本文へジャンプします。




« 10月24日・日曜の競馬 | トップページ | 10月31日・日曜の競馬 »

2021年11月 3日 (水)

10月30日・土曜の競馬

先週末に公開したYouTubeチャンネルは、おかげさまで16万回の視聴を頂戴した。ご出演を快諾してくださった天栄の木實谷場長のお力あればこそだが、実はカメラが回る前に1つエピソードがあった。
私は場長とは初対面なのでご挨拶を述べたのだが、場長は「水上さん、初めましてではないですよ~」とおっしゃってきたので狼狽。どこで会ったかと尋ねると「グリーンチャンネルの〇〇という番組で・・」とのことだったが、私はもう15年以上出ていないので「場長それは人違いですよ」と笑い合うという一幕があったのだ。どうも信じていらっしゃらない様子だったが、そのおかげでカメラが回りだしたところからお互いにかなり和らいだ雰囲気になっていたのである。
ところで場長が誰とお間違えになったのかは聞きそびれてしまったが(もしかしたら私の記憶違いと信じておられる可能性も)、今となってはそれが一番気になる・・・。

 秋の東京も、はや前半戦が終了となる週。土曜は曇りベースながら、東京競馬場からは富士山を望むことができた。この日から入場人員を大幅に増やしたこともあり、かなり活気が戻っている。馬そばは長い列。入場人員を増やしても営業店舗は増えておらず。ファストフードコートやフジビューの麺類コートも半数以上はシャッターが下りたまま。その分、営業店には人が集中してしまっている。ここは改良してほしい。却って密を生んでいる。
そしてフリーの仕事をしている人たちの入場制限が継続されていることは疑問。仕事なのだし、取材対象から距離を取っているカメラマンにも適用されていることは特におかしい。

 東京の芝はBコース替わりでどうなるかと思ったが、時計の出方は開幕週より少し掛かる程度に戻したものの、特に前が有利とか内が有利ということはなく、また好走している馬のタイプはどちらかというとパワータイプ。

 ラジオ日本は7Rから担当。ここは◎〇▲で誰でも取れる堅いところを無難に。8Rは少し捻って◎ドゥラベルデとしたが、反応鈍く5着に終わる。9Rは△◎でなんとか。8番人気の★オーマオが3着粘れたと思ったのに・・・なんとも悔しいクビ差4着。

 このあとはお台場へ。10R以降はラジオで聞いて、局に着いてから映像確認。紅葉Sは◎アオイクレアトールから安いながらもなんとか。アルテミスSは◎シンシアウィッシュが完敗の4着。サークルオブライフの荒削りな強さが前走に続いて発揮された。思っていたより強い。フォラブリューテは逆の意味で思っていたより外見も内面も線が細いようだ。
 スワンSはそろそろ下降線かと思っていたベテラン?牝馬の2頭がワンツー。ダノンファンタジーはマイルCSに行かず阪神カップへ直行すればまた勝てそうな気が。サウンドキアラの復活には驚いた。ルークズネストは直線狭くなって満足に追えなかった。

 先週ブラジルCで助けられた資金がこの日は目減り。明日に挽回が懸かるプレッシャー。競馬予想TV内で買った馬券次第だろう。お台場から帰宅後チェックした天気予報は、朝よりも日曜の空が悪化しそうな感じに・・・。

|