られています。なぜ「内枠有利・外枠不利」が顕著なのに攻略が難しいのか? 

それはデータが顕著すぎるがゆえに内枠が過剰人気になりやすいからです。例えば2015年の中山千六の1枠の単勝回収率はわずか16%。16年や17年も50%台。データを重視するプロは手を出せない数字です。
しかし並のプロが敬遠するようなコースだからこそ、戦い方によってはドル箱になります。過去2年のチーム真田の中山千六の本命馬回収率は単勝が170%、複勝が148%ありました。
 どうすれば中山千六で儲けることができるのか。それは……(以上中山芝1600m編より)

1億超え【WIN5】2本的中、3億稼ぐも追徴課税で1億2000万円払った男・真田理。そのギャンブラー人生については、昨年秋刊行の初著書『馬券億り人』と、連載中の月刊誌「競馬の天才!」に詳しいが、今回は実際の真田の馬券術をクローズアップ。チーム真田独自の「走法診断」と「コース分析」から浮かび上がる穴馬とは!? リアルに馬券で戦う男が贈る、千金のコース戦略ガイド!!今年の推奨馬リストも掲載。

|