本文へジャンプします。




« 先週後半のことと3日・土曜途中まで | トップページ | 7月10日・土曜の競馬 »

2021年7月 7日 (水)

7月3,4日の競馬

土曜競馬の続き。
 小倉3Rを大レコードで圧勝のエスコーラは遅れてきた大物か。中京で1月の新馬戦で4着に終わっていたが、これは不良馬場と仕上がり途上ということだったのだろう。休み明けの今回は1頭だけオープン馬がいるかのような走りで未勝利勝ち。サラキアの全弟、サリオスの半弟という良血、しかもこの血筋なら本来晩成型。おそらく2200mまでが良いと思うが、このまま順調にオープンまで上がっていってほしい。
4Rのダート1700mの未勝利戦を勝ったダノンバジリアの内容も良い。この時期、頓挫があった好素材の3歳馬が続々と未勝利戦を勝ち上がっていくのを見る楽しみ。

 福島6Rでは、現時点で3頭しか中央登録のないポアゾンブラック産駒がなんと新馬勝ち。それもイチネンエーグミというなんとも愛らしい馬名だ。
 ラジオ日本解説は10Rから。本命グレイテストの脚が上がってしまう。この馬場では厳しかったか。11Rは本命トキメキが、グレイテスト同様前に行って止まってしまった。最終レースの1着・ド人気薄のココラには手が出ない。

 個人的には函館と小倉のメインが買いたいレースだった。小倉は人気低めのソルトイブキでキタコレ!とざわついたが、ゴール少し前で頭を上げてしまい、苦しくなって5着。2着馬とは0秒1差だけに悔しい。
 そして函館は本命ショウナンアリアナは2着に頑張ってくれたが、勝ったメリーメーキングはさすがに買えなかった。

 終わり次第福島交通のバスで駅へ、そして優馬を買って新幹線。東京駅で馬サブローを買って夜8時過ぎに帰宅。東京の雨は止んでいたが、なんという湿度か!

 

 日曜、小倉7Rは先日もあった「極上の1勝クラス」。タガノディアーナvsストゥーティの実質2頭立て。タガノの切れは素晴らしかった。早くもう1つ勝って、ローズSで権利を取り秋華賞へ進んでほしい馬。

自分のこの日の馬券はひとことで言って「だだ洩れ」。それもツイッターで嘆いたように、競馬JAPANの爆弾穴馬で指名した小倉8Rのファンキーゴールド、CBC賞のファストフォースが共に勝ってくれたのに、1円にもならなかった。ラジオNIKKEI賞はシュヴァリエローズで自信があったのだが、好位から5着に終わる。芝丈の長いタフな馬場ではパワーが不足していたか。上位はみな500キロ級だった。

 穴馬が来ているのに取れてないのは一番まずい。小倉はともかくとして、福島や、函館の芝は水準よりかなり時計が掛かる馬場だった。方針もそうだが、買い方もかなり考え直さないと。

|