本文へジャンプします。




« 1月30日・日曜の競馬 | トップページ | 久々に雑記 »

2022年2月 8日 (火)

2月5日・6日の競馬

今年の冬はとにかく寒い。陽射しは届いていても、寒い。ときおり、青空に混じって鉛色のちぎれ雲が飛んでくる日がほとんど。北の雪雲の切れ端か。
 5日の土曜、東京競馬場の寒さは、午後に入って強まった。午前10時、11時あたりの方が全然凌げた。
 ラジオ日本の担当は13時すぎから。だいたい2時間、屋外の実況席の気温は下がる一方で、2時過ぎにはなんと5.4℃。

 PОGで持っていたマイネルメサイアが、出番前の5Rに登場。2番手から粘り強いレースをしたが、やはり東京だと切れ負けしてしまう。ダノンギャラクシーが強かったといえばそれまでだが、こういうタイプはどんな馬とやっても2着のムードが・・・。

 7Rは◎△で馬連3680円、幸先良いスタート。だが波乱を見込んだ8Rはかすりもせず、9Rはウエストファリアが連対できずでハズレが続く。
 実はこの頃、京王線が人身事故で止まっており、さらに南武線が火災のあおりで止まるという事態になっていて、私の後の時間帯を担当する長谷川仁志さんが溝の口で立ち往生。10Rパドック明けに間に合いそうもないということで、メインの展望コーナーのあと、急遽10Rの展望まで受け持つことになった。長谷川さんがちょうど私の話終わりで到着。そして映像に目をやれば、小倉は雪でレースが見えないほど。なにやら風雲急を告げる土曜午後となった。

 終わってお台場へ移動、ラジオで東京メインの早春Sの結果をチェックしつつ。◎ハーツイストワール快勝で的中、解説としてはひと息つけた。

 競馬予想TVは関西在住予想家のリモート再開で、控室も閑散。席は、おそらく初めて画面に向かい左側に座ることになった。カメラ位置に少し戸惑う。

 日曜はただ家でレース映像見ながら馬券買ってただけなので特筆すべきことはなし。東京9Rは予想TVで狙い目としたグランシエロ、差せるかと思ったが。スローで捕まえきれずの3着。複勝でまさに行ってこい。
 東京新聞杯は、予想通り◎イルーシヴパンサーが強かったしよく切れた。次は相手の更なる強化に加え、このレースだからこその好走背景もあったので、それが無い舞台でどう戦うか。2着ファインルージュは3着までで止めてほしかった。前売りではイルーシヴが1番人気に迫る2番人気に支持されていて、ファインルージュへ行っても全く付かなかったので、だからこそファインを3着に決め打ったが、最終的にイルーシヴが4番人気まで下がるとは・・。自信あるなら、前売り無視して単勝くらいは買っておかないと。

 きさらぎ賞も、雪予報で開催有無もそうだが、何より馬場がどうなるか読めず資金は抑えたが、まあ予想通りにマテンロウボスとダンテスヴューの一騎打ちとなった。全く無視したストロングウィルが1番人気になっており、自分の目が曇ったかととても不安になったが、この一騎打ちにはひと安心。

 中京12Rはカーフライタークが買えず失敗も、東京12Rが△◎〇。思ったよりいろいろついてくれて助かった。終わってみればまずまずの週に。ただ今週末は東京の天気が微妙、そして西は阪神に替わり、いろいろ白紙に戻して考える必要がありそうだ。

|