本文へジャンプします。




« 3月28日・日曜の競馬 | トップページ | 4月3日・土曜の競馬 »

2021年4月 6日 (火)

まず大阪杯回顧

 時系列は逆になるけれど、まずは大阪杯から。
 ハッキリ言って、レイパパレがこんなに強い勝ち方をするとは想像できなかった。無敗と言っても、ここまでに戦ってきた相手関係とパフォーマンス内容を見れば、今回勝つのはとても無理だと思っていた。それもただのGⅠ馬でなく無敗三冠のコントレイルと、目下無双のグランアレグリア相手に圧勝とは・・・。間に割って入るならまだしも。

クロノジェネシスの宝塚記念の場合は、そこに至るまでの内容からある程度推測はできたし、宝塚での相手もそれほどでもなく、そこへもって雨でまさに鬼に金棒という感じだった。しかし繰り返すが今回のレイパパレには相手のハードルが高すぎたし、無敗ということで過剰に穴人気しているのもイヤだった。また父ディープ×クロフネも、好みの問題だがあまりいいとは思えなかった。何より兄や近親をみれば、天井が意外と低いと判断してしまうのは、言い訳になるが今見直しても仕方ないところ。個人的に好みの在来牝系ではあるのだが・・・。これはもうすべてに脱帽するしかない。

 レイパパレの能力を見抜けなかったからくさすわけではないが、良馬場だったらどうなのか、勝ったにしてもここまでの差は開かなかっただろう。あとは、コントレイルとグランアレグリアが互いにバチバチの走りをした分で、漁夫の利があった面も否めない。

さらに推測だが、川田騎手の頭脳が最大の勝因ではなかったか。ヒントはおそらく同舞台の9R、明石特別の小牧騎手の手綱とみる。このレースに騎乗の無かった川田騎手が、モニターを凝視していたであろうことは想像に難くない。それでなくとも、距離に自信を持ち切れないグランアレグリアや、これをマークしているであろうコントレイルが早めに仕掛けられないことは当然考えていたはずで、ならば主張してハナを取り切ってしまえば、あとはこの馬場とコースならレースを運びやすいと確信していたのではないか。やや出負けはしたが、そこからのリカヴァーにハナを取る強い意志が見えた。とにかく9Rのニホンピロスクーロと、程度の差こそあれレース運びはそっくりだった。

なお、小さい体なのに道悪をこなせた云々の見解を散見したが、道悪でタフな馬場を小さい馬だから苦にするという考えは短絡的。昭和では(苦笑)、道悪と言えば小さな馬の出番でもあったのだ。ノメるような馬場なら、むしろ重心保持などの上で、小さい方が体を上手く使える可能性だってある。

モズベッロは、宝塚記念を彷彿とさせる馬場で復活。大怪我からようやく戻った。パドックを見た時に、これは今日は走るなと確信できるほどの気合、張り。凄みすらあった。

サリオスは、ツイートしたようにパドックでの判断が、ラジオやテレビの解説者のコメントを比較すると割れていて興味深かった。私には太いというか、緩いように映った。おそらく道悪には自信があったとみるし、内を突いたのは間違いではない。粘れなかったのはコンディションとみる。極端な言い方をすれば、もしかしたら今回は安田記念の叩きだった可能性すらある。秋はぜひ毎日王冠から天皇賞へと進んでほしい。

コントレイルの馬体増には、太目は感じなかったが、ただ陣営の稽古の過程をみると、絞りたいという意図があったことは明白。何かがあったのか分からないが…。体重云々ではなく、少なくとも、究極の仕上げが出来たようには見えなかった。あと、道悪の能力減殺の度合いが最も大きかったのは、有力どころではこの馬だったと思う。皐月賞の馬場とはレベルが違った。

グランアレグリアは、馬場による減殺度合いはコントレイルよりは小さかった。コーナー4つも問題なし、騎手の意のままに動けたし、距離も全く問題なかった。ただ、初の2000mがこの相手でこの馬場だったというのは、いささかキツかったとは言える。これがGⅡや、軽いメンバーのGⅠだったら、普通に勝っていただろう。今回の経験はとても大きかったはずで、サリオス同様ぜひとも秋は予定通り天皇賞に進んでほしい。

個人的には、レイパパレの真価は次走こそだと思うし、コントレイル、グランアレグリア、サリオス、それぞれ課題は見えたものの、大きな傷はつかない負け方だったと思う。何度も見直したいレースではあった。

|