本文へジャンプします。




« 11月13日・土曜の競馬他 | トップページ | 11月20日・土曜の競馬 »

2021年11月17日 (水)

11月14日・日曜の競馬

京王杯2歳Sの覇者キングエルメスが故障、そして先週京都JSを勝ったケンホファヴァルトも故障と残念なニュースが続く。その一方でディープボンドとアカイイトが有馬記念出走決定。そしてステイフーリッシュが香港ヴァーズへ、レイパパレも当初の予定通り香港へ。マイルは違うと思っていたので、カップは正解だと思う。スプリントのレシステンシアとカップのレイパパレにはスミヨン騎乗が発表された。

 さて日曜の競馬。福島5Rの障害戦では、くも膜下出血で休養していた高田騎手が復帰戦で勝利、ガッツポーズが決まった。イベントで2度ご一緒させてもらっているので、なおのこと喜ばしい。そして10Rでは松岡騎手が復帰後初勝利。こちらも1度トークショーに出て頂いた。その時は北村宏司騎手も一緒だったなあ・・・。今週こそは北村騎手の復帰後初勝利を。

 この日は銀嶺SとユートピアSをがっちりで調子よく、また福島記念も◎ヒュミドールが2着に来てくれて流れよくGⅠを迎える。オーロCはお手上げだったが・・・。
阪神芝はやはりパワーシフト。力が抜けていた黄菊賞のジャスティンパレスは別にして、支持を集めたディープ産駒が苦戦している。これなら女王杯の見立てもまずはクリアとひと安心。

 その女王杯については、もう繰り返す必要はない。ただ★アカイイトがあんなに強い勝ち方をするとは思わなかった。◎ステラリアが直線入る所で不利を食らったので絶望しかけたが、外から巻き返して伸びてくる姿が目に入ったら、あとはもう自宅に居るのをいいことに、松山騎手の名を連呼連呼連呼。なんとかクビ差届いての2着、こちらとしては運が良かった。たまにはこういうこともないと。メッセージをツイッターやメールで下さった方々には、改めてこの場で失礼ながらお礼申し上げる次第。

 さてウインマリリン。今回は事前に調教師も騎手も脚部不安を公言していたので、惨敗してもそれほど糾弾するようなコメントは、私の見る限りファンから出ていない。まさに馬券は自己責任で、不安があることを事前に出してくれれば、あとはこちらで考えるというのが正しいあり方なのだ。これを責めると、なおさら関係者は口が重くなってしまう。(ただ、これをハッキリ伝えていない媒体もあった。)

 もっとも、対ファンはそれでいいにしても、馬のことを考えると、果たして最良の選択だったのかの疑念はどうしても残る。この件がそうだとは言わないが(誤解しないでいただきたい)、一般論として、レース選択における調教師の権限が昔ほど強くないのは確かだ。現場が使いたくないともし思っても、一存で決められないこともあると聞く。
今回の出走について間違いなく言えるのは、レース中に大ごとに至らなくて良かったということ、これに尽きる。
 動物愛護云々の声がこのところまた高まってきていて、競馬に対する風当たりも強いようだが、現役生活時しか関われないファンやマスコミにとっては、少なくともその期間はケガなく、病気もなく順調に過ごしていってくれるのを願うのみだ。もちろんそんな例は極めて少ないのだけど。

 さて告知ですが。
◆月刊競馬の天才は現在発売中です。
◆ラジオ日本は14時半から終了まで担当します。
◆YouTubeチャンネルは金曜夜の更新になると思います。
◆競馬予想TV、私の次回は27日になります。

 

 

 

|