本文へジャンプします。




« 5月8日・土曜の競馬 | トップページ | 5月15日・土曜の競馬 »

2021年5月13日 (木)

5月9日・日曜の競馬

 単行本を一応書き上げたところで、危惧していた通りページ数がちょっとショート。書き足しに追われている。なんとか月曜までにはあげないと。
 そんな状況でありながら、必要に迫られジーパンを数年ぶりで買いに行った。穴が空いてしまい仕方なく。滅多に買わないだけに、この年になると、人生であと何回ジーパンを買うのかと考えたりする(笑)。

 先週日曜。新潟6Rのボンディングタイムは記録が残っている中では最大の66キロ増。前半2番手も、ズルズル下がって13秒5負けの大タイムオーバー。
 
 東京8Rは2年3ヶ月ぶりのサトノジェネシスが驚きの走り。PОGで1位指名した馬で、ゆりかもめ賞の勝ち方を見て心が躍ったものだが、その後もやもやと休養に入ってしまった。当初は繋靭帯炎という情報が飛び交っていたが、どうやら屈腱炎だったそうだ。それだけにこの高速馬場で、重賞並みの時計で勝ってしまったことは少し心配。反動が出なければ、秋には天皇賞も楽しみになるほどの能力だ。無事と仮定すれば、夏は新潟記念を目標とする歩みで、そこを勝って天皇賞へ進んでほしいものだが・・・。

 新潟大賞典は◎ポタジェが2着。何度も苦しくなりながらも前に食い下がって、最後の最後で2着に上がった。大した根性。△サンレイポケットが内目の空いたところを突いて差し切り。馬連はなんとか11倍。

 NHKマイルCは、◎グレナディアガーズの発汗が目立った。ゲートが開いてからも前進気勢が強すぎて、仕方なしに闘争心を削ぐために外へ出した感じ。前半かなり速い流れの中で、位置が上がってしまった。直線後半で、外を回したロスで脚が上がり、この3着は仕方ない。
 高速対応を危惧して無印にしたシュネルマイスターに勝たれてはどうしようもない。ハイペースで力勝負になった。△ソングラインは桜花賞が無事に走れていればどうだったかという強さ。最後に来て苦しくなりモタレ気味に。ただ、左回りの方が弾けるのかもしれない。
 穴で期待した★リッケンバッカーも差の無い4着。こちらは今後も個性的なマイル差し馬になりそう。
 スタート落馬のバスラットレオンは不運としか言いようがない。競馬にはままあること。その後のダービー出走表明には少し驚いたが。
 
 東京最終は◎★△。これも意外とついてくれた。先週は少し潤う。この調子で。

 北村友騎手のケガは思ったよりも重症であった。診断書には目をそむけたくなる記述が並ぶ。頭が無事だったのは少し安堵だが・・・。歩けるようになるまで時間がかかるとのとことで、さらに復帰となると1年以上を要するそうだ。とにかくまずは騎手以前の日常生活を取り戻せるように。

 今週末の予定。
 競馬予想TV出ます。来週のオークスまでは確定していて、5月はそこで終了です。
 ラジオ日本は土曜14時半から最終まで。
 YouTubeチャンネルは週末公開されます。 

|